MENU
シャフト試打評価

フジクラ VENTUS ブルー試打評価レビュー|ハードヒッター向けだけど、プロが使うのも納得できる強弾道でコントロール性に優れたシャフト

フジクラ VENTUSブルー試打評価

この記事は「フジクラ VENTUSブルーシャフトの試打評価レビュー」です

USフジクラのVENTUSシャフトを購入して手元に届いたので、早速試打を行いました

以前「フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説」という記事でも紹介したようにVENTUSには3種類のモデルがあるのですが、今回ぼくが購入したのは中調子のブルー

ダスティンジョンソンやジョーダンスピースなどPGAツアーのトッププロもこぞって使用しているモデルで、種類的にはハードヒッター向けという印象がありますが、実際のところはどういったフィーリングと結果になるのか気になる方も多いはず

そこでこのページでは、高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもとに、フジクラ VENTUSブルーの性能やフィーリングについて正直に試打評価レビューしていきます

まさ
まさ
それでは早速、VENTUSブルーの試打計測データから見ていきましょう

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

フジクラ VENTUSブルーシャフト試打評価

試打クラブのスペック

VENTUSブルー試打クラブ
試打クラブのスペック
ヘッドキャロウェイ EPIC FLASH
ロフト9.5°
シャフトVENTUSブルー 6
フレックスS
バランスD1.5
長さ45.0インチ
総重量314.0g

試打計測データからみるVENTUSブルーの性能やフィーリング

VENTUSブルー試打計測データ
ヘッドスピード45.7m/s
ボールスピード66.2m/s
サイドスピン26左
バックスピン2230rpm
打ち出し角16.8°
最高到達点41yd
キャリー260yd
総距離283yd
4球打ってみての平均値のデータです。使用球はSRIXON Z-STAR XV 2019年モデル

試打結果から見てみると非常に優秀な計測結果となりました

まずキャリーですが、当ブログでの基準値としている250ydを余裕でクリアするという結果となりました。純正シャフトを装着した時よりもバックスピン量を抑えることができた点が要因となり、飛距離アップに貢献しているのがわかります

バックスピン量を抑えることができたのは、シャフト先端側の剛性が高いという点があげられます

ワッグルしてみただけでもわかりますが、中調子という表記ながら中間からやや手元よりにしなりのポイントがあるのがわかるのですが、先端の剛性が非常に高いのでスイング中の挙動としてはほとんど無駄が動きがありません

こういった先端剛性の高いモデルの特徴として、フェース上部へヒットしやすいという事もあり、ギア効果によってスピン量を抑えることができていますが、フェース上部にヒットしていることもあり、打ち出し角も高く高弾道低スピンの理想的な打球となっています

メーカーの謳い文句では中弾道低スピンとなっていましたが、比較的打球は上がりやすい部類に入りますね

また、サイドスピン量もかなり抑えることができているので、方向性的にもグッドです。特にフック回転の抑制には効果を発揮してくれるので、ドロー系のフッカーとの相性はかなり良いでしょう

最後にミスヒット時のヘッドが暴れる度合いが少ないのも印象的で飛距離ロスもある程度は抑えてくれそうな気がしますが、このあたりはヘッドとの兼ね合いもありそうなところ

まさ
まさ
強弾道でサイドスピンを抑える力は相当なもの、ドロー回転を抑えて方向性を安定させたいならかなりおすすめできるモデルです

 

VENTUSブルーシャフトのデザイン

VENTUSブルーシャフトのデザイン

VENTUSブルーは濃いネイビーカラーでシンプルなデザイン

シャフトに関しては欧米では比較的シンプルなデザインが好まれる傾向にあるという話を聞いたことがありますが、そういったところも考慮されているのか、フジクラの代表シャフトであるスピーダーと比べると非常にスッキリしたデザインです

手元寄りにシマシマ模様が入っているのですが、近くでみると白いラインの中に格子状の模様がさりげなく入っているのがわかります

派手なデザインじゃないのですが、パッと見てVENTUSとわかるデザインで、個人的にはカッコいいなと感じます

まさ
まさ
派手派手なシャフトよりも玄人感が出て渋い

 

VENTUSブルーの注意したいポイント

USフジクラのモデルで、米国や欧州のマーケットをメインに展開されているシャフトということもあってシャフトの硬さ的には、日本国内の60g台のSよりはワンフレックス程度上の硬さを感じるのが正直なところ

フレックスの選択には最新の注意が必要ですが、よほどヘッドスピードに自信が無い限りはワンフレックスぐらい硬さを柔らかいものにしてみるのも良いかなと思います

ぼくはヘッドスピードが45m/sから46m/s程度ですが、切り返し時のタメも強いので6Sでちょうど良い感じです

ヘッドスピードやスイングのタイプにもよりますが、参考にしてみてください

まさ
まさ
普段60g台のSを使っている方ならSRでも十分満足できるフィーリングとなるでしょう

 

フジクラ VENTUSブルーの総合評価:まとめ

こんな方におすすめ

  • バックスピン量を抑えて飛距離アップ又は飛距離ロスを無くしたい方
  • 左へのミスを軽減したい方
  • シャフトが余計な動きをしないモデルが好みの方

総合評価:

VENTUSブルーの試打評価でした

総合的にみてもハードヒッター向けのモデルなので、硬めのシャフトが使えるヘッドスピードと、スイングでしなりを出せる力が必要になってきます

ただし、その力があればバックスピンの抑制やサイドスピンを安定させることができるので飛距離も方向性も各段に向上させることができるシャフトです

個人的にはかなりの好結果で、フィーリングもかなり良い感じだったのでしばらくコイツでラウンドを共にしてみようと思います

以上、フジクラ VENTUS ブルー試打評価レビュー|ハードヒッター向けだけど、プロが使うのも納得できる強弾道でコントロール性に優れたシャフト。という話題でした

VENTUSシャフトはUSモデルなので専門ショップでの購入がおすすめ

VENTUSは現在日本モデルの展開が無くてUSモデルのみが市販化されています

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品のみしか取り扱っていないので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

【2019年版】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】2019年版のドライバー用カスタムシャフトおすすめ人気ランキングです(最終更新日:2019年11月3日) どうもまさ(@masa_go...
フジクラVENTUSシャフト
フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説 今や世界中に使用者がいるフジクラのシャフトですが、2018年10月に開催されたPGAツアーの開幕戦「セーフウェイオープン」で新ブラン...

 




関連記事