MENU
ドライバー試打評価

本間ゴルフTW737 450 ドライバーの試打インプレッション

どうもまさです。

今日は本間ゴルフのツアーワールド最新モデル「TW737」の試打インプレッションです。

これから試打してみようかと思っている方の参考になれば幸いです。

TW737シリーズは4種類のヘッドから構成されていまして、その中でも最もオーソドックスなヘッド形状の「450」を試打してみました。

シャフトはVIZARDシャフトの中でも一番癖がなくて万人にフィットする「EX-C」65Sです。これが一番ヘッドの特性をつかみやすいのでこれでいきたいと思います。

ヘッド体積は450ccで形状もオーソドックス、重心位置も中重心設計とのことです。

まずは9.5度のヘッドで試打してみました。

ヘッド形状が凄く綺麗ですんなり構える事ができて、フェースアングルもストレートです。

打ってみると凄く気持ちのいい打球音でした、高すぎず低すぎない音で上級者も満足できるような音だと思います。

前作の727 455は甲高い打球音で低評価だったこともあってメーカー側も相当改良を加えているのでしょうか。鍛流カップフェースという新フェースを採用していてめちゃくちゃいい音ですわ!

メーカーが謳っている通りボールがフェースに乗る感じ、吸い付く感じが味わえました。

弾道は中弾道で伸びのあるボールが打てますし、重心位置が浅すぎないので適度にスピンが入ってコントロールもできる感じです。あまり低スピンになるとコントロールしにくくなりますからね。

大体2000前半から多くても2500ぐらいの理想的な数字が出ていました。

ドローヒッターもフェードヒッター、どちらのタイプの方でもマッチするバランスのとれたヘッドです。

続いて10.5度です。

こちらも同じシャフトで試してみましたが、ロフトが多い分打球も当然高くなりました。

しかし、スピン量も安定していて吹き上がる感じはありませんでしたね。

ロフトが多くても捕まりすぎる事がないので9.5度ではボールが上がりづらいドローヒッターの方にピッタリのドライバーと感じました。

2015年シーズン賞金女王のイボミプロが使用しているクラブで酒田工場で試打をして3発打っただけで使用を決めたという逸話もあるドライバーです。飛距離、方向性、顔、打球音、全てが高次元でまとまったクラブです。




関連記事