ドライバー新製品情報

キャロウェイ ローグ スターの特徴まとめ【EPICを超えた?】

どうもまさです。

2018年キャロウェイの新作

ローグ(ROGUE)シリーズの特徴をまとめていきたいと思います。

今回はローグシリーズの中でもスターについてです。

発売日

発売日は2018年2月23日

2月22日まで先行予約キャンペーンを行っています。

オリジナルロゴ入り砂時計がもらえるみたいです。

従来どおりだとUSモデルは日本モデルよりも早くに発売されますので早く手に入れたい方はUSモデルをGETするのもいいでしょう。
ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。
ここが一番信頼できますね。

キャロウェイ ローグシリーズのコンセプト

「EPICを超えなければ意味がない」というキャッチコピーで広告がうたれて一気に2018年の最注目クラブになったROGUEシリーズ。

コンセプトは圧倒的な飛距離とやさしさ!!

ドライバーの常識を破り、アメリカNO1のドライバーになったEPICを飛距離面、やさしさの面で超えるために開発され
究極のボールスピードと幅広いゴルファーが使える究極のやさしさを盛り込んだドライバーに仕上がっています。

キャロウェイ ローグスターの外観

まずはソール
スクリーンショット 2018-01-24 16.14.25.png
今作はブルーカラーです

お次はクラウン
スクリーンショット 2018-01-24 16.18.03.png
EPICよりも投影面積が大きくて安心感があります

スポンサードリンク



キャロウェイ ローグスターに盛り込まれたNEWテクノロジー

圧倒的な飛距離性能で契約外プロなども使用していたドライバーだったEPICをさらに改良しているということですが
あれだけのドライバーを超えてくるのは大変だったと思います。
しかしさすがキャロウェイです。
今回も新たなテクノロジーが盛りだくさんで非常にわくわくしますねー

ではいってみましょう

進化したジェイルブレイクテクノロジー

前作のEPICにも搭載されて話題になった、フェース裏の2本の柱が進化しました。
今作は柱が砂時計型のチタン製になり25%の軽量化することに成功しています。

薄肉フェース X-Face VFTテクノロジー

EPICよりもさらに薄肉化したフェースで反発力アップ。
ジェイルブレイクテクノロジーと共に軽量化にも貢献し、余剰重量をヘッド周辺部に配置して慣性モーメントがアップしています。
ミスヒットに強い優しいヘッドに仕上がっています。

慣性モーメントをアップさせるトライアクシャル・カーボンクラウン

非常に軽いカーボンをヘッドクラウン部分に使用することで大幅な余剰重量を生み出せ、結果ヘッド周辺部分に重量を配置して
薄肉フェース同様に慣性モーメントのアップに貢献しています。
当然ミスヒットに強くなるので幅広いゴルファーが使えるクラブに仕上がるというわけです。

スライスを軽減するドローバイアス設計

ヘッドのヒール部分に約2グラムのウェイトと、ヒール内側のウェイトが重心位置をヒール側に持ってきてくれます。
結果フェースローテーションがしやすくなりボールが捕まりやすくオートマチックにドローボールを打てるヘッドに仕上がりました。

エアロダイナミクス・パッケージ

ボーイング社との共同開発で空気抵抗の軽減と空力性能の向上に成功しています。
結果、スイングスピードのアップが期待でき飛距離性能に結びついています。

前作のEPICシリーズは若干ハードヒッター向けといった雰囲気があり、どちらかというと捕まりにくいかなという印象がありました
しかしローグは早速そこを改良してきていて捕まりがよく多くのゴルファーが使えるクラブに仕上がっているとのこと

相変わらずボールスピードは速いようですが、打感も向上していて柔らかめの打感が好みのかたでも使える感じです。
楽しみですわ

投影面積もアップしており、アドレス時の座りも改善されているようです。
前作はポンッとおいたら開く感じがあったのでこれは本当に良いと思います。

石川遼プロの試打動画
ROGUE ドライバー 試打インプレッション 石川プロ編

最後に

本当にプロの評判も上々で今回も大ヒットの予感がプンプンしますねー

今はとにかく早く試打がしたい!!

試打をしたら更新していきます!!

従来どおりだとUSモデルは日本モデルよりも早くに発売されますので早く手に入れたい方はUSモデルをGETするのもいいでしょう。
ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。
ここが一番信頼できますね。

以上、キャロウェイ ローグ スターの特徴まとめ【EPICを超えた?】。という話題でした。

関連記事