新製品情報

キャロウェイが2019年版ビッグバーサアイアンとハイブリッドを発表!2019年1月発売予定

キャロウェイ ビッグバーサ2019

どうもまさです

キャロウェイが早くも2019年に発売する新作クラブを発表しました

内容としては「ビッグバーサアイアン」と「ビッグバーサハイブリッド」

今回は2019年モデルである2機種について現状わかっている内容をまとめてみましたのでクラブ選びの参考にしてください

ビッグバーサアイアン2019

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

FIRST LOOK: 2019 @callawaygolf BIG BERTHA Irons . ❓Who are these irons for ❓ @golfspyt hates PVD 😱 ❓T on strong lofts ❓ What the hell is MIM CHECK THIS OUT: link in bio!

MyGolfSpyさん(@mygolfspy)がシェアした投稿 –


まずこちらがビッグバーサアイアン2019の外観。黒色のヘッドに赤い差し色がカッコいい

ややマットな質感にも見えます

仕上げの名称がありスモーキーPVD仕上げというプレミアムルックです

 

360°カップフェース構造

キャロウェイではおなじみの360カップフェース構造が採用されています

フェースの周りにリムを配置して効果的にフェースがたわんでくれるのが特徴で反発力が大きな魅力な構造です

 

サスペンデッドエナジーコア

ビッグバーサアイアン2019サスペンデッドエナジーコア
ビッグバーサアイアンに新たに採用されているサスペンデッドエナジーコアと呼ばれる内部構造になっています

タングステンウェイトをTPU(エラストマー樹脂)で包みこみ、さらにウレタンマイクロスフィアで取り囲んでいます

低重心化によりボールの上がりやすさに加えて、ウレタンマイクロスフィアが余分な振動を軽減してくれるので打感がマイルドになり、さらに薄肉設計の360カップフェースと相まって反発力がアップ!ボール初速を大きく向上させています

ロフト角は特別ストロングロフトではないのですが、非常に飛距離性能が高くミスヒットに強いアイアンに仕上がっているとのこと

スペック

番手ロフト長さライ角バランス(カーボンシャフト)バランス(スチールシャフト)
420°39.12560.50C8D1
523°38.5061.25C8D1
626°37.87562.00C8D1
730°37.2562.50C8D1
834°36.62563.00C8D1
938°36.0063.50C8D1
PW43°35.7564.00C8D1
AW48°35.5064.00C8D1
SW54°35.2564.00C8D1

カーボンシャフトにはUSTマミヤのリコイルESXかZT9を採用

スチールシャフトにはKBS Max90となっています

 

発売日

2019年1月18日発売予定

スチールシャフトで1200ドル、カーボンは1300ドル

こちらはUSモデルの情報で国内モデルは現状未定です

 

USモデル専門ショップ「フェアウェイゴルフ」にて取扱い開始

US専門ショップのフェアウェイゴルフにてビッグバーサアイアン2019の取扱いが開始!

 

 

ビッグバーサハイブリッド2019

こちらが新しいビッグバーサハイブリッド

アイアンと同様に黒色ベースに赤いラインが入っています。調整機能を搭載したハイブリッドクラブ

 

ジェイルブレイクテクノロジー搭載

初代EPICドライバーで初めて搭載されたジェイルブレイクテクノロジー(ヘッド内部の2本の柱)をビッグバーサにも採用されています

ヘッドの剛性を上げて、ボール初速を上げるという機能が1番の特徴ですが、ハイブリッドでも高初速の大きな飛距離性能が魅力の一本になりそうです

 

455薄肉カーペンタースチールフェース

反発力高い薄肉のカーペンタースチールフェースを採用。前述のジェイルブレイクテクノロジーと相まってボール初速が大幅に向上しているとのこと

 

ホーゼルの軽量化に成功よるさらなる低重心化

調整機能付きのホーゼルは重量が重くなりやすく、高重心になりやすいデメリットがあります

そこでビッグバーサハイブリッドでは12グラムの軽量化に成功して、余剰重量を最適な位置に配分することができました

より低重心になり高弾道ショットが楽に打てるようになっています

 

スペック

番手ロフト長さライ角バランス
3H18°40.5059.00D1
4H21°40.0059.50D1
5H24°39.5060.00D1
6H27°39.0060.50D1
7H30°38.5061.00D1
8H33°38.0061.50D1

33°のハイブリッドがあるのはかなり嬉しい

これぐらいのハイロフトのハイブリッドは需要が結構あるはず

シャフトはUSTマミヤのリコイルESXかZT9が標準装着になる模様です

発売日

2019年1月18日発売予定

価格は269.99ドル

USモデル専門ショップ「フェアウェイゴルフ」にて取扱い開始

US専門ショップのフェアウェイゴルフにてビッグバーサ ハイブリッド2019の取扱いが開始!

 

 

まとめ

2019年モデルのビッグバーサシリーズの最新情報でした

国内メーカーと違い、極端にロフトを立てずにいかにボールスピードをあげるかというところにこだわりを感じるクラブです

仕上げもブラックでカッコいいモデルなので発売日が非常に楽しみですね。国内モデルの発売があるようであれば随時更新をしていきます

以上、キャロウェイが2019年版ビッグバーサアイアンとハイブリッドを発表!2019年1月発売予定。という話題でした

 

関連記事
三菱ケミカルMMTアイアンシャフト2 新製品情報

アイアン用カーボンシャフト『三菱ケミカル MMT』が発表!金属メッシュを組み込んだ複合シャフト。発売は2019年8月1日

2019年6月14日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
2019年の全米オープンウィークに三菱ケミカルから新作となるアイアン用カーボンシャフト『三菱ケミカル MMTアイアンシャフト』が発表され …
テーラーメイド ギャッパー 新製品情報

テーラーメイド ギャッパー(GAPR)新型ユーティリティアイアンの性能や特徴と発売日まとめ

2018年7月14日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最終更新日:2019/1/19 どうもまさです またまたテーラーメイドが気になる新作クラブをツアーに投入しました その名も『ギャッ …