ゴルフスイング

今時の大型ヘッドドライバーの飛ばしの極意とは。体重移動は不要?

どうもまさです。
最近の460ccクラスの最新モデルのドライバーを買ってみたもののうまく打てなくて困っている方も多い事かと思います。
そもそもヘッドが大きくなってシャフトの長さも変わってきているので、小ぶりヘッドのドライバーでゴルフを初めてうまく打てない方は、別物のクラブと思ってスイングしなければいけないわけです。

今回は今時の大型ヘッドドライバーを使いこなす為のポイントをいくつかお話していこうと思います。

今時の大型ヘッドドライバーは体重移動がいらない

ヘッドが小ぶりのドライバーや、さらに昔のパーシモン時代は右から左に大きく体重を移動させてスイングをすることでシャフトをしならせてタメを作っていたと思います。

しかし今の大型ヘッドドライバーを同じように振っていくと右にすっぽ抜ける球やスライスが多くなります。
要するに昔のクラブのイメージでスイングすると振り遅れてしまうんです。

結論から言うと体重移動は不要になるという事です。

スタンスを狭くして右足の上で打つイメージを持つ

大きく体重移動を使うと振り遅れてしまうワケですから、今時クラブはその場でコマのように体を回転させるイメージを持つとスムーズにスイングする事ができます。
その場で腰や肩をターンさせて下さい。分かりやすくいうと右足の上でインパクトを迎えるイメージです。

そして体重移動を少なくするためにはスタンス幅も狭くする必要があります。
目安としては肩幅ぐらいです。それ以上のスタンス幅だと体がスライドしてしまって余計な体重移動を行ってしまう為です。

ボール位置は左足かかと線上よりもボール1個ぶん内側に入れることでより右足上でボールを捉えやすくなります。

テークバックの最初の30センチはフェースを絶対に開かない

テークバックではフェースは開かずにフェースをボールに向けて始動します。
特に最初の30センチが重要でここでフェースが開いてしまうとスライスやプッシュアウトの原因になってしまいます。
昔の教えではフェースを開いて閉じるということが言われていたと思います。実際に僕もそう教えられました。
しかし、シャフトが長くなってクラブの重心距離も長くなった今のクラブではインパクトでフェースが戻りきらずに右へのミスが出てしまいます。
フェースをかぶせ気味に使うことが正解ですので決してフェースは開かずにテークバックして下さい。

トップからの左への体重移動はいらない

トップまでクラブをあげたら腰をスライドさせずにその場でターンするだけでOKです。
通常のイメージだとトップの切り返しから左に体重を移動させて腰がスライドしていくイメージを持たれるかもしれませんが、その必要はありません。
腰をターンさせるだけで必要以上にタメを作るイメージも必要ありません
右足の上に頭がある状態を維持して左に向けるように回していきましょう。

軸は右足の内側

左サイドへの体重移動を抑えるためにその場で回転すると説明しましたが、そうなると必然的に回転の軸は右サイドにくる事がおわかり頂けると思います。
その際、右足でも内側に軸を感じてスイングしましょう。
これで右サイドでインパクトを迎えてボールをヒットできます。振り遅れはこれで確実に防止できますし右かかとの浮き上がりも抑える事ができインパクトの再現性が高まってきます。
そしてフィニッシュでようやく左足に体重が乗る事になります。
要するにインパクトまでは右足体重で捕らえるぐらいのイメージが必要になります。

どうだったでしょうか。今までの体重移動を大きく使ったスイングとは正反対と言ってもいいような感じですが、今時ドライバーでプッシュアウトやスライスが止まらない方は振り遅れが原因かもしれません・・・
一度練習で試してみてはいかがでしょうか。

ではまた

関連記事
ゴルフスイング

つま先上がりのライからボールをクリーンにヒットする極意

2017年7月2日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
一般的につま先上がりのライは左にいくと言われていますよね。 いわゆるセオリーです。フックを警戒しろと初心者の頃から先輩や上司に言われてきま …
ゴルフスイング

30パットが切れるパターの極意、芯でしっかり捕らえる為のドリルはこれ!

2017年6月5日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです。 パターで失敗してしまって損してしまっているのではないでしょうか。 かくいう僕もパッティングには悩んできた物の一人です。 …
ゴルフスイング

ドライバーの飛距離アップに効果的な練習とは?

2017年5月12日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさですを 飛距離が再び出始めて機嫌が良いので最近は自宅で素振り練習を行ってます。 ドライバーの飛距離アップに欠かせない練習といえば素振りです。 素振りでゴルフが上達す …
ゴルフスイング

左足下がりのアプローチでふわりと寄せる方法とは・・・

2017年6月28日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
セカンドショットやサードショットがグリーンオーバーしてしまったりしてグリーン奥の左足下がりから打つような状況ありますよね。 グリーン奥から …