MENU
試打&評価

【キャロウェイAPEX・PRO2021ユーティリティ】試打評価レビュー|最強発見!2種類の新作ユーティリティを比較

キャロウェイAPEX2021・PROユーティリティ試打評価レビュー

キャロウェイ「APEX2021シリーズ」ユーティリティの試打計測を行いました。「APEX」「APEX PRO」2種類同時にいきます

今回は弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データを元にレビューしていきます

今作のAPEXシリーズのユーティリティは2種類。「APEX」と「APEX PRO」です

今作で共通しているのは、FLASHフェースSS21と、2本の柱じゃなくて「ブレード」

EPIC2021ドライバーはフレームだけど、ブレードでたわみを最適化しているらしい

キャロウェイAPEXユーティリティ21AIブレード

あとは、APEXユーティリティはシャフトの脱着や、ロフト角や、フェースアングルの調整機能があって、これはシンプルに嬉しい。対してAPEX PROユーティリティは、ネック部分をスッキリさせるために、あえて調角機能は排除して、接着タイプにしています

という事で前置きはさておき、実際に打ってみてどうだったのか、というのが下記

APEXユーティリティを試打しての感想

シンプルに上がって飛ぶ。ちょうど良い捕まり具合、ミスへの強さ、打感などのフィーリング面も最高。とにかく完成度の高いユーティリティとしてめちゃくちゃおすすめ。シャフトの脱着が容易に行える点も嬉しい

APEX PROユーティリティを試打しての感想

見た目がコンパクトだから、威圧感は正直ある。ただ実際に打ってみると捕まりも良好だし、打球も上がりやすい。ただ、APEXユーティリティよりは挙動が不安定。少しシビア

まさ
まさ
APEXユーティリティはマジで最高です。名器になる予感がするほど優れたユーティリティでした

それでは試打計測データと共に詳しく見ていきましょう

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

APEX・PRO2021ユーティリティの試打クラブスペック

▼シャフトはAPEXユーティリティは「Diamana 55 for Callaway」、APEX PROユーティリティは「Fujikura MC 80 for Callaway」。両方ともにSフレックスを装着

総重量はAPEXユーティリティが343g、APEX PROユーティリティが374g

振動数はご覧のとおり

ロフト角は下記

  • APEXユーティリティ→21°(#4)
  • APEX PROユーリティ→23°(#4)

APEX・PRO2021ユーティリティの試打計測データ

APEXユーティリティ

キャロウェイAPEXユーティリティ21計測データ

APEX PROユーティリティ

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21計測データ

▼それぞれ、4球の平均値ををまとめた表になります

 APEXAPEX PRO
ヘッドスピード(m/s)42.342.2
ボールスピード(m/s)60.859.2
打ち出し角(°)14.818.6
打ち出し方向(°)1.02.2
バックスピン(rpm)4099.04615.1
サイドスピン(rpm)-219.9-220.0
センターからのブレ(yd)-2.4-1.1
キャリー(yd)207.7195.5
総距離(yd)221.7207.9

APEXユーティリティの飛距離に関しては、キャリー207ヤードという事なんで、申し分なしです。飛びます

対してAPEX PROユーティリティはというと、同じ4番だけど、ロフト角が23°。寝ている方なので、飛距離的には少し物足りない感じになりました。飛びに関してはロフトなりという感じで、特別飛ぶこともないし、飛ばないこともないといった感じ

ただ、打ち出し角はロフト角の差もあるのか、APEX PROユーティリティの方が明らかに高いです。6番アイアンとか、それぐらいの打ち出しの高さが出ています

APEXユーティリティも14.8°なんで、これも高弾道系。比較対象が上がりすぎているけど、決して低いわけではないです

そしてスピン量は、お互い十分かかっています。問題なくグリーンで止められるバックスピン

あとは、曲がりですね。これも両機種ともに適度なドロー系の打球。捕まりは良好。打ち出しが右に出ているので、センターからのブレは非常に小さいです

安定性でいえば、APEXユーティリティは、左右ブレがほとんどなくて驚異的です。最強

APEX・PRO2021ユーティリティの評価

APEXユーティリティ21

▼まずはAPEXユーティリティ21から5項目の評価を付けさせてもらったのが下記

キャロウェイAPEXユーティリティ21評価チャート

ドライバーに続いて、アイアンにも明確な飛距離の目安を設けたので、ユーティリティも設定します。それが下記(#4の場合)

  • 平均キャリー:210ヤード以上
  • 平均キャリー:200ヤード〜209ヤード
  • 平均キャリー:190ヤード〜199ヤード

といった具合なんで、APEXユーティリティは飛びに関しては4点

 

飛距離に関しては水準以上で、平均キャリー207ヤード。飛ぶユーティリティであることは間違いないです。とにかく弾きが良くて、初速も60m/s超えって事で十分でしょう

