MENU
試打&評価

ツアーB 202CBPアイアン試打評価レビュー|捕まり良好な高機能ポケキャビ

ツアーB202 CBP試打評価レビュー

ブリヂストン2020年モデルアイアン3機種の中からポケットキャビティタイプ、ツアーB202CBPの試打を行いました

今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データをもとにどういったアイアンだったのかをレビューしていきます

ツアーB 200MBツアーB 201CBはかなりシンプルなデザインでしたが、ツアーB202 CBPは結構こってりした見た目

TOUR B 202 CBP5

 

ツアーB 202CBPアイアンの試打クラブスペック

試打にはTOUR B 201CBの7番アイアンにNS PRO950neoのSを装着しています

7番でロフト角は30°、ライ角62°、重量は417g、バランスはD2です

ポケキャビ系ではオーソドックスなロフト設定で特別ストロングな感じもないですね

 

ブリヂストン ツアーB 202CBPアイアンの試打計測データ

計測データを見てみると、飛距離的にはロフトなりな感じでまあまあ飛んでいます

予想以上に飛びすぎるわけでもないので、ポケキャビ系に移行したい方とかでもすんなり使える感じの距離感

あとは捕まりが良いのが印象的で普通に打てばドロー系の球筋になっているのがわかります

弾道も比較的高めで安定するのでグリーンにもしっかりと止めていけるでしょう

今回のツアーBのアイアンシリーズの中では一番捕まるモデル

 

ブリヂストン ツアーB 202CBPアイアンの評価

ツアーB 202CBP評価チャート

捕まったドローが打ちやすい高弾道アイアン

今作はCBとMBが結構シビアな感じでしたが、ツアーB 202CBPは見た目どおり優しく打てて万人向けです

まさ
まさ
簡単にドローが打てる

ちょっとこすった感じでも飛距離的には5ヤードぐらいしか落ちないので、許容度は中々高いです

ミスに対して強いので、打点が安定しない方でも安心して使えるでしょう

方向性的には左10ヤード付近に集まる感じの打球。弾道的にはやはり相性が良いのはスライサーです

とまあ優しく打てますが、飛距離的には爆飛びするという感じでもないのは頭に入れておきたいところ

 

▼ポケキャビ系とは思えないシャープな見た目

TOUR B 202 CBP2

アドレス時の見え方はこんな具合

シリーズ中では最もトップブレードが厚いですけど、それでもこのぐらいです

フェース長も短くて、重心距離も割と短めだからヘッドが返りやすくなっています

 

▼ソールはそんなに広くない

TOUR B 202 CBP0

ソールの抜けはすこぶる良いです

 

▼打感はちょい硬

これは構造的にもしょうがないけど打感は弾き感のある打感です

 

ブリヂストン ツアーB 202CBPアイアンの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

TOUR B 202CBP弾道まとめ

見たとおりドロー系の球筋です

大体10ヤードから15ヤードぐらいの曲がり幅

 

▼基本こんな具合のドローでした

 

総評

TOUR B 202 CBP5

今回のツアーBアイアンの中では見た目どおりでもっと簡単に打つことができるアイアンで、捕まりも一番強いモデルです

打点ブレにもそこそこ強く許容度があるけど、大型キャビティアイアンよりは操作性も適度にあるので、初級者から上級者まで幅広く使えるアイアンに仕上がっていると思います

 

 

合わせて読みたい

試打レビューブリヂストン ツアーB 201CBアイアン試打評価レビュー|打感は良いけどちょっと難しい

試打レビューブリヂストンTOUR B 200MBアイアン試打評価レビュー|球筋が揃うクラシカルなマッスルバックアイアン

試打レビューブリヂストン ツアーB Xドライバー試打&評価|低スピンフェードが打てるアスリートモデル

まとめ【2020】 マッスルバックアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

まとめ【2020】中級者向けアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連記事