MENU
スイング

つま先上がりのライからボールをクリーンにヒットする極意

一般的につま先上がりのライは左にいくと言われていますよね。
いわゆるセオリーです。フックを警戒しろと初心者の頃から先輩や上司に言われてきましたよね。
しかし、実際のところどうですか?多くのアマチュアゴルファーは右に飛んで行ったりする事が多いのではないでしょうか。
今回は結構難しいつま先あがりのライからの打ち方について解説していきたいと思います。

一番気おつけたいのが意外とダフリとスライス!

つま先上がりのライというのは他のライ以上にクラブの重さを感じやすくなり、トゥダウン(シャフトの先端側が垂れてしまう現象)が起こりやすくなります。
これを考慮せずにスイングしていくとダフリやプッシュアウト、あるいはスライスが出てしまいます。
また、それを嫌ってフェースを急激に返していくと極端なひっかけが出てしまうという訳です。

つま先上がりからボールをクリーンにヒットするスイングとは?

まずは番手を一つか二つ上げる必要があります。さらに短く持って構えて下さい。これでトゥダウン現象を最小限に抑える事ができます。

そしてここからが意外ですが、目標にはスクエアにアドレスしてみて下さい。
まずはこの二つを押さえておく事で今までのミスがウソだったかのように格段に打ちやすくなります。

そのアドレスからクラブを高い位置から低い位置へ振り抜いて行くことで体が詰まる事なく、スムーズに回転していく事ができるでしょう。
この時注意するのが、スイングはなるべくコンパクトにしてスリークオーター気味に振って行くのが理想です。
そのために大きめの番手を選んでいますので、飛距離が出ないかもという心配は不要です。

効果的な練習方法

つま先上がりのライからクリーンにヒットするための効果的な練習方法をご紹介しておきます。
まずは「ヘッドと左肩とグリップ」を結んだ三角形を崩さないように素振りを行ってみて下さい。
この三角形が大きく崩れてしまうとつま先上がりのライでは正確にインパクトできません。
三角形が崩れないように注意して素振りを行って見てくださいい。