MENU
アイアン

アイアンのライ角の重要性

アイアンのライ角をいじってみました。

なんだかこの前のラウンドでひっかかるというか先っぽに当たってしまって

おかしいなーとは思っていたんです。

ちなみに今は本間のツアーワールドTW727Vを使っています。

それで色々調べてみたらライ角がフラットすぎるんじゃないかということに行き着いたんですね。

ひっかかるからフラットにしてアイアンを作っていたんですけど、実際はフラットすぎてひっかかってしまうケースもあるとのことで、フェースのトゥ側に当たっている時はこれを疑ったほうがイイみたいです。

さっそくライ角をカタログ値よりもアップライトに調整して打ってみました。

なんだか当たりも分厚くなって抜けもいい感じになりました。

意外と左に行く感じもなくてまっすぐ飛んでくれました。

これは目から鱗でした、まあダメでもすぐに戻せますからね

軟鉄製のアイアンを使っている方はライ角を気にしてみてもいいかもしれないですね。

ではでは