テーラーメイド

テーラーメイド『2019年モデル/TP5&TP5X』試打評価レビュー|今最も勢いのあるツアー系ボールの実力を徹底検証

テーラーメイドTp5&TP5X試打レビュー

どうもまさです

このページでは、テーラーメイドの2019年モデルのボールである『TP5』と『TP5X』の試打を行い、評価レビューをしています。是非ボール選びの参考にしてみてください

テーラーメイドTP5とTP5Xは、現在世界ランク1位(2019年3月16日現在)のダスティン・ジョンソンや、2019年に入ってからテーラーメイドとボール契約を結んだリッキファウラーが使用しているボールということで、発売前から非常に注目度の高いモデルとなっています

ここ最近のテーラーメイドのボールは本当に飛距離性能に優れており、なおかつスピンも良くかかるので人気が爆発しています

ちなみに結論から言っておくと想像以上に完成されたボールで今シーズンのエース球になりそうな程の感触でした

テーラーメイド 2019 TP5&TP5Xの概要

  TP5 TP5X
構造 5層構造
初速 速い
弾道 中/高弾道 高弾道
打感 よりソフト ソフト
アイアンスピン 普通 少なめ
ウェッジスピン かなり多い 多い

テーラメイドの最先端テクノロジーを詰め込んだ最高のツアーボールTP5&TP5X

5層構造によって、ティーショットからグリーンまで最高のパフォーマンスを発揮できるのが特徴。スピン性能をアップしているのに、ドライバーでの初速アップを実現した高性能ツアーボールです

最大限のキャリーを実現するソフトコンプレッションの「トライファストコア」に加えて、ソフトな打感ながら耐久性に優れる「ソフトキャストウレタンカバー」を採用しています

  • 高弾性素材を採用し反発力アップ
  • ソフトコンプレッションコアによる高弾道・低スピン
  • グリーン周りでの強力なスピンを実現するソフトキャストウレタンカバー
HFM=HIGH FLEX MODUKUS

2019年モデルのTP5シリーズの最大の特徴は5層構造のうちの4層目に「HFM=HIGH FLEX MODULUS」という素材を使用している点です

HFMとは従来よりも30%高弾性の素材でバネのような働きをすることで反発力を生み出し、初速を向上させる効果があります
まさ
まさ
TP5シリーズ特有の非常にソフトなフィーリングを維持しながら、反発力を向上させるという進化を遂げています

TP5とTP5Xの特徴を解説している記事もアップしていますので、合わせてご覧ください

関連テーラーメイドTP5/TP5Xの2019年モデルが発表!発売は2019年2月15日

 

テーラーメイドTP5&TP5X試打レビュー

テーラーメイド2019TP5ボール画像

試打には、キャロウェイEPIC FLASHドライバー本間ゴルフTW737Vアイアンを使用しました

TP5&TP5Xの試打計測データを比較しながら性能を解説

ドライバーショットのデータ比較

Tp5&TP5Xドライバー試打データ画像
  TP5X TP5
ヘッドスピード(m/s) 45.3 45.8
ボールスピード(m/s) 65.7 66.4
打ち出し角(°) 14.7 14.2
サイドスピン(rpm) 27左 55左
バックスピン(rpm) 1960 2437
キャリー(ヤード) 258 254
総距離(ヤード) 285 277

データを見ていただくと分かるとおり、2種類ともにキャリーで250ヤードをオーバーしてくるという結果になりました

まさ
まさ
キャリー250ヤードがぼくの基準。飛ぶか飛ばないかはここで判断しています
飛距離面ではTP5Xが優秀

両者共に飛距離性能は素晴らしく、非の打ち所がないと言った感じですが、飛距離面ではTP5Xの方がキャリーで4ヤード飛びました。これはスピン量の関係で、2000rpm前後でありながら高弾道でキャリーをしっかりと出していけました

打感はTP5の方がとてもソフト

実際に打ってみた際のフィーリングはTP5の方が圧倒的にソフトなフィーリングです。TP5Xが硬いというわけではないですが、打ち比べてみると一目瞭然の違いを体感できます

フェース面への接触時間を長く感じることができるので、コントロールもしやすく、操作性ではTP5に軍配が上がります

両者ともに方向安定性は素晴らしい出来

両者共に余分なサイドスピンがかからないので、安定感も素晴らしい

昨今発売されているドライバーは曲げて攻めるというよりはストレート弾道で直線的に打っていくという感じなので、現代のドライバーに非常にマッチしているボールという印象です

  • キャリーはTP5Xの方が出て、飛距離も出る
  • 操作性重視ならTP5
  • 両者共に曲がりにくく安定感抜群

 

アイアンショットのデータ比較(7番アイアンで試打)

TP5&TP5Xアイアン試打データ画像
  TP5X TP5
ヘッドスピード(m/s) 36.5 36.5
ボールスピード(m/s) 49.7 49.7
打ち出し角(°) 21.2 18.9
サイドスピン(rpm) 148左 336左
バックスピン(rpm) 5715 5896
キャリー(ヤード) 155 154
総距離(ヤード) 166 166

データ的にドライバーの時のような飛距離の差はほとんどありません

普段の7番アイアンの飛距離よりも飛んでいる

いつもは7番アイアンで総距離160ヤードを打っているぼくですが、TP5シリーズでは平均166ヤードという結果に。これはかなりの好感触で、ボールをチェンジする上でアイアンの飛距離アップは非常に魅力的な要素です

というのも飛距離は伸びているのですが、バックスピン量はあまり落ちていない(5000rpm後半)ので、簡単に言うと飛んで止まるということです

リッキーファウラーもテーラーメイドとの契約を発表した際に、アイアンの飛距離アップを挙げていましたが、まさにそのとおりの結果となりました。素晴らしいの一言です

やはり打感の面ではTP5の方が柔らかい

ドライバー同様にTP5の方がかなり感触的に柔らかいフィーリングとなっています。とはいえ打感に関しては好みも分かれる部分なので、どちらが優れているというわけではないですが、フェース面への接触時間を長く感じられるので操作性という観点で見ればTP5の方が良いかなと感じます

TP5Xの方が高弾道

TP5Xの方が打ち出し角で2°ほど高くなり、最大の高さでは4ヤードの違いがでました。この結果から見ると、昨今のストロングロフト化しているアイアンとのマッチングはかなり良さそうです

アイアンのロフトが立っているタイプを使っている方にはTP5Xがおすすめになってきますね

  • 飛距離アップしているが、バックスピンもかかっているので飛んで止まる
  • ソフトな打感を求めるなあTP5
  • 高弾道を求めるならTP5X

 

まとめ

TP5はこんな方におすすめ
  • 全てのクラブでソフトなフィーリンを求める方
  • アイアンでラインを出して攻めていきたい方
  • 操作性を重視する方

 

TP5Xはこんな方におすすめ
  • ドライバーショット時の飛距離を重視する方
  • アイアンでは高弾道で攻めていきたい方
  • 直進性を重視する方

 

総合評価:

総合的にみて完成度の高いボールで、飛んで止まるを見事に具現化していると言えます

ツアー系ボール市場で現在もっとも勢いのあるテーラーメイドですが、トッププロの使用率が急上昇しているのも納得できる性能で、文句なしの満点評価です

まさ
まさ
今シーズン序盤はTP5シリーズでいこうと思います!

以上、テーラーメイド『2019年モデル/TP5&TP5X』試打評価レビュー|今最も勢いのあるツアー系ボールの実力を徹底検証。という話題でした

人気【2019年版】プロも納得のスピン系ツアーゴルフボールおすすめ人気ランキング|抜群の飛距離とスピン性能