ゴルフスイング

ドライバーの飛距離アップに効果的な練習とは?

どうもまさですを

飛距離が再び出始めて機嫌が良いので最近は自宅で素振り練習を行ってます。

ドライバーの飛距離アップに欠かせない練習といえば素振りです。

素振りでゴルフが上達するならこんなに都合の良いことはない。素振りはお金もかからない上にスイング作りには欠かせない練習法なので是非とりいれて欲しいと思います。

ただし適当に振って、数をこなせばいいと言うわけではありません。ちゃんと目的を合った素振りを続けて行うことが大切となってきます。


素振りにも様々な方法があります。素振りにもいろいろあり、目的別に効果的な方法を知っておきたい。実際にクラブを振る、重いものを振る、柔らかいものを振るなど。

ダラダラとやみくもにスイングするのではなく目的をしっかり持っていないと飽きてきます。これでは名が続きしません。

なかでも僕が普段から取り入れている素振りでおすすめしたいのが、ヘッドスピードを上げるための素振りです。

クラブをとにかくスイングを早くする為の素振りです。これはとにかう軽いものを速く振るという練習で一番簡単に行う方法は、ドライバーのヘッド部分を握って振る事で可能です。とてもお手軽ですぐにでも実践できますよね。

とにかく野球のバットなんかの重いものを振って筋力アップという考えもあるけれど、筋力アップならジムなどで行う他の手法の方が良いと思いますし、重い物を振りすぎると腱鞘炎などを発症するリスクもあります。
ヘッドスピードがアップするとボールスピードも当然上がりますので飛距離アップが期待できます。

あと実際に僕が取り入れている素振りは超柔らかシャフトを使用しての素振りです。
用意するのは練習用のグニャングニャンのシャフトの器具です。

柔らかいものを振ったあとで実際のクラブを振ると、大変しなりを感じやすくなる。でも、しなりを感じるというのが目的ではなくて、ヘッドを感じることが目的であることを忘れずに。

もちろん続けて実際のクラブも振る。これらはいずれも交互に実行して感覚を感じ得ながらやることが大切だと私は思う。

とにかく素振り以外でも練習は継続が大事なので根気よく行っていきましょう

ではまたー

関連記事