PR

試打&評価

【2番ウッド】BALDO CORSAブラッシー試打評価【インプレッション】

BALDO CORSAブラッシー試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。今回はブラッシー(2番ウッド)を手に入れたのでレビューしていきます。

2番ウッドというカテゴリは絶滅危惧種状態ですが、一部のメーカーがこの特異なクラブを製造販売しています。

たぶん今一番知名度があるのは、某ダンガンセブンのブラッシーだと思うけれど、ぼくが買ったのは地クラブの中でも人気の高いバルド製だ。

ということで選んだのが、バルドの2022年モデル「BALDO CORSA BRASSEY」である。ロフトは12°

いまさら2022年モデル?という事かもしれないけど、記事執筆時点(2023年12月)では現行モデルです。

ちなみに購入した理由はドライバーの代替として使えるぶっ飛びフェアウェイウッドを探していたから。

という事で今回もいつものようにGCクアッドを用いて弾道計測を行いレビューしていますので、クラブ選びの参考にしてもらえると幸いです。

後日談は下記リンクから。

関連【コラム】BALDOの2番ウッドはドライバーの代替にできる。しかも安定するからめっちゃ良い

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

BALDO CORSAブラッシーの概要

BALDO CORSAブラッシー

バルドの2番ウッドはこれ以前にもあるけれど、2022年モデルがCORSA ブラッシーで、記事執筆時点の2023年12月では現行モデルです。

ヘッド体積は240ccで、ロフトは12°という設定。

ヘッドは4種類の素材を使ったマルチマテリアル構造です。

  • チタニウムフェース&チタニウムボディ
  • ステンレスパワープレート
  • カーボンクラウン
  • タングステンウェイト

素材はこんな感じのものが使われています。

フェースとボディはチタン製です。

メーカー曰く460ccヘッドのドライバーでは本来作れない構造と素材の組み合わせなんだとか。

BALDO CORSAブラッシーのソールウェイト

ソールの2箇所には交換可能なウェイトが装着されているので、ある程度好みのヘッド重量に仕上げることができます。

ベースとなるヘッド重量は210gです。

BALDO CORSAブラッシーのクラウン
BALDO CORSAブラッシーをヘッド横から

横からみたらこんな感じ。

BALDO CORSAブラッシーヘッド形状

ヘッド形状がこちらです。

あくまでも2番ウッドということですのでフェアウェイウッド形状です。カタチに癖はなくてオーソドックス。

ただ、240ccあるので多くの3番ウッドよりはかなりデカく見えます

BALDO CORSAブラッシー大きさ比較

SIM2フェアウェイウッドと並べると大きさの違いは一目瞭然。

BALDO CORSAブラッシーのヘッド形状1

アドレスしてみたらこうなります。

組み方にもよりますが、ぼくが買ったものはほとんどストレートフェースに仕上がっています。

BALDO CORSAブラッシーの打感

マイクロレーザーミーリングが施されたフェースはまあまあなディープ形状。

ですが、重心高は21mmなので見ためよりは遥かに低重心設計です。

BALDO CORSAブラッシーフェースの厚み

地面に置いたボールに構えたらこうなっています。

BALDO CORSAブラッシーフェースの厚み2

いわゆるシャローフェースのフェアウェイウッドと比べるとだいぶ厚みがあるので、下から打つ分にはプレッシャーはある程度かかりそうですね。

BALDO CORSAブラッシーは調整可能

CORSAブラッシーはネックが調整式になりました。これ以前のバルドブラッシーは接着式です。

BALDO CORSAブラッシーの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:BALDO CORSA ブラッシー
  • シャフト:三菱ケミカル TENSEI 1k ホワイト 60
  • フレックス:S
  • ロフト:12°
  • 長さ:44インチ
  • 総重量:約315g

【試打の結論】想像より飛ぶ!ドライバーの代替にできるかも

BALDO CORSAブラッシー計測データ1

結論から言っておくと、弾道・飛距離ともにほとんどドライバーに近いので、ドライバーの代替として機能してくれました

ラウンドテストを重ねましたが、飛距離はドライバーの5%減ぐらいで申し分なく、操作性の良さは比ではありません。

フェアウェイウッドをティーショットによく使うという人にとってはとても実用的なクラブであると感じました。

また、テーラーメイドのミニドライバーと比べても圧倒的にコンパクトで、形状もフェアウェイウッドという事だから、フェアウェイなど地面から打つ分にも、難しさはあるけれど慣れれば結構いけます。

今までのミニドライバーよりも地面から打ちやすい分、このブラッシーの方がセッティングには取り入れやすい。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • 飛距離はドライバーの5%減ぐらいで飛ぶ
  • 中弾道の低スピン
  • 操作性がめちゃくちゃ良い
  • 非力だと上がりにくさを感じるでしょう

【レビュー】BALDO CORSAブラッシーの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

明らかなミスショットを除いた平均データが下記

ヘッドスピード(m/s)44.8
ボールスピード(m/s)64.4
打ち出し角(°)15.8
打ち出し方向(°)2.1(右)
バックスピン量(rpm)2200
サイドスピン量(rpm)-255(フック回転)
高さのピーク(yd)36.3
降下角度(°)41.3
センターからの横ブレ(yd)-3.8(左)
キャリー(yd)249.8
トータルディスタンス(yd)268.7

