新製品情報

【2018年モデル】スリクソン Z785 Z585ドライバーはカーボンコンポジットヘッドを採用している模様

どうもまさです

SRIXONの2018年モデル? Z785、Z585のヘッドが公開!【R&A適合リスト】という記事を書きましたが、新たな情報が入ってきましたね

スリクソンZ785&Z585はどうやらテーラーメイドやキャロウェイのドライバーでも流行しているカーボンコンポジットヘッドを採用するようです

写真を確認したところスリクソンのドライバーも、ヘッドのクラウン部分にカーボンを使用しているコンポジットヘッド

カーボンをクラウンに使用することでクラウンの軽量化を図ることができるので、余った重量を最適化することがメリットです

これはテーラーメイドのM3&M4や、キャロウェイのローグシリーズが採用していることでわかるとおり、機能の向上が望めるのは間違いなく、現在のドライバーのトレンドとなっています

ただカーボンコンポジットヘッドは通常だと打球音が悪くなるといったデメリットがあるのですが、各メーカーそこはしっかり改善してきています

スリクソンのZ785とZ585の打球音はどうなのかと気になっていたところ、既に大堀裕次郎プロがテストしている動画が上がっていました


かなりいい感じの打球音!さすがスリクソンといった感じです

ソールのデザインもデカデカと写真がありました


黒ベースに赤ラインの渋いデザイン

スリクソン契約プロたちがどんどんテストを開始するでしょうが、看板プロの松山プロは果たして使用するのでしょうか?

内部構造なども気になりますし、カーボンコンポジット意外に最新テクノロジーが詰め込まれている可能性もあります

今後も新たな情報が分かり次第更新していきます

以上、【2018年モデル】スリクソン Z785 Z585ドライバーはカーボンコンポジットヘッドを採用している模様。という話題でした

関連記事SRIXONの2018年モデル? Z785、Z585のヘッドが公開!【R&A適合リスト】

よく読まれてる記事