MENU
新製品情報

松山英樹も使用「 Rogue Draw」ドライバーの特徴まとめ

最終更新日:2018年4月18日

どうもまさです

キャロウェイのRogueシリーズが好評なのは言うまでもありませんよね

そんな中、松山英樹プロが怪我からの復帰戦で「Rogue Draw」というドライバーを使用していました
※マスターズでは使い慣れたグレートビッグバーサを使用していました

関連記事:【2018シーズン】松山英樹のクラブセッティングを徹底紹介、長さやバランスは?: サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

このページではRogue Drawドライバーの特徴についてまとめましたのでクラブ選びの参考にしてください

Rogue Drawとは?

8467D953-9734-4919-AA57-5874A5139BFF.jpeg
松山英樹プロが使用した「 Rogue Draw」はその名の通りドロー弾道ご打ちやすいドライバーです

Rogueシリーズの中でドローが打ちやすいドライバーといえば「 Rogue Star」ですが今回紹介する「 Rogue Draw」は日本未発売モデル

今後日本モデルの展開があるのかは現時点ではわかりませんが、購入できるのはUSモデルになります

Rogue Drawの特徴とスペック

特徴としては基本的に「 Rogue Star」同様にヒール側な重心を持ってくる事によってヘッドが自然とターンしやすい仕様になっています。大型ヘッドながら捕まりが良いのが特徴です

ヘッドのシルエットもStarにそっくり
1F2A7681-DF11-490E-83B2-762D7076AE97.jpeg

もちろん2本の柱、ジェイルブレイクテクノロジーは搭載されています

「 ROGUE star」に関してはレビュー記事もあります
関連記事:キャロウェイ ローグスター(ROGUE STAR)ドライバーを試打してみた。感想と評価【EPIC超え】

もちろん名前が違うだけでなくstarとの違いもしっかりあります

それは、ロフト角やフェースアングルが簡単に調整できる、通称「カチャカチャ機能」が搭載されている点です

日本モデルであるstarにはカチャカチャ機能がないので、これだけでもかなりのメリットです
※松山プロはロフトを10度にして使用

ロフトやフェースアングルの調整に加えてシャフトも簡単に交換できるのは色々なシャフトを試せるので嬉しいですね

スペックはこのような感じ
DD6B208D-0CEA-469D-B0F5-7F2BE469548A.jpeg
参照:フェアウェイゴルフ




ROGUE drawの取り扱いショップ

ROGUE drawはUSモデルのみの展開です

ぼくはUSモデルを購入するときはフェアウェイゴルフ さんで買ってます。
ここが一番信頼できますね。

最後に

松山英樹プロはフェースアングルをフックにしてロフトを増やす設定で使用していました

捕まりやすいドライバーですがプロでも捕まりを重視しているようですね

その他のローグシリーズと同様に飛びのポテンシャルのドライバーで、松山プロの使用で一段と注目されているドライバーになりました

ROGUE starにカチャカチャがあればなーと思っていた方にもドンピシャのドライバーなので是非チェックしてみて下さい

以上、松山英樹も使用「 Rogue Draw」ドライバーの特徴まとめという話題でした