飛距離【9/10】

ぼく場合、通常のドライバーの飛距離が大体キャリー260ヤードぐらいかなってところなので、そこからすると5%〜4%ぐらい飛距離が落ちます。

平均でキャリー250ヤード近く出ているので、かなり飛んでいると言っていいでしょう。

普通のドライバーの評価軸でいくと7点ぐらいですが、フェアウェイウッドにカテゴライズするなら破格の飛距離性能です。

スピンも2200回転ぐらいで推移しているので低スピン系ドライバー並の強弾道。

上がりやすさ【6/10】

BALDO CORSAブラッシー弾道高さ

当サイトの基準からすると中弾道ぐらい。

上がりやすくはないです。むしろ上がりにくいと言うほうがいいでしょうか。

フェアウェイウッドの方がドライバーよりもヘッドサイズが小さく、構造上どうしても浅重心になることが要因だと思います。

「この方がラインが出せていいよね!」というメリットと捉えることもできますが、高弾道を期待するとあまりよくかもしれません。

捕まり【8/10】

BALDO CORSAブラッシー弾道比較

捕まりはまずまずです。

普通に打てば軽くドローするぐらいでした。

BALDO CORSAブラッシー弾道イメージ

ドローの仕方も安定しており、チーピンのミスなどは気になりません。

打感【7/10】

BALDO CORSAブラッシーの打感

悪くはないですが、バルド特有の柔らかな打感ではありませんでした。

チタン感も薄く、ステンレス系のフェアウェイウッドとあまり変わりない印象。良くもなければ特別悪くもないです。

寛容性(ミスへの強さ)【6/10】

BALDO CORSAブラッシー弾道比較
BALDO CORSAブラッシーのバラつき具合

しっかり打てれば曲がりほとんど出ませんし弾道は揃っていますが、打点がブレたときの飛距離ロスや、フェース下部に当たった時の上がりにくさなどは無視できません

難易度はそこそこ高いクラブです。ドライバーヘッドスピードで45m/sぐらいは欲しいですね。

操作性【9/10】

BALDO CORSAブラッシーの操作性

大きめのフェアウェイウッドとしてみても操作性はばつぐんです。もちろんミニドライバーと考えても素晴らしい操作感。

BALDO CORSAブラッシー下から打った場合

技量はもちろん要求されますが、フェード・ドロー・抑えたショットなど自由自在です。

構えやすさ【8/10】

BALDO CORSAブラッシーのヘッド形状1

癖のないヘッド形状で構えやすいです。

特に違和感のある箇所もなく言うことはないでしょう。

総合評価

飛距離性能が高く、ドライバーの代替として使うことも可能ですし、飛距離の出るフェアウェイウッドとしても優秀

メイン用途としてはやはりティーショットなので、普段フェアウェイウッドでのティーショットをよくする!得意!としている方に最適な選択肢かなと思います。

下手に上がらないので狭いホールのライン出しショットなども打ちやすいです。

ただ、下から打つ分には相当な技量が求められるため、万人が使えるかと言えばそんなことはない。

フェアウェイウッドに少しでも苦手意識があるならやめておきましょう。逆にフェアウェイウッドが得意なら強力な武器になってくれるはず

BALDO CORSAブラッシーをおすすめする人、おすすめしない人

BALDO CORSAブラッシーフェースの厚み2

バルド CORSAブラッシーをおすすめする人、おすすめしない人というのが下記。

おすすめするゴルファーはこんな方

  • ドライバーの代替になるフェアウェイウッドを探している方
  • 普段からティーショットでフェアウェイウッドをよく使う方
  • テーラーのミニドライバーだと下から打ちにくいと感じていた方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • そもそもフェアウェイウッドが苦手
  • 普段ドライバーの弾道が低めな方

BALDO CORSAブラッシーの試打評価まとめ

BALDO CORSAブラッシー

特殊なクラブではあるし一般的ではないけれど、個人的には想定していたよりも飛距離が出てくれましたし、操作性の高さを気に入りました。

不用意に上がらないところも狭いホールで重宝しそうで良い感じ。

ですがメインで使うとなった場合、ネックとなるのは、これを入れた場合のセッティングをどうすればいいか?というところ。

潜在能力は高いけれど組み合わせを検討する余地がありそうです。

合わせて読みたい

関連【試打評価】バルド スカイドライブドライバー|意外と万能だったバカッ飛びドライバー【口コミ】

関連【試打評価】テーラーメイド BRNRミニドライバー|ウェイト調整ギミックを追加したのはマジで正解【口コミ・評判】

関連飛ぶフェアウェイウッドおすすめ人気ランキング【随時更新】

関連【限定ミニドラ】テーラーメイド300ミニ ブラックアウトドライバーが発売開始。特徴&取扱いショップ情報まとめ

関連【試打評価】テーラーメイド300ミニドライバー|並のドライバーを蹴散らす飛距離と最強の操作性【口コミ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事