MENU
クラブ選び

スライスが止まらないならドライバーはロフト11度以上を選ぶのが正解

どうもまさです。
ドライバーのスライスに悩まされているという方は本当にたくさんいると思います。
ゴルフのスイングやクラブの構造上通常はボールにスライス回転がかかってしまうものです。

しかし最近のクラブの進化はめざましくて昔に比べて捕まり安くてスライスしにくいはず。
それでもスライスが止まらないという方は一度ご自分のドライバーのロフトを見直してみてはどうでしょうか。

多めのロフトの効果とは?

結論からいうとロフトが多いクラブの方がサイドスピンを減らす事ができます
さらにロフトが少ないクラブを使用していると無意識のうちにボールをあげようとしてしまい、体が開いて振り遅れが起きてしまいます。
スライスが止まらくてラウンドの度にOBが連発という方は騙されたと思って読み進めて頂きたいと思います。

ボールが勝手に上がるからすくい打ち防止になる

いつもどおりアドレスするだけでもロフトが多いとフェース面が多く見えます。それだけでボールが上がってくれるイメージが沸いてきますので変に救い打つような動きが出にくくなります。
これだけであおり打ちの動きが軽減されて振り遅れを防止できます。
結果的にレベルブローのスイングに近づく事ができ、スイング矯正にも役立つというワケです。
体がスクエアに保たれ強い球質に変化していきます。

ロフトは思い切って11度以上を選んでみる

スライスするという事はサイドスピンが多いという事です
ロフト角が少ないドライバーが捕まりが悪い原因はボールが横滑りを起こしているからです。
ロフト角11度以上のドライバーを使用するほうがロフト角が少ないクラブよりも縦回転が増えて横回転を減らす事ができます。
さらにロフトが多いとフェース面にボールが乗る時間が増える為コントロール性能も飛躍的にアップする効果があります。

ロフトが多いとボールが上がりすぎて飛ばないのでは?

確かにボールが上がりすぎては前への推進力がなくなって飛距離ロスしてしまう恐れもあります。
しかし、スライスでお悩みの方はそれ以上にフェースが開いてしまう事により飛距離ロスしてしまっています。
スライスでお悩みならロフト角を増やして捕まった強いボールが打てる方がメリットがあります。
とにかくまずはフェアウェイキープができように曲がり幅を狭くしてあげましょう。

いかがでしょうか。ロフト角11度以上のドライバーにもメリットがかなりあると思いませんか?
ボールが上がらなくなったシニア向けのなどのイメージや上がりすぎて飛ばないのでは?等の今までの先入観を捨ててクラブを選んで見ることもとても重要になりますので、スライスが止まらなくてお困りの方は一度試してみて下さい。

ではまた。