MENU
試打&評価

NSPROモーダス3 TOUR105を試打してみての感想と評価【MODUS105】

 
アイアン大好きゴルファー
アイアン大好きゴルファー
最近アメリカPGAツアーで人気だと言う「モーダス105」が気になるんだけど、どういったシャフトなんだろう?
まさ
まさ
どうもまさです。ゴルフショップクラフトマンの知識を生かして、「モーダス105」についてわかりやすく解説していきますね

現在世界のゴルフシーンではアイアンも長尺化の流れがあるので、軽量でありながらしっかりとした挙動のいわゆる「軽硬」がトレンドです

実際ぼくの周りでも、アッタスクールの4Xや5Xなどの軽量シャフトを使用している友人も増えてきています

実際に打ってみてもかなり振りやすいですしイメージよりも全然暴れない、むしろ振りやすくて安定するというのが最近の高性能シャフトです

そこで当記事では、アイアンの軽硬代表シャフト「モーダス3 TOUR105」の特徴をわかりやすく解説します。実際に試打も行いましたので試打してみての感想もレビューしていきます

是非シャフト選びの参考にして下さい

NSPRO モーダス3 TOUR105のコンセプトと特徴

  • 強弾道と高い操作性
  • 先端剛性が高く直進性が高い
  • 優れたスピン性能
  • アイアンを長尺化したい方に最適

MODUS3 TOUR105のコンセプトは「軽く速く、強弾道でまっすぐ飛ばす」

飛距離を重視するドライバーでも軽量化するという流れが、アメリカPGAツアーを主戦場に戦うプロ達の間でも主流になってきています

そういった流行からもアイアンシャフトも飛距離アップと高弾道化を求める傾向が顕著になっています

そこでPGAなどの海外での最近のトレンドになっているのが「アイアンの長尺化」です

松山英樹プロも日本でプレーしていた時よりもアイアンの長さが伸びています。恐らく長尺化による高弾道化を目指してのことだと考えられます

長尺化のトレンドはあるものの、従来の重量系シャフトをそのまま伸ばすと振りにくさにつながってしまいます。とはいえ軽量のシャフトは伸ばしてしまうと不要なしなりが発生し操作性やコントロール性が損なわれてしまいます

その結果、生まれたのがMODUS Tour105

長尺化にも対応する軽量化と剛性の高さで、長さが増してもコントロール性と安定性が確保できるようになりました

番手ずらしなどのセッティングにも対応できるシャフトとしても人気があり。現代の多様なニーズを満たすためのスペックだと言えるでしょう

長めに組むことを前提にしてはいるので、従来の長さで組むと軽くて硬いフィーリングとなるという事を頭に入れておきたいところです

NSPRO モーダス3 TOUR105のラインナップとスペック

フレックス重量トルク調子
R1031.9
S106.51.7
X1121.6

スチールシャフトとしては非常に軽量な重量です

一般的なアマチュアゴルファーだと丁度良い感じの重さですね

トルクは小さめなのでスイング時は比較的硬めに感じる数値です

スポンサードリンク



NS PRO モーダス105を実際に試打してみての感想と評価

3EA34169-6191-4018-8A1A-9A9EC091FE08.jpeg
試打に使用したヘッドは本間ゴルフTW737Vsヘッド

標準装着シャフトがMODUS105のモデルは最近増えてきていますが、TW737Vsもその一つです

まず持っただけですこし軽いなという印象、しかしめちゃくちゃ軽すぎるという感じはしません

実際に打ってみて感じたのは、確かにしっかりしている

事前情報ではMODUS TOUR125(ダイナミックゴールドとかなりよく似たフィーリングのシャフト)に近いということでしたが、個人的な感想だと手元側はそれほどしならないなと感じました

手元側にあまりしなりを感じないのと、それでいてシャフトの先端部分が動きすぎない、グリップからヘッドまでが一体となってビシっと振り抜けます

弾道は総じて高く、余分なスピンが抑えられていて打球が強い印象です

風の影響を受けにくい感じで、アゲインストでしたが普段使用しているダイナミックゴールドAMTよりも飛距離が出ていました

軽いのに暴れないから非常に操作性が高い

フェードヒッターの僕が強めにカットしても曲がり幅は少なめで直進性の高さを感じますね

トータルでバランスが良いシャフトだけど、普通の長さで組むと軽くて硬いという印象がどうしても強いです

そのままの長さで使うならワンフレックスぐらい落として使うほうがバランス良く振れるかなとは思いますね

最初に言ったように長尺化するか、番手ずらしなどで組むと非常に面白いシャフトだと思います

 

NS PRO モーダス3 TOUR105を使用できる適正ヘッドスピード

モーダス105を検討している方で適正のヘッドスピードを気にされている方は多いと思いますので解説しておきます。

ドライバーのヘッドスピードで表記します。

Xフレックス:45m/s以上

軽量でありながらパリッとしたシャフトでヘッドスピードは45m/s以上は欲しいところ

 

Sフレックス:42m/s〜47m/s

こちらもある程度のヘッドスピードは必要。ダイナミックゴールドの120グラム台がしんどくなってきた方にドンピシャ!

 

Rフレックス:40m/s〜42m/s

ここまでくると結構柔らかくなるのでNS950が軽く感じる方におすすめです

 

まとめ

全体的に硬めにはなるので、思っている以上にヘッドスピードは要求されます。

組み上げる際は最近のトレンドである、長尺化や番手ずらしをして組むのがおすすめ

 

NS PRO モーダス105のまとめ

こんな方におすすめ

  • 軽量化したいけどNSPRO950では頼りないと感じる方
  • 操作性と高弾道を求める方
  • ダイナミックゴールドが重くてしんどくなってきた方
  • アイアンを長尺化したい方

基本的には軽くて硬いシャフトだというのが率直な感想です

従来の長さで使用するならワンフレックス柔らかいスペックを選択するとバランスが良いように感じます

あとはやっぱり長尺化して使ってみたいスチールシャフトだと感じます

長くしてももたつく事もないはずなので、高弾道化と飛距離アップが期待できるかと思います

以上、NSPROモーダス3 TOUR105を試打してみての感想と評価【MODUS105】という話題でした

試打レビュー【モーダス125】MOUDUS3 SYSTEM3 Tour125試打評価レビュー|このシャフト、かなり良い!

試打レビューNS PROモーダス3 Tour130 試打評価レビュー【比較データ付き】|癖のない振り味に加えて距離のバラツキが少なく安定感抜群

試打レビュー【モーダスハイブリッドGOST(ゴースト)】試打評価レビュー|Graphite On Steel Tecnology

まとめモーダス3のラインナップと特徴を比較|違いや選び方について解説&まとめ

関連記事