MENU
ゴルフスイング

アプローチイップスを治すのに効果的!アドレスはハンドアップが正解?

今回は僕も長年悩んでいるアプローチイップスについて効果的な打ち方を発見しましたのでご説明していこうと思います。

プロゴルファーでもイップスに陥り第一線から退いた選手は数多くいます。一度発症してしまうと完治するのは中々難しいですが、打ち方と考え方で改善する事は可能です。

アプローチイップスの人はハンドダウンに構える人が多い

アプローチに悩んでいる人の多くはアドレスがハンドダウンになり過ぎている傾向にある事がわかりました。しかし、ウェッジはヒール側を地面に設置させて構えると構造上フェースが閉じやすくなるようになっているのです。
更にハンドダウンに構えるとヒール側にヒットしやすくなります。ここまででお分かりかと思いますが、この状態で上手くボールにヒットできてもボールは飛びすぎてしまいます。この結果、距離を調整しようとして緩んでしまいインパクトが一定しなくなってきます。

しかもハンドダウンではコックが入りやすくなります。これはヘッドの運動量が増すので飛距離を出す場合には効果的ですが、ショートアプローチの場合は危険な状態になります。

これだけ聞くとハンドダウンのアドレスがアプローチには必要ない事がお分かり頂けると思います。

アプローチにおすすめなのハンドアップ

色々と試行錯誤してアプローチイップスに効果がある方法に辿りついたのがハンドアップのアドレスです。
ハンドアップのアドレスだとハンドダウンの時とは対照的に必要以上にコックが入る事がなくなりヘッドの運動量を制御する事が可能となりインパクトの安定感が飛躍的に高まります。

ハンドアップにする事でウェッジのソール部分のトゥ側が地面に触れる事になります。
ヒール側触れるとフェースは閉じようとしますが、トゥ側は反対にフェースが開きます。
これのおかげで短いアプローチでしっかりスイングしてもボールが飛ばない状態を作る事ができるという訳です。

これだけでアプローチで緩む事がなくなりイップスを改善する事ができました。
すぐにでも取り入れる事が可能な方法なので是非お試下さい。

関連記事