加えて打球も上がりやすくて、無理せず高弾道が打てる点も高評価ポイントです。バックスピン量も4000rpmかかっているので、グリーンにも問題なく止められるレベル

APEXユーティリティはそこそこ大きめのヘッドで、打点ブレにも強いタイプだったんですが、方向性の良さにも結びついているのも素晴らしい

AIブレードの効果?なのかはわからないけど、結果には結びついているから、やはり効果が出ているのかもしれません

センターラインからほとんどズレない安定性の高さ

apexユーティリティ弾道5

200ヤードをこの精度で狙えるのは強すぎる。打ち出し方向、サイドスピンともに言うことなし

これもほぼセンター

キャロウェイAPEXユーティリティ21弾道④

とにかく安定する

キャロウェイAPEXユーティリティ21弾道②

今回一番曲がったのでこれですが、まったく問題なし

キャロウェイAPEXユーティリティ21弾道③

ヘッドとしてのミスへの強さ、挙動の安定性は最高クラスです。素晴らしい。適度な捕まりで、今回出ていた打球の傾向としては軽めのドロー系。ただ、決して捕まりすぎるわけでもありません。純正シャフトでもこれだから、左へのミスもそこまで警戒する必要性は感じませんでした

繰り返しになるけど、純正の軽量シャフトでもこれだけ安定するんで、さらに調整したら最強のユーティリティになるんじゃないかと思います

一応弱点を探したところ。ありません。残念ながら打感も素晴らしく、フィーリング面でもスキがありません

弾き感が適度にあって、飛んでくれているなと感じられるし、気持ちよくて個人的にかなり好きです

強いていうなら、ユーティリティで飛び過ぎを嫌がる方が気になるかも、という弾く系の打感。まあそれはごく少数だと思います

APEX PROユーティリティ21

APEX PROユーティリティ評価チャート

ロフト角が#4としては23°と寝ている方っていうのもありますが、飛距離的にはまあ普通です。APEX PROユーティリティは特別飛ぶユーティリティではなかったですけど、打ち出し角は驚異的で、非常に高弾道なユーティリティという印象が強く残りました(平均打ち出し18°)

PROっていうから、強弾道系をイメージしてたけど、思いのほかボールが浮いてくれてめちゃくちゃ楽でした

イメージ的には6番アイアンとかそれぐらいの打ち出し。でも距離的には200ヤード弱、意外に楽にキャリーが出てくれます

ただ、ヘッドの挙動の安定度ではAPEXユーティリティの方が高いです。操作性のつながるとは思うけど、若干シビアさも感じます

まあこの手の小ぶりなユーティリティの中では比較的簡単。安定性に関してもAPEXユーティリティが良すぎるので、どうしても比べてしまいますが、PROも安定はしているほう

この打球は最高。ほとんどストレート

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21弾道②

高さもスピンも申し分なし。最高の打球と言って良いでしょう

基本的にはドロー系。これはそんなに悪くないです

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21弾道④

▼右に大きく打ち出した打球。ドローして戻ってきたからまだ良い

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21弾道①

逆に左方向へ出た打球。サイドスピンは少ないので、それほど左には行かなかったです

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21弾道③

APEXユーティリティと一緒で基本的にはドロー系。PROの方がヘッドターンがしやすくてドローは少し強いような印象もあります

全体的にまとまってはいるし、弾道も高くて、グリーンを狙うユーティリティとしては優秀です。操作したいって方はこっちの方がヘッドが機敏に反応するから気にいるはずです

APEX・PRO2021ユーティリティの弾道イメージまとめ

APEXユーティリティの弾道イメージ

キャロウェイAPEXユーティリティ21弾道まとめ

APEX PROユーティリティの弾道イメージ

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21弾道まとめ

APEX・PRO2021ユーティリティのヘッド形状

APEXユーティリティ21アイアン

キャロウェイAPEXユーティリティ21ヘッド形状
キャロウェイAPEXユーティリティ21サイド
キャロウェイAPEXユーティリティ21フェース面

APEX PROユーティリティ

キャロウェイAPEX PROユーティリティ21ヘッド形状
キャロウェイAPEX PROユーティリティ21サイド
キャロウェイAPEX PROユーティリティ21フェース面

総評

キャロウェイAPEXユーティリティ21試打クラブAPEXユーティリティ

今回は2021APEXシリーズユーティリティの紹介でした

APEXユーティリティは本当に最高です。現状では最も優れたハイブリッド系クラブかなと感じているんですけど、とにかく安定します

曲がらずに200ヤード先を狙えるのは強みでしかないので、とにかく強いですね。さらに調整機能やフィーリング面も良いから、本当に弱点らしい弱点が見当たりません。シンプルにおすすめです

対してAPEX PROユーティリティはというと、弾道を操りたい方には良いと思います。ただAPEXに比べて少しシビア。悪くはないけど、最高か?と聞かれるとそんな事もないですね。言い方を変えると、結構普通

ぼくのおすすめはやはりAPEXユーティリティです

APEXユーティリティ21おすすめ度:

APEX PROユーティリティ21おすすめ度:

APEX・PRO2021ユーティリティ最安値ショップ情報

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありですし、現状では速く入手することもできます

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップです。今年はコブラRADSPEEDドライバーを注文中

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

合わせて読みたい

関連【2021】ユーティリティおすすめ人気ランキングTOP20|飛距離抜群で優しく打てるモデルを厳選紹介

関連【キャロウェイAPEX2021・PRO・DCBアイアン】試打評価レビュー|3本の新作アイアンを比較

関連【キャロウェイEPIC SPEEDドライバー】試打評価レビュー|初速ガチ速なのに安定性もピカイチ。最強候補

関連【キャロウェイEPIC MAX LSドライバー】試打評価レビュー|左に行かない激飛びドライバー

関連【キャロウェイEPIC MAXドライバー】試打評価レビュー|最高峰の安定性と高い飛距離性能

関連記事