MENU
プロのクラブセッティング

イボミのクラブセッティングとは?グリップからバランスまで一挙紹介!

どうもまさです。

今回は「イボミプロ」のクラブセッティングについてご紹介していこうと思います。
今の女子プロ内でもダントツ人気なのは間違いない選手ですが、2017シーズンは思うような成績がまだ残せていないなーという印象でしたがCat ladiesでついに優勝できましたね。

清水キャディがイボミプロをしっかりサポートしてそれに応える形で結果を残してくれました。

シーズンも終盤戦ですが、ここからの巻き返しに期待しましょう。

それではクラブセッティングについて紹介していきます。

【2017】イボミプロのクラブセッティング
ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 PROTO 10.5° VIZARD YA55 R 45.5インチ D-0

フェアウェイウッド:本間ゴルフTW737FWc 3番(15°)、5番(18°) VIZARD YA55 R(特注ピンクシャフト) D-0 3番(42.75インチ)5番(42.0インチ)

ユーティリティ:本間ゴルフ TW717UT 22°,25° VIZARD UT650 D-0 22°(38.75インチ)25°(38.25インチ)

アイアン:本間ゴルフ TW737V 6番~10番 VIZARD I75 R D-1 6番(37.5インチ)

ウェッジ:TW-W3 46° NSPRO850 R D-0 35.5インチ
ウェッジ タイトリスト ボーケイSM6 Sグラインド 51° 57° NSPRO850 R

パター:オデッセイ WHITE RIZE iX #1

グリップはウッド系がゴルフプライド社のツアーベルベットラバーL 58ピンク(バックライン有り)
アイアンはBERESラバーM62(バックライン有り)これは本間ゴルフのブランド「BERES」シリーズに装着されているツアーベルベットラバーです。ほかの物よりバックラインが強調されているらしくそれがグリップしやすいという事でチョイスしているのだと思います。

どうでしょうか。気になる点をいくつかお話していきましょう。

まずはドライバー、最新モデルTW737が発売されていますがイボミプロは未だに前作TW727を使用しているようです。どうやらこれはPROTOタイプでTW737 450の原型にあたるモデルで中身は727とは全く違うモデルという事です。イボミが使っているからという事で安くなっている727に飛びつくのはイイですが、はっきりいって全然違いますのでご注意下さい。

恐らくデザインが変わるとフィーリングが変わってしまう為、引き続き使用しているのでしょう。

フェアウェイウッドは最新の737シリーズですが、2種類あるヘッドのコンパクトモデルを採用しています。
シャフトは特注のピンクシャフトですが、カスタムオーダーで一般発売もされています(追加料金5000円)

ユーティリティはツアーワールドの初代TW717UTですが、727からヘッドサイズが極端に大きくなっていたので完全に好みの問題だと思います。

アイアンは、昨シーズンよりも10グラム軽いシャフトを装着していますが、軽くしただけではなく、シャフト先端が走ってくれるタイプにチェンジしていますね。シャフトでボールを上げようとしているのでしょうか。

今年のイボミプロはスイングについて悩みがでてきているようですが、シーズンもこれからなので巻き返しに期待していきましょう!

では、クラブの変更があれば随時更新していきたいと思います。

以上、イボミのクラブセッティングとは?グリップからバランスまで一挙紹介!という話題でした。




関連記事