MENU
用品&計測器

minimi LTレーザー距離計評価レビュー【口コミ】世界最小にベルトクリップ機能がプラス

minimi LT評価レビュー

minimiに関しては「CaddyTalk minimi(ミニミ)評価レビュー|世界最小のレーザー距離計。マジで最高です」という記事でも紹介していますが、クレジットカードほどのサイズ感に驚かされた革新的なレーザー距離計です

そんなminimiの2021年モデルとして登場したのが「minimi LT」です。LTというのはLock&Turnの略で、ベルトに通して使うことができるクリップを新たに搭載しています。これによってポーチを必要とせず、minimiを腰に装着して運用することができるようになりました

minimi-LTベルトクリップ装着②

今回はメーカーよりレビュー用に先行してサンプルを提供してもらったので紹介していきます

結論から言うと、中身の機能面では全く変わっていないけれど新ギミックが意外なほど完成度が高くて使いやすさがアップしています

今からminimiを買うならこちらがおすすめ

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます

Makuakeでクラファン中

minimi LTレーザー距離計の概要

minimiLTテスト

冒頭でも説明したとおり、世界最小を謳い文句にして発売され大ヒットした「レーザー距離計minimi(ミニミ)」の後継モデルです

 

minimiLT前作との比較③上が初代minimi、下が新作のminimi LT

今作も現段階で世界最小なのは変わらずですが、サイズ感はメーカーカタログを見ても前作のminimiと全く同じです

加えて計測に関する機能も前作からの変更点はありません

minimi LTには以下の計測機能が搭載されています

  • 高度な高低差補正機能
  • ジョルト機能
  • ピンファインダー機能
高低差補正(環境要因適用 eスロープ)温度、高度、湿度を加味した距離補正機能
高低差補正(マジックスロープ)通常の高低差補正(高度のみを加味したもの)
ジョルト機能計測完了時に振動する
ピンファインダー機能測定ボタン長押しで最も近いターゲットを捉える機能
まさ
まさ
計測に関するものは全く変わりなしだけど、このサイズ感で環境要因補正機能が付いているのは本当にすごい技術力

ちなみにeスロープというのはブッシュネルのハイエンドモデル「プロXEジョルト」と同じような機能

なにがすごいって、プロXEジョルトとminimi LTではサイズ感が違いすぎること。これだけ小さい筐体で環境要因補正を搭載しているのがヤバい

 

パッケージ内容

minimiLT内容物

パッケージ内容はこんな感じです。充電式なのでUSB-Cの充電ケーブルが付属します

 

minimiLTポーチ①

ポーチは巾着タイプです

 

minimi LTの本体表面がラバー素材で滑りにくいので若干入れづらさはあるものの、ジャストサイズです

 

ワンタッチベルトクリップが新搭載

minimiLTとベルトクリップ

変更点はベルトクリップが搭載されたところで、これがメインの進化ポイントです

まさ
まさ
ベルトクリップをベルトに通して使用します

 

minimiLTクリップ本体側

TURN LOCKの文字が書かれたものが本体に備わっています

 

minimiLT前作との比較左が新作のminimi LT、右は初代minimi

ちなみに前作のminimiと並べるとこんな感じです。ロゴの位置やサイズが変わってはいますが、ベルトロックの機構意外では特に違いはありません

 

先程の本体出っ張り部分にこんな感じでくっつきます

 

minimi LTレーザーの精度検証

中身は変わってないから精度も問題ないだろうとは思いますが、念の為にブッシュネル ツアーV5との計測精度の比較を行いました

高低差補正後の距離を比較しています

minimiは上側の数字が補正された距離、反対にブッシュネルは下側の数字が補正距離です。

この場合お互いに68ヤードです

 

ここもお互いに98ヤード

 

126ヤードと127ヤードで1ヤードのズレ

 

両方とも149ヤード

 

最後ですが、224ヤードで同じです

まさ
まさ
ご覧のとおり、精度は全く問題ありませんでした

当たり前だけど、小さくなるほど技術力が必要になります。本来ならもっと高い価格なのが普通なのかもしれません

 

minimi LTレーザー距離計のココが良い

ベルトクリップの構造が秀逸

minimiLTとベルトクリップ

ベルトクリップの構造は本当によくできていると思います

 

minimi-LTベルトクリップ装着①
まさ
まさ
いや、これは使いにくいやろー。とぼくも当初は思っていましたが、実際に使いはじめて慣れてくると取り外しもしやすくて快適です

 

minimiLTベルトクリップ①

装着方法は簡単で、本体の出っ張りをパチっとハメ込むだけです。つけるとカチッと言います

 

minimiLTベルトクリップ

外す時のギミックが面白くて、横に回すとロックが解除されるという仕組みです。なので簡単に脱落するという心配がありません

まさ
まさ
慣れれば快適

ベルトクリップ実際の装着
ベルトクリップ実際の着脱

 

