プロゴルフ情報

【2017】石川遼が挑むPGAツアーの入れ替え戦について簡単に解説する。

どうもまさです。

今期のPGAツアーの日程が終了して石川遼プロはポイントランキング175位で翌年のPGAツアーのシード権を喪失してしまいました。

これから入れ替え戦に回り、来季のシード権を争うわけですが、そもそも入れ替え戦ってなんなの?という方のためにややこしい仕組みを簡単に解説をしたいと思います。

合わせて読みたい
PGAツアーの入れ替え戦とは?

フェデックスカップポイントのランキングの126位から200位の75人と米下部ツアーに当たるウェブドットコムツアーの賞金ランク上位75人の合計150人で争われる厳しい戦い。

試合は全部で4試合(ウェブドットコムツアーファイナルシリーズ)

この4試合が通称「入れ替え戦」と言われています。

翌年のPGAツアーの出場権を得るためには?

04100031_57092034dbb67.jpg
4試合あるこのファイナルシリーズで上位50人に入らないといけないわけですが、ウェブドットコムツアーレギュラーシーズンの上位25人はすでに来季のPGAツアーの出場権は確定しているので、それ以外の25人に入らないといけないわけです。石川遼プロもこの25人に入らなければ来季のPGAツアーの出場権を失ってしまいます。

下部ツアーとは言えハイレベルで厳しいs争いになるため、ここに戻りたくないという事を口にする選手も多いそうです。

以下の4試合で争われます。
・DAP選手権
・アルバートソンズ・ボイシ・オープン
・ネイションワイド・チルドレンズ・ホスピタル選手権
・ウェブドットコムツアー選手権

4試合の賞金総額は100万ドルで優勝賞金は18万ドルとなっています。

50人に入れなければ終わりなの?

194-peoples-free.jpg
上位50人に入れなければ来季のPGAツアーの出場権は失ってしまいますが、それ以外の選手は翌年の下部ツアー(ウェブドットコムツアー)への出場権が与えられます。

このウェブドットコムツアーでのレギュラーシーズンで上位25位に入るか、入れ替え戦で上位50人に入ればまたPGAツアーへ返り咲けます。

※フェデックスランキング150位以内であればウェブドットコムツアーのシード権は確定、151位から200位までは条件付きシード権(石川遼プロは175位のため今の所は条件付きシード権)

厳しい戦いですが、石川遼プロが万が一PGAツアーの出場権が得られない場合はウェブドットコムツアーに回る可能性がありますね。

最後に

正直、松山英樹プロとは差をつけられてしまいましたが、石川遼プロにはPGAツアーで頑張ってもらいたいです。
早く優勝する姿観たいので、苦しい戦いですが踏ん張ってもらいたいです。

以上、【2017】石川遼が挑むPGAツアーの入れ替え戦について簡単に解説する。という話題でした。

関連記事