ウェッジ

テーラーメイド HI-TOE(ハイトゥ)ウェッジの特徴&取扱いショップ情報

最終更新日:2018年11月7日
 

どうもまさです テーラーメイドのウェッジで非常に気になる話題の新作で現在プロ使用率も急上昇中のモデルがあります

それが、テーラーメイド Milled Grind HI-TOE(ハイトゥ)ウェッジ

ダスティン・ジョンソンやローリー・マキロイが実際に使用していてどんな状況下でも対応できる万能ウェッジ!!

当記事ではテーラーメイド ミルドグラインド HI-TOEウェッジの特徴と購入可能な取扱いショップについて元ゴルフショップスタッフでクラフトマンだった私がわかりやすく紹介していきます

是非クラブ選びの参考にしてください

★テーラーメイド HI-TOEウェッジ国内モデルの最安値は「アトミックゴルフ」!

国内正規品の最安値モデルは現状はアトミックゴルフさん。送料も無料になるので国内モデルをかなりお得に購入可能です

※営業日13時までは即日出荷

 

★テーラーメイドHI-TOEウェッジのUSモデルを選択するなら!

ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。

理由としてこのUSモデルの品揃えの豊富さとここでしか手に入らないクラブが多い事や、メーカーから直接仕入れを行っていて確実に正規品を購入できる点。模倣品や偽物リスクも無く、USモデルを選択する場合は非常におすすなショップです

テーラーメイド HI-TOEウェッジとは

既にダスティン・ジョンソンやローリー・マキロイをはじめとしたテーラーメイド契約プロが実際に使用しているモデルのウェッジです

ロフトやソール形状も多彩で、普段の使用機会や打ち方に応じて好みのモノを選ぶことができます

グリーン周りでの多彩なショットを可能にする機能が随所に盛り込まれており、現在もっとも注目されているウェッジと言ってもいいモデルです

 

テーラーメイド HI-TOEの主な特徴

フルスコアライン(56°〜64°)

スクリーンショット 2018-03-25 21.42.30.png

一番の特徴は大きなフェース面と、フェース全面に施されたフルスコアライン(56°〜64°)

トウ側の先までびっしり溝が掘られています

似たモデルでキャロウェイのPMグラインドというモデルがありますが、それ以上の大きなヘッドサイズ

フェース面の大きさとスコアラインの効果でフェースを開いた際の安心感が抜群で、フェースのどこに当たっても安定してスピンをかけることが可能です

 

多彩なソール形状

 

続いてソール形状にも特徴があります

ATV GRINDソール(58° 60° 64°)

最も特徴的なのが58°60°64°に採用されているATV GRINDソール

フェース面に近い部分はバウンスの効果が大きく、バンカーやフルショット時に活躍してくれる形状 それでいて、トウとヒール側は大きくグラインド加工が施されているのでフェースを開いたショットではスパッときもちよく抜けてくれます

 

STANDARD SOLE(50° 52° 54°)

フルショット時の際に効果を最も発揮するスタンダードなソールデザイン

 

4WAY SOLE(56° 58° 60°)

10°のバウンス角でフェースを開きやすいようにデザインされたソールで、グリーンまわりでフェースを開いて使用することが多いゴルファーに最適です

 

HI-TOEデザイン

バックフェース部分に3つの空洞部分があるのですが、重心位置を高く設定することで当たり負けを防ぐとともよりスピンが入りやすい構造になっています

ハイロフトとの組み合わせによって圧倒的なバックスピンをかける事ができます

 

テーラーメイド HI-TOEのスペック

 
 
 

テーラーメイド HI-TOE取扱いショップ

★テーラーメイド HI-TOEウェッジ国内モデルの最安値は「アトミックゴルフ」!

国内正規品の最安値モデルは現状はアトミックゴルフさん。送料も無料になるので国内モデルをかなりお得に購入可能です

※営業日13時までは即日出荷

★テーラーメイドHI-TOEウェッジのUSモデルを選択するなら!

ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。

理由としてこのUSモデルの品揃えの豊富さとここでしか手に入らないクラブが多い事や、メーカーから直接仕入れを行っていて確実に正規品を購入できる点。模倣品や偽物リスクも無く、USモデルを選択する場合は非常におすすなショップです

 

 

テーラーメイド HI-TOEのまとめ

ドライバーやパターに続きウェッジにもテーラーメイド旋風が巻き起こりそうです

個人的には64度をセッティングに取り入れてみようと思っています(現在13本なので) これがあれば短い距離をハーフショットせずにフルショットで攻めていけるので距離の打ち分けが楽そうです

取扱いショップが増えた際には更新していきます

以上、テーラーメイド HI-TOE(ハイトゥ)ウェッジの特徴&取扱いショップ情報という話題でした

 

関連記事テーラーメイド M4シリーズを試打してみた。感想と評価・特徴まとめ

関連記事