試打&評価

【テーラーメイド】M3 440ドライバー 試打|感想&評価【かなり飛ぶ】

最終更新日:2018年8月15日

どうもまさ(@masa_golf05)です

テーラーメイド M3 440ドライバーをようやく試打できたので感想を含めて画像付きで紹介していきます

★関連記事

M3 440ドライバーの概要

ねじれたフェースとして話題になっているツイストフェースを搭載したテーラーメイドの2018年最新モデル!

M3は大型ヘッドの460と、小ぶりヘッドの440という2種類のラインナップが用意されていますが、今回は440の方を紹介します

調角機能やウェイトの調整による弾道を変化させる事ができる機能も装備しているドライバーです

欧米のみならず日本での使用プロも多いシリーズで、今回紹介する「M3 440 ドライバー」は、中々道具を変えない事で有名な松山英樹プロも使用を始めて飛距離を大きく伸ばしたことでも話題になっています

M3 440ドライバーの試打レビュー

IMG_20180511_202621_Fotor.jpg

スペック

ヘッド素材チタン[9-1-1ti ]+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール /チタン[6- 4 ti]
ヘッド体積440cc
ライ角58°
長さKUROKAGE TM545.5インチ
Tour AD IZ-645.25インチ
Speeder 661 EvolutionⅣ
Diamana RF60

試打データ

IMG_20180509_185518_1.jpg IMG_20180509_185912.jpg

初速が速く、適度に捕まってかなり飛ぶ!!

スクリーンショット 2018-05-13 18.55.09.png

アドレス時の写真を撮り忘れてしまったのですが、見た目は440ccと小ぶりのヘッドで非常に引き締まった印象で、ヘッド形状にこだわる日本人ゴルファーでもすんなり構える事ができるといった印象です

今回試打したスペックを紹介しておくと

  • ロフト角9°
  • シャフトはSpeeder 661 EvolutionⅣ
★関連記事

画像の試打データをみていただくとわかる通り捕まった良い感じのドローボールが打てました

4球平均でキャリーで254ヤード、ランも含めると277ヤード。かなり飛んでるね!!

ぼくの中ではキャリーで250ヤードを超えてくるドライバーはかなり飛ぶドライバーという位置づけです!

460に比べると自然にフェースターンしてくれる感じで、操作性も高い印象です。初速も平均で66とかなり速いスピードが出てくれています(ちなみにヘッドスピードは45で打っています)

ぼくはもともとバックスピン量が多いのでYトラックシステム(ウェイトの位置を調整して重心位置を変える事ができる)を2つともフェースよりに移動させて打ってみましたが、平均でバックスピン量が2400弱と絶妙なスピン量になりました

そして注目の方向性ですが、サイドスピンが平均で216と非常に少なく安定していますね

なんとなくですがツイストフェースの効果なのかなーという感じ・・・(ツイストフェースは肉眼では捻れているのがわかりません・・・)

打音がややパキーンという感じ、打感に関しては少し硬く感じる印象

打音や打音に関しては前作と比較してもそれほど違いはありません

飛距離が抜群に出るドライバーで、方向性も大満足。ウェイトの調整幅も広いので球筋やスピン量に応じて調整すると好みの弾道にすることができます

460よりも440のほうが操作性が高いので自分でドロー、フェードの打ち分けをしてコースを攻略していきたい方におすすめします

テーラーメイド M3 440ドライバーのまとめ

総合評価★★★★★

飛距離性能が高くて、方向性も良い総合力の高いドライバーでした

打感に関してはやや硬いので好みが分かれそうですが、性能を重視する方であればそれほど気にならないと思います

間違いなく2018年を代表する最高のドライバーです!

以上、【テーラーメイド】M3 440ドライバー 試打|感想&評価【かなり飛ぶ】という話題でした

純正シャフトが物足りない方はUSモデルがおすすめ

純正シャフトだと物足りないよという方にはUSモデルバージョンもおすすめです

US仕様のドライバーは日本モデルと違いシャフトが硬めでしっかりさせた設計になっています

カスタムシャフトだと高いけど純正シャフトは柔らかくて使えないって方にはうってつけです

USモデルのRは日本モデルのSぐらいの硬さなので、普段使っている硬さよりもワンランク柔らかいものを選ぶとちょうどいいです

USモデルを選ぶなら、USモデル専門ショップのフェアウェイゴルフさんがおすすめ!ぼくも普段よく利用しています

★合わせて読みたい
ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
試打&評価

本間ゴルフ『TW-MB ローズプロト』アイアン試打評価レビュー|PGAツアー仕様のマッスルバックアイアン

2019年4月2日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ローズプロトアイアンに興味があるけど「実際どんな感じのアイアンかわからない」、「自分に打てるのだろうか?」と気になっている方もいらっしゃ …
コブラキングテックハイブリッドが発売 試打&評価

コブラ キングテックハイブリッドが発売|豊富な調整をオプションを搭載したディスタンスユーティリティ

2021年6月13日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
少し前ですが、米国コブラのホームページ上に登場した、ネックの調整に加えて重量や重心調整も可能な「コブラ KING TEC Hybrid(キン …