MENU
試打&評価

テーラーメイド『M3』フェアウェイウッドを試打・感想&評価【強弾道】

最終更新日:2018年7月1日

どうもまさです。

もうすぐテーラーメイドの新しいMシリーズの発売。

既に予約した方もちらほら出てきているのではないでしょうか。

今回はそんなMシリーズの中でも『M3フェアウェイウッド』の試打をしてみましたので、試打インプレッションということで感想と評価を書いていこうと思います。

M3ドライバーの試打記事もありますのでこちらからどうぞー
テーラーメイド M3ドライバーを試打・感想と評価&特徴まとめ

では参ります!!

M3フェアウェイウッドの試打クラブスペック

IMG_0967m3fw5_Fotor.jpg
番手:5番ウッド

IMG_0964_Fotor.jpg
シャフト:KUROKAGE TM-5

フレックス:Sシャフト

構えてみると

IMG_0968m3fwcr_Fotor.jpg
ヘッドはやや小ぶりの見た目、フェースのアングルはノーマルだとほぼストレートフェースに見えます。

最近主流になりつつあるデカヘッドフェアウェイウッドではない感じ、見た目からは強弾道が打てそうなイメージが沸いてきます。

フェースはしっかり見えるので難しそうな雰囲気はありませんね。

スポンサードリンク



テーラーメイド M3フェアウェイウッドを試打してみての感想

弾道計測器GC2での計測データ

IMG_1071m3fwgc22_Fotor.jpg
まずは弾道計測データをご覧いただきます。

平均飛距離が244ヤード、キャリーが224ヤード。5番ウッドとしてはかなり優秀なデータが取れました。

ボールスピードが59.8。まずまずのスピードが出ています。

打ち出し角度は18.1度。最大の高さは37ヤード。十分高さはでてくれています。

バックスピン量2550。これは5番ウッドにしてはかなり低スピン。ボールがぐんぐん前へ飛んでくれます。

サイドスピンは平均で39のフック回転。小ぶりながらミスヒットにも強くて方向性もいい感じでした。

前作よりも打感が向上

前作のM1よりも打感はかなり良くなっています。
M1はかなり打感が硬くてガツンって感じでしたがM3はかなり改善されております。

吸い付くまではいきませんが、フェースにボールが乗る感じがあるのでコントロールがしやすくなっています。

それでいてボールスピードもしっかり出てくれるので飛距離面でも文句なしです。

低スピンなので少々パワーが必要

5番ウッドで2500程度のバックスピン量なのでかなりの低スピン。

これが3番ウッドになるとかなりのパワーが必要かなと感じます。

M3とM4の組み合わせ

プロも割と取りいれている組み合わせですが、3番ウッドはボールが上がりやすいM4、5番ウッドはM3という感じで組み合わせるといいかなと個人的に思います。

適度な捕まり感で方向性も良い

小ぶりヘッドなんですがミスヒット時のヘッドのブレも少なくて方向性も良い。

捕まりも良いですし。必要以上に捕まらないのでしっかり叩いていきたくなるヘッドです。

まとめ

総評

まとめると『小ぶりヘッドで低スピン。飛距離性能バツグンのフェアウェイウッド』

はっきり言って飛びます。

見た目もかっこいいし意外にやさしい。飛ぶフェアウェイウッドを探している方に是非試して頂きたいクラブです。

試打できる機会があったら打ってみてください。

5段階評価

飛距離:5
打感:4
方向性:4.5
デザイン:5
操作性:5

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありですね。
ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。
ここが一番信頼できますね。

以上、テーラーメイド『M3』フェアウェイウッドを試打・感想&評価【強弾道】という話題でした。

関連記事