試打&評価

【試打評価】アナライズ MSウェッジ|アプローチをオートマ化できる簡単クラブ【口コミ・評判】

【試打評価】アナライズ MSウェッジ7

マーク金井氏が設計開発そして販売まで行っているアナライズから、今回はMSウェッジというお助け系クラブを購入しました

購入してから1ヶ月ほど経ち、ラウンドでも試していますが、これがかなり良いので紹介しておきたい。正直グリーンサイドでは強力な武器になっていて、手放せないクラブになっていますが、メリットとデメリットの両方があるので参考にして頂ければ幸いです

色々と試したきたなかでも特に簡単なウェッジです

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

アナライズMSウェッジとは

ソールが幅広、そして深いキャビティ。ボディは軟鉄鍛造でバックフェース部はCNCミルド加工がされています。アナライズ公式サイトではこのバックフェース部分だけで120gもおとしているらしい

 

なんと言ってもこの台形形状が特徴的です。言ってみればチッパータイプのクラブなのですが、源流はクリーブランドが過去に発売していたニブリックというウェッジ

ミスに強くて簡単に打てると評判だったクラブですが、さらに洗練させたものがこのMSウェッジです

チッパーに分類できるとは思いますが、ウェッジ寄りのクラブかなと思っています。もちろんルール適合

 

横から見るとこんな感じになっています。ワイドソールにハイバウンス。見るからにダフリに強そうな形状です

ロフトバリーエーションは52°、56°、60°とありますが、個人的には52°がおすすめ

 

クラブがソールの使い方を教えてくれる

ここまで見てもらったらわかるとおり、カタチはかなりへんてこです。正直言ってとても変な形状のクラブなのですが、このウェッジを使うことで、アプローチでクラブのソールをいかにして使えば良いのかを体感することができます。個人的にはMSウェッジを使うメリットはここだろうと考えています

クリーンに捉えたいがために、ダフリやトップを繰り返してしまう方には是非とも試してもらいたいのですが、ボールの手前側にヘッドを落としてもらうと、ソールが自動的に滑って簡単に拾ってくれます

下記ツイートの動画をみてもらいたいのですが

これはボールの手前5cmぐらいにヘッドを落として払うようなイメージで打っています。結果、入射角が緩やかになりボールを点ではなくゾーンで捉えることができます。ソールが滑っていく感覚もありますが、バウンスをうまく使えると地面には刺さらず、地面にあたってもヘッドがボールにしっかりと届いてくれます

アプローチでダフりが出るメカニズムはウェッジの歯、つまりリーディンエッジが地面に刺さってしまうわけです。ところが、手前から滑らせるイメージだとバウンスが先に地面に触れますし、MSウェッジは幅広ソール+ハイバウンスなので、手前から思い切って落としにいってもダフりません。結果、ダフりは出ないし、ダフりを嫌がってのトップも極限まで減らすことができます

これでソールをいかに使えば良いのかを体感できるので、通常のウェッジでも入射角が改善されていきます。お助けクラブではありますが、アプローチが苦手な人のリハビリクラブとしても有用です

薄芝でも問題なく打てます。なんならバンカーもこれで出せます

 

アナライズ MSウェッジは意外にもスピン性能が高い

この形状でスピンはどうやねん!という声が聞こえてきそうですが、スピン性能も優秀です

「え!?こんなに止まるの?」というほど、しっかりとスピンがかかりました。通常の単品ウェッジと比べても遜色がありません

飛びすぎてしまった場合でもスピンが入ってくれるので止まってくれますし、形状からは想像できないのが意外なポイントです

あと、MSウェッジは素材が軟鉄なので打感もまずまず良いです。キャビティ部分が深めなので、その点では若干の弾き感は感じますが、この形状を考えると良くできています

問題の距離感ですが、通常のウェッジとほぼ一緒なので違和感なく使うことができます。チッパー系クラブに分類できますが、この手のクラブの距離感に悩んでしまう方も問題なく移行できるかと思います

