プロゴルフ情報

【全米プロ】ジェイソンデイが使っていたホワイトスパイダーパターはなんだ?

どうもまさです。

2017年全米プロゴルフ選手権でジェイソンデイが使用していたスパイダーパターをご覧になりましたか?
ジェイソンデイといえば最近ではレッドのスパイダーパターを使ってましたよね。

それがこの間の全米プロでは真っ白のホワイトスパイダーを使っていました。

スパイダーパターといえば現世界ランキング1位のダスティンジョンソンも使い始めて話題にもなりました。
今回はジェイソンデイの新しいホワイトスパイダーパターの情報とスパイダーツアーシリーズの特徴についてです。

合わせて読みたい
新しいスパイダーはゴーストスパイダーS??

パッと見はこれに似ていますが、デイが使用しているモデルはネックがショートスラントでサイトラインもないのが最大の特徴で、まず間違いなくジェイソンデイモデルのプロトタイプでしょう。

入手した情報ではテーラーメイドのゴーストシリーズ←こちらから確認できます。

ソールには「GHOST SPIDER S itsy bitsy」の刻印が刻まれています。

元々レッドスパイダーもデイのリクエストから生まれたカラーだということでまだしばらくは使い続けるのかなと思っていましたが、メジャーの舞台で使ったということは余程フィーリングが良かったのかもしれません。

フェースにはもちろんテーラーメイドの自信作、ピュアロールインサートが搭載されていますね。
また、サイズ的にはコンパクトな感じです。

テーラーメイドのスパイダーパターとは?

taylormade-ghost-spider-s-putter_300x300.jpg
テーラーメイドが発売しているネオマレット形状のパターで、その独特な形状で注目をあびて大ヒットした代物です。誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

一時期はゴルフ場のカートにスパイダーがたくさん積まれていました。そのヘッドの大きさから邪魔者扱いされた方もいたではないでしょうか?僕はされましたw

大型ヘッドで圧倒的な高慣性モーメントと寛容性で直進性能がハンパじゃなく、地面に吸い付くような脅威的な安定性でショートパットの安定感は他を寄せ付けません。

その後コンパクトな形状のモデルが出たり新たなカラーリングで発売されたりしました。

テーラーメイドのパター部門のシェアを大きく伸ばすことに貢献したモデルです。

スポンサードリンク



ジェイソンデイモデルのスパイダーツアーレッド

ジェイソンデイモデルのスパイダーツアーレッドです。PGAツアーをご覧の方にはお馴染みのパターですよね。
最近では日本ツアーでも使用選手が増えてきているので目にする機会が多いパターです。

特徴はショートスラントのネックとヘッド上部のサイトラインがないところでスッキリした外見になっています。

そしてフェース面にはピュアロールインサートを採用しているのですが、レッドには「サーリン素材」を使っているので打音が静かで、打感も非常にソフトです。

打感はパッティングの重要な要素なので、新しいホワイトスパイダーにも同様のインサートが使われている可能性がありますね。

赤色はグリーン上でパターの輪郭がはっきり見える特徴もあるので目標に対してスクエアにセットアップしやすいという効果も期待できます。

ダスティンジョンソンモデルのスパイダーツアーブラック

こちらはダスティンジョンソンモデルのスパイダーツアーブラックです。以前はスコッティキャメロンのピン型のパターを使ったりもしていましたが、打ち出し方向が安定しないことからスパイダーを使用するようになりました。
それからは無敵の強さで世界ランキングトップになりました。

スパイダーツアーレッド同様にショートスラントネックでサイトラインがないのが特徴ですが、インサートの素材がレッドとは異なります。
ブラックには「80-20アルミニウム素材」が使用されているためしっかりとした打感と打音が特徴です。

打感が柔らかすぎるのが苦手な方はこちらの方が距離感を出しやすいでしょう。

最後に

まだはっきりとした情報がメーカーから出ていませんが、今後の新製品として発売されるでしょう。
ジェイソンデイがまた調子を取り戻しているので優勝をきっかけにヒット商品になる予感がしますね。

スパイダーは本当にショートパットが安定するので僕も一本また欲しいですねー

以上、【全米プロ】ジェイソンデイが使っていたホワイトスパイダーパターはなんだ?という話題でした。

関連記事