MENU
ドライバー試打評価

岩田寛プロ絶賛!TW737 455ドライバーの試打インプレッション

どうもまさです。

今日の試打インプレッションは本間ゴルフ「TW737 455」ドライバーでございます。

このヘッドは道具には一切妥協せず、納得しないクラブはたとえ契約メーカーであっても使用しない岩田寛プロが最高だと唸ったドライバーです。

737シリーズのドライバーの中では唯一、ソールのウェイトビスが後方(お尻側)
に配置されておりますな。

ヘッド形状もやや面長形で、重心位置が深くて低いタイプ。

フェースアングルもほぼストレートで構えやすい、前作の同じようなタイプで455sというのがありましたがそれはかなりオープンフェースになっていたのでだいぶ改良されております。

では試打の方で使用するシャフトは本間ゴルフオリジナルシャフトVIZARD「EX-C」中調子で癖のないこちらで試してみたいと思います。

では、9.5度を試打してみましたので行ってみましょう。

打感がめちゃくちゃ良い!
いわゆるフェースに吸いつく感じの打感!
めちゃくちゃソフトフィーリングです。

音も甲高くなくて低音だけども心地良い弾き感も備わっていますね。

弾道はというと非常に安定感があって程よく捕まります。
中弾道よりやや高いぐらいで伸びのあるボールが打てました。

捕まるけど捕まりすぎない!絶妙なバランスがやはりプロが使う理由でしょう。

打ってて本当に音も打感も良くてついつい打ちすぎてしまいました。

個人的にもTW737シリーズの中で一番完成度が高いように思いましたね。

安定感を求めるゴルファーでなおかつ打感や音にもこだわる方はTW737 455で間違いないでしょう!




関連記事