 

MSウェッジのデメリット

オートマチックに打つことができるMSウェッジですが、デメリットももちろんあります。現在感じているのは大きく2つ

フルショットは打ちづらい

MSウェッジは非常に簡単に打てますし、弱点は見た目ぐらいだろうと思っていました。ところがフルスイングでのショットは打ちづらいというデメリットも発見

要因はこの台形形状とライ角がアップライトすぎるためだと考えています

形状的にチッパーとウェッジの中間みたいな雰囲気ですから、フルスイングしようと思うとテークバックがしづらいです。これは単純に見た目がモロに影響しています

あとはライ角。今回購入したものはリニューアル版なので68°なのでパターに近いです

つまりフルショットだとひっかけやすくて方向が出しづらいくなります。何度が試しましたが、どうも打ちづらいです

とはいえウェッジなのでフルスイングをすること自体がナンセンスなのかもですけども

というわけですが、ハーフスイングぐらいだと違和感はほとんど感じないので、現実的に使えるのはこれぐらいかなと思っている所です

ちなみに52°のハーフスイングで50〜60ヤードぐらい打てています。スピンもちゃんとかかります

フェースを開いて打つことはできない

フェースを開いて使うことは厳しいです。スクエアに構えてそのまま打つということを前提に作られているだろうから無理もありませんけど、テクニックをいかしたい方には不向きです

まあ出来なくもないですが、逆に難しくなってしまうのでそういう使い方はあんまりおすすめしないかなと思っています

 

アナライズ MSウェッジの総合評価

想像以上にめちゃくちゃ良いクラブです。マーク金井氏が設計する穴ライスのクラブはR25ランニングウェッジに続いて2本目のレビューとなりますが、実戦で打ちやすいというのが特徴であり最大の強みです

特別な練習を必要とせずに簡単にボールを拾えるようになるので、ぼくも含めアマチュアゴルファーには強力なお助けクラブです

形状こそ違和感はありますが、すぐに慣れます。むしろ簡単にアプローチができることのほうが魅力的に感じるので、この形状でないと困るぐらいにさえ思えます

アプローチに悩んでいるけど、チッパーは距離感がどうも掴めない!と感じている方には最適。おすすめです

価格は2万円前後。単品ウェッジとしては普通の価格です

ちなみにですが、リンクスから発売されていたSSウェッジも同一形状です(ステンレス素材なので打感はMSウェッジの方が良いです)。現在は中古市場で割安で購入できるので、価格を重視するならSSウェッジもおすすめです

おすすめ度:

合わせて読みたい
関連ウェッジおすすめ人気ランキング|スピン重視や優しさ重視など、目的別に厳選紹介【口コミ&評価】

関連【試打評価】アナライズR25ランニングウェッジ|世界一やさしいチッパーのルール適合版

関連【試打評価】リンクス ステップオーバー25パターチッパー|異次元の優しさ。ただしルール不適合(泣)

関連ARTISAN(アーティザン)ウェッジを購入。猛烈なスピン性能で久々に楽しみなウェッジを買えた

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
【試打評価】コブラLTDx MAXドライバー11 試打&評価

【試打評価】コブラLTDx MAXドライバー|飛びはそれなり。だけど曲がらない安定タイプであった【口コミ・評判】

2022年3月25日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
コブラ「LTDx MAXドライバー」の試打計測を行いました(GCクアッドを使用) 2016年に発売されたLTDの後継モデルにあたるコブラの …
【試打評価】キャロウェイ ローグst maxフェアウェイウッド9 試打&評価

【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXフェアウェイウッド|高い安定性と飛びを兼ね備えた名作【口コミ・評判】

2022年2月26日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
今回はキャロウェイ「ローグST MAXフェアウェイウッド」の試打計測を行いました(GCクアッドを使用) ローグSTのドライバーシリーズ同様 …