ゴルフスイング

ドライバーでの振り遅れのスライスを防ぐためのフェースの使い方とは

今回は世の多くのゴルファーが悩んでいるドライバーでのスライス(目標よりも右に曲がって行く打球)を治すためにはどうすればいいのかという事をお話していきたいと思います。

フェース面はボールに向けて始動しよう。

ドライバーショットでのスライスに悩んでいるあなた、テークバックでのフェース面の向きを意識していますか?
当然フェースが開いた状態でボールを捉えたらスライスボールがでてしまう訳です。

一昔前に「フェースは開いて閉じる」と言われていた時期がありました。この教えも決してダメな訳ではございません。
昔のパーシモン(柿の木でできたドライバー)や初期のメタルヘッドの時は開いて閉じる、いわゆるフェースローテーションを積極的に使ってスイングしていました。

しかし、現代のドライバーのヘッド体積は400cc以上が当たり前の時代となっていますよね。
最近の大型ヘッドはヘッドの重心距離が長くてシャフトも長いです。

重心距離が長いとヘッドが回転しにくくなります。なのでテークバックの段階でフェースが開いてしまうとなかなかアドレスの位置に戻す事ができません。フェースが右を向いてしまうのでボールが右にしか飛ばなくなってしまうのです。

今時ドライバーはフェースを絶対に開かないで!

今時の大型ドライバーはフェースを絶対に開かないでスイングするのが正解です。
コツとしてはその場で体を右に回すようにして、フェースを開かずにむしろシャット気味(閉じ気味)に上げてみて下さい。
今まで開いてテークバックしていた場合はかなり被って見えると思うかもしれませんが、実際にはそれがスクエア(まっすぐ)の状態です。
特に右足前までは絶対にフェースは開かないようにして下さい。この段階で開いてしまうともう元に戻すのは至難の業となります。

効果的な練習方法

体の正面、胸の高さにクラブヘッドを持ち上げて、直立した状態で腰と胸の回転で水平素振りをしてみて下さい。
この時のフェース面の向きを意識してみて下さい。この状態だと絶対にフェースが開かないと思います。
ゴルフスイングは前傾している為、難しく感じますが、この水平素振りを繰り返せばフェース使いを簡単にイメージできるようになると思います。

関連記事:【最新】リピーター殺到のゴルフスクール&レッスン|人気おすすめランキング【東京・大阪・名古屋・福岡】

関連記事
ゴルフスイング

冬のゴルフ、貼るカイロは絶対に必要!効果的な貼る場所とは

2017年12月13日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
冬のゴルフで間違いなく必要なものといえば「貼るカイロ」 防寒着に気を取られがちですが必要なのは貼るカイロ!もう絶対これ 忘れたもん。 …
ゴルフスイング

ドライバーの飛距離アップに効果的な練習とは?

2017年5月12日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさですを 飛距離が再び出始めて機嫌が良いので最近は自宅で素振り練習を行ってます。 ドライバーの飛距離アップに欠かせない練習といえば素振りです。 素振りでゴルフが上達す …
ゴルフスイング

左足下がりのアプローチでふわりと寄せる方法とは・・・

2017年6月28日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
セカンドショットやサードショットがグリーンオーバーしてしまったりしてグリーン奥の左足下がりから打つような状況ありますよね。 グリーン奥から …
ゴルフスイング

アプローチイップスを治すのに効果的!アドレスはハンドアップが正解?

2017年6月20日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
今回は僕も長年悩んでいるアプローチイップスについて効果的な打ち方を発見しましたのでご説明していこうと思います。 プロゴルファーでもイップス …
ゴルフスイング

サンドウェッジのバランスが重すぎるのでインチカットをして軽くしてみることにした【スイングウェイト】

2017年11月22日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです。 個人的に今使ってるウェッジについて考えている事があります。 それはなにかと言うと、ウェッジのバランスの …