MENU
ゴルフショップ

【ゴルフ】日本モデルとUSモデルの違いとは?お得なのは?安心して購入できるショップとは?

最終更新日:2018年3月15日
どうもまさです。

最近は海外クラブメーカーの勢いがハンパじゃないです。

テーラーメイド、キャロウェイ、ピン、コブラ。

2018年も各メーカー話題のクラブをガンガン発売してきます。どれを買おうか迷っている方が多いことでしょう。
ぼくもですw

そこで海外メーカーのクラブを購入する時に気になるのが『USモデル』

「価格だけみるとかなり安いし、なんで?」
「海外モデルなんて怪しくない?」
「偽物とか掴まされそうで怖い!!」

なんてことを考えちゃったりしたことがないでしょうか。
ぼくもかつてはそんな風に思っていた時期がありましたが、今では海外モデルを買ってリシャフト(シャフト交換)して使用したり、そのまま使ったりもしてます。

USモデルと日本モデルの違いについて今回は書いていきたいと思います。

ではどうぞ〜

USモデルと日本モデルの違いとは

trump-2815558_1920.jpg

一番違うのは重さ

一番の違いはクラブの重さ、シャフトの重量、ヘッドの重量の違いでほとんどのUSモデルが日本モデルに比べて総重量が重くなっています。

次に違うのはシャフトのフレックス(硬さ)

重さの次に違ってくるのがシャフトの硬さ。

失敗するケースとしては、Rと思って購入したらもの凄く硬くて使えなかったというパターンが一番多いと思われます。

USモデルのRが日本モデルのSぐらいの硬さだと昔はいわれていましたが、最近ではそれ以上の硬さの差があるのではと言われています。
物にもよりますが、USモデルのRシャフトを使いこなすにはヘッドスピード的には40中盤は欲しいところです。

ヘッドの性能や構造は同じ

USモデルも日本モデルもヘッドの性能面では変わりはありません。

中にはUSモデルのほうがヘッド重量が重いものも

構造や性能面では変わりがないと言われていますが、ヘッド単体で重量を計測してみるとUSモデルの方が重い場合が多いです。

ヘッドが思いと当然インパクト時の衝突エネルギーが大きくなるのでボールスピードに影響してきます。

USモデルの方が大体安い

海外ではもともとクラブの価格設定を低く設定しています。
それを輸入して販売しているので日本でも安く販売する事ができるわけです。

海外だとドライバーに7万とか8万とか払う人はほとんどいないみたいですね。

並行輸入品は為替によって価格が変動

並行輸入品はその時の為替相場の影響を受けるため、当然円高になるとかなりお安く買うことができます。
なのでUSモデルを買う時は為替の動きも要チェック

パワーがないなら日本モデルが無難

パワーに自身がなくて硬くて重いシャフトが振り切れるか不安であれば、日本モデルを購入されるのが無難です。

購入してからやっぱり硬くて使えなかったというパターンの方がぼくの周りにもまあまあいますw

スポンサードリンク



何はともあれ安いのが最大のメリット

woman-1169324_1920.jpg
なんだかんだ言ってUSモデルは安い。

日本モデルと比べると2万円、3万円安く買えたりなんてこともあります。

パワーに自身があったり、どうせシャフトは交換して使ったりすることを想定している方にとってはかなりお得にクラブを購入できるケースが多いです。

実際ぼくはUSモデル買ってシャフト交換して使ったりしてますし、メリットは大きいです。

あと、クラブがスイングに合わなかった時のダメージも少なくなりますw

偽物の心配は?

USモデルとか海外モデルを購入する際に「偽物を買ってしまったりしそうで怖い」なんていう心配をされる方もいらっしゃると思います。

実際に国内においても有名メーカーの模倣品が出回ったりしているケースがありますし、偽物であるケースもゼロではありません。

となると、失敗を避けるためには信頼できるショップで購入するというのが一番大事になってきます。とくに海外モデルは

USモデルを買うならフェアウェイゴルフが安心安全

ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんしか基本的には使いません。
なんども購入させて頂いていますが、今のところトラブルにあったこともないですし、購入画面もわかりやすい。
USモデル取扱店ではここが一番信頼できます。

最後に

USモデルを購入されたことがない方も多いと思いますが、ゴルフクラブを割安で購入したい方やリシャフトや既に持っているシャフトをそのまま使用したいと考えている方にはおすすめです。

注意すべき点もありますが、検討してみてはいかがでしょうか。

以上、【ゴルフ】日本モデルとUSモデルの違いとは?お得なのは?安心して購入できるショップとは?という話題でした。

関連記事