ゴルフスイング

左足下がりのアプローチでふわりと寄せる方法とは・・・

セカンドショットやサードショットがグリーンオーバーしてしまったりしてグリーン奥の左足下がりから打つような状況ありますよね。
グリーン奥からだとカップまで下りという状況が多いと思いますが、今回はふわっとしたボールが打てれば寄せれるのになーという時の打ち方について解説していきたいと思います。

左足下がりでは、ボール位置は右でフェースは開いたまま振りましょう。

左足下がりの状況では、ボールの手前の芝や地面が高い位置にありますので、左に置くとヘッドがボールが当たる前に地面に当たりザックリやトップしてホームランしてしまいやすくなります。
これを防止する為には、アドレスでボール位置を右足のつま先前にセットして、フェースはオープンフェースにして構えます。

ボール位置を右にすれば左足下がりの状況でもボールをクリーンにヒットする事ができるうえに、フェースを開いてそのまま振り抜くことでバンスが弾かれなくなりトップのミスも出にくくなります。

アドレスの際はオープンスタンスに構えよう

ボールを右に置いてフェースをオープンにしたらスタンスはオープンフェースにしましょう。
オープンスタンスにする事で左足下がりでも安定感のあるアドレスをする事ができるようになります。
その上、手の通り道も確保できる為振り抜きも格段に良くなりますよ。

左足下がりでは体重移動は不要

スイングの際は、体重移動のイメージは無くしましょう。左足下がりのライで体重移動を積極的に行うと、上体が傾いたりしてザックリやトップのミスが出てしまいます。
体重移動は抑えて、上体の回転で振り抜く事で正確なインパクトを迎える事が可能となります。
特に頭の位置が左につっこまないように注意しましょう。
ポイントは目線は低く保ち、傾斜に沿って低く振り抜くことですが特に注意するポイントは、オープンフェースでも両肩は真っ直ぐ構えてテークバックは真っ直ぐ引くイメージで極端にアウトに振り上げてはいけません。
そして、開いたフェースをピンに向かって真っ直ぐだしいきフェースが空を向くように使っていけば、ラフでもスムーズにヘッドが抜けてふわっとしたボールを打つことができますのでお試下さいませ。

関連記事
ゴルフスイング

【アプローチ】グリーンまわりでは8番アイアンでの転がしが有効【簡単】

2018年4月10日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
【スコアアップに使える小技】8番アイアンでの転がしアプローチクラブのヒールを浮かせて、パターのように打つ。ヒットするのはクラブの先っぽアプロ …
ゴルフスイング

サンドウェッジのバランスが重すぎるのでインチカットをして軽くしてみることにした【スイングウェイト】

2017年11月22日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです。 個人的に今使ってるウェッジについて考えている事があります。 それはなにかと言うと、ウェッジのバランスの …
ゴルフスイング

アプローチイップスを治すのに効果的!アドレスはハンドアップが正解?

2017年6月20日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
今回は僕も長年悩んでいるアプローチイップスについて効果的な打ち方を発見しましたのでご説明していこうと思います。 プロゴルファーでもイップス …
ゴルフスイング

今時の大型ヘッドドライバーの飛ばしの極意とは。体重移動は不要?

2017年6月7日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです。 最近の460ccクラスの最新モデルのドライバーを買ってみたもののうまく打てなくて困っている方も多い事かと思います。 …