さらに二重ロックもできます。ベルトクリップ部分を右側に倒すと完全にロックされてminimi LT本体を回転させることができなくなります

まさ
まさ
ここまでやれば落とす心配はないし、これならむしろポーチよりも落とす確率は低いはず

 

謎のリモコンが廃止されて嬉しい

初代minimiでは、充電端子の蓋にあたる部分がリモコンになっていました

このリモコンが計測ボタンの役目を果たしているので、これを押すと本体の計測ボタンを押した時におこる手ブレを軽減してくれるというものです

正直これの使いみちが全くないと思っていました。個人的には謎のリモコンと呼んでいたし、なんなら落として失くしてしまいそうになったこともある

さらにさらに、このリモコンは電池が切れたらバッテリー交換ができなくなってしまって終了らしく、どこまで行っても謎のギミックでした

それが今回は廃止されて普通のキャップになっています。これは普通に嬉しい。リモコンはいらなかったんや!

こっちの方が防水性にも優れているだろうし、蓋を失くしてしまうリスクもないから良い改良だと思います

 

新ギミックを搭載しているのに前作よりもさらに軽量化

minimiLTの重さ

ベルトクリップを搭載しているのに何故か初代minimiよりも軽くなっているというのが謎です(褒めている)

外側の大きさが全然変わっていないのに・・・なんでや!?

前作も十分軽かったのにさらに軽量化していて、すごい技術力であることは間違いない!これで精度は落ちていないんだから色々とおかしい

 

minimi LTレーザー距離計のココが気になる

軽すぎて風に煽られる

minimiLTのサイズ感

minimi LTはその大きさと軽さがウリなのですが、それが地味に弱点になっていたかもしれないのは盲点でした

というのも練習場で精度検証を行っていたときがかなり強風だったんですが、その際に風に煽られて計測がしにくかったです

反対に重量級のブッシュネル ツアーV5はminimi LTほどは煽られなかったので、重さの違いなんだなーと実感した

最近のレーザー距離計はピンファインダー機能が良く出来ているから、慣れてくると片手で計測も可能なんですが、minimiは本体が軽すぎるが故に風が吹いた時には両手じゃないと厳しい

両手で計測する際にはそこまで致命的な問題にはならないでしょう

 

minimi LTレーザー距離計はどんな人におすすめ?

  • とにかく小さくて軽いレーザー距離計が良いという方
  • ポーチだと落としてしまったことがあるし不安という方
  • ラウンド時にはポケットに入れて使いたい方

上記のような方は特におすすめです

minimiLT外観①

小さいは正義というわけでで、やはりこのコンパクトさは素晴らしい。ぼくも結構いろいろな計測器を試していますが、現在でもこのレベルに到達しているレーザー距離計は他にありません

 

そしてポーチではなくてベルトクリップ式なので、ラウンド中に落としてしまうのが心配という方にはこれの方が良いかも。というのも回転させないと取り外しができないので、よほどのことが無い限りは落下しないはず

 

あとは単純にやっぱり小さいので、ポケットに入れてラウンドしたい方にもおすすめです

は?ベルトクリップ付きじゃないなら初代minimiでいいだろ!と思うかもしれませんが、別に無理に使う必要もないのでポケットにいれて使うのもありでしょう。しかも充電端子のところが蓋になっているminimi LTの方がパーツを失くしてしまうデメリットがないのでおすすめ

 

minimi LTレーザー距離計のまとめ

minimiLTテスト

世界最小サイズをキープしながらも新ギミックであるベルトクリップを搭載してさらに使いやすくなりました。しかも驚きなのが新構造を採用しているのにさらに軽くなっていたこと

計測部分にあたる中身のところは何も変わっていないと思うんですが、これからminimiを買おうかなと思っている人はLTを選択するのがおすすめです

あと地味に手ブレを軽減するとかいう謎のリモコンを無くしてくれたのは嬉しい

大きさを重視する人なら間違いなく満足することができるサイズ感で、計測に関しても高機能でおすすめなレーザー距離計です

まさ
まさ
中身も進化してたら☆5点でした

発売は2021年9月1日です

おすすめ度

Makuakeでクラファン中

合わせて読みたい

関連ゴルフ用レーザー距離計おすすめ人気ランキング|口コミ&評判と選び方

関連ゴルフナビおすすめ人気ランキング|時計型タイプを徹底紹介【比較・口コミ】

関連CaddyTalk minimi(ミニミ)評価レビュー|世界最小のレーザー距離計。マジで最高です

関連「ゴルフバディaim L11」レーザー距離計評価レビュー【口コミ】前作から使用感が格段に向上

関連記事