MENU
試打&評価

キャロウェイ ローグサブゼロ(subzero)ドライバーを試打してみた。感想と評価【これは飛ぶ】

最終更新日:2018年7月1日

どうもまさです。

今回は2018年のキャロウェイの新作ドライバー『ローグサブゼロ』をさっそく試打しましたので感想と評価をしていきます

ではどうぞー

キャロウェイ ローグサブゼロとは?

キャロウェイからの2018年モデルは3機種のラインナップ。
その中でも最も低スピンショットが打ちやすいモデルが『ローグ サブゼロ』ドライバー

重心位置をフェースよりに持ってくることで浅重心設計のドライバーに仕上がっています。

オートマチックに低スピンショットが打てるモデルになるのでスピン量が多く吹き上がり気味の方に相性の良いヘッドと言えますね。

ローグサブゼロの試打クラブスペック

スクリーンショット22_Fotor.png
ロフト角→9.0度
シャフト→Speeder EVOLUTION for CW50カーボンシャフト
フレックス→S

構えてみると

クラウン

スクリーンショッFotor.png
オーソドックスな形状で癖があまりない
ローグスターはかなり大型に見えるヘッド形状でしたがサブゼロはやや小ぶりのサイズ感です。

見え方は小さめですが、ヘッド体積は460cc

アドレスした感じから操作性の高さが感じられます。
癖のないバランスのとれた形状なのでほとんどの方が違和感なく使える見た目ですね。

ヘッド正面からみたフェース面

スクリーン_Fotor.png
ややディープフェースで強弾道をイメージさせてくれるフェース面。

有効打点距離が長めなので、見た目から低スピンボールをオートマチックに打てますよという雰囲気が出ています。

スポンサードリンク



キャロウェイ サブゼロを実際に試打してみた感想

弾道計測データ

弾道計測器GC2にてデータを取りましたのでどうぞご覧ください
IMG_1067.JPG

キャリーは250ヤードを超えてくる
飛ぶドライバーのライン、250ヤードをキャリーで超えてきます。
ローグスターと飛距離的には同等ですが飛び方が全く違うことに気づきました。

ボール初速は66を超え。かなり速いボールスピードがでてくれました。
今後発売されるドライバーのなかでもトップクラス。

バックスピン量も7発平均で2249。低スピンになるという事前情報とは違い、ちょうどいい感じの適正スピン量。

打ち出し角度は平均12.7度。中弾道の伸びのる打球でした。ここがローグスターと違う点。
中弾道ながらボールがなかなか落ちてこなくて、前へ前へボールが飛んでくれてしっかりキャリーがでてくれました。

サイドスピンは平均値でいくと左に48回転。ほぼストレートと言っていいぐらいに落ち着いたボールが打てました。
左には行きにくいけど、決して捕まらないというわけではなかったですね。

弾道イメージ

IMG_1069.JPG
ほぼストレート系の弾道
ボールがねじれにくいのでストレートにターゲットを狙っていけるイメージが湧きます

打感の良さが向上

ローグスター同様、EPICに比べて柔らかくなりました。

フェースにしっかり乗ってから弾く感覚なのでコントロール性能が格段に上がっているのが実感できます。

EPICで打感の硬さに違和感のあった方でも満足できるフィーリングに仕上がっているのではないでしょうか。

ロフトが立っているので9.0度だとある程度のパワーが必要

ロフトが立っている分、弾道が低くなるので使いこなすにはある程度のパワーが必要になってくるでしょう。
ヘッドスピード的には45はあるといい

10.5度なら多くのゴルファーが使える

ロフト角を10.5度でチョイスしてもらえば多くのゴルファーが使えるドライバーになると思います。
ヘッドスピードが45以下の方は10.5度を選択するのをおすすめします。

思った以上に捕まる

EPICサブゼロのときははっきり言って捕まらないイメージが強かったですが、ローグサブゼロに関してはほどよく捕まってくれる。
右に抜ける感じがすくなくストレート弾道を強くイメージできるようになっています。

ローグサブゼロドライバーのまとめ

今回のローグサブゼロドライバーを一言でいうと「中弾道で伸びのあるボールが打てるぶっ飛びドライバー」

初速の速さはもちろん最高です。
ローグスターよりも初速はでていましたし、ボールが高くて飛距離ロスしている人には最高のドライバーです。

エピックサブゼロが捕まらなくて使えなかった方でも今回のローグサブゼロならストレート弾道が手に入るかも・・・

是非試打してみることをおすすめします。

5段階評価

飛距離:5
打感:4.5
方向性:5
デザイン:4
操作性:4.5

安く買うならUSモデルをチョイスするのもあり

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありですね。
ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。
ここが一番信頼できますね。

以上、キャロウェイ ローグサブゼロ(sub zero)ドライバーを試打してみた。感想と評価【これは飛ぶ】という話題でした。

関連記事キャロウェイ ローグスター(ROGUE STAR)ドライバーを試打してみた。感想と評価【EPIC超え】

関連記事キャロウェイ ローグスター フェアウェイウッドを試打/感想と評価【飛距離エグい】

合わせて読みたい
関連記事