クラブ新作情報

キャロウェイMAVRIK・MAVRIKサブゼロドライバー&FWがUSGA適合リストに掲載|画像から気になる特徴に迫る

キャロウェイmavrikドライバーの特徴
まさ
まさ
どうもまさです

ついにキャロウェイ2020年モデルのUSGA適合リストに掲載されました

シリーズ名は「MAVRIK」というモデルらしいのですが、読み方がわからないですし和訳しても意味はないので、何か意味のある文体のイニシャルから取ってきているのでしょう

マーブリックかマブリクかなとは予想しているのですが果たしてどうでしょうか。ちなみに「MIRV(マーブ)」という弾道ミサイルがあるのですが、これは考え過ぎか・・・(笑)

実はMAVRIKというネーミングに関しては10月頃に情報が出ていたのですが、まさかこれが本当にモデル名になるとは思っていませんでした

Maberickだと一匹狼なのですが、いったいどうなのでしょうか・・・

そして今回ひとまずリスト掲載されたので、今後ツアープロがテストを開始するのでどんどん露出が増えてくるとは思います

まだまだ情報が全く公開されていない状況ではありますが、USGA適合リストの画像から「MAVRIK」がどういったモデルなのかを考察していきたいと思います

キャロウェイ MAVRIKの外観

MAVRIKドライバー

mavrikドライバーmavrikドライバー

 

見た目にはそれほどEPICやRogueとの違いは感じづらいところですが、外観に記載されている文字からすると、EPIC FLASHから引き継がれている機能は多いです

ドライバー2機種ラインナップがあるのですが共通している箇所があります。まずはここ最近のキャロウェイではおなじみになった「ジェイルブレイクテクノロジー」。フェース裏の2本の柱によってヘッドの剛性を高めて初速向上に貢献する機能

またフェースにはAIが開発した「フラッシュフェース」が採用されています

USGA適合リストにはフラッシュフェースSS20という記載がありましたが、SS20というところが前作との違いになってきそうです。素材なのか、製法なのか気になる部分です

ちなみにSS20は炭素化合物のようなので、フェース内に樹脂のようなものを内蔵しているのかもしれません

まさ
まさ
この画像だけではわからない新技術が盛り込まれているのに期待したいところ

ロフト設定は9°と10.5°のラインナップ

ちなみに適合リストにはレフティモデルの掲載もありました

あくまでも噂ですが、カラーリングにはオレンジが使用されるという情報があります

 

mavriksubzeromavrikサブゼロ

こちらは最近ではお馴染みである、2機種の内の浅重心モデルである「MAVRIKサブゼロ」

見た目的にもEPIC FLASHやRogueとほぼ同じようなウェイトのポジションです

ヘッド形状的にもややディープな印象で、小ぶりに見えるところは従来のサブゼロ同様

ロフト設定はこちらも9°と10.5°となっています

MAVRIKフェアウェイウッド

mavrikフェアウェイウッドmavrikフェアウェイウッド

MAVRIKフェアウェイウッドですが、これにもジェイルブレイクテクノロジーは搭載済み

ソールだけみれば大きく変更されている点はなさそうなのですが、ドライバー同様にAIが開発したフェースのような衝撃があれば嬉しいところです

また、調整機能に関してはドライバー同様にスライド式のウェイトギミックはありませんし、ホーゼルも完全に接着されるタイプです

この点に関していえば、シャフトを色々試したゴルファーには少々残念なポイントかもしれませんが、接着式にもしっかりとしたメリットがあります

カチャカチャ式だとネック部分に、どうしても重量がかかってくるのでクラブ設計の自由度に制約を受けてしまいます

それが接着式だと、その分の余剰重量が生まれるので、より自由度の高い重心調整が可能になります

メリット・デメリットはありますが、Mavrikフェアウェイウッドに関しては、カスタマイズ性よりも、打ちやすさや寛容性をより重視しているのではないかと考えられます

 

mavrikfwサブゼロフェアウェイウッドmavrikfwサブゼロフェアウェイウッド

サブゼロはドライバー同様に浅重心設計の低スピン仕様

 

ウェイトギミックが無いのでRogueの後継機種か?

初代のGBB EPICやEPIC FLASHのようなウェイトギミックが搭載されていないところを見ると、Rogueの後継機種的な扱いなのかなと個人的には考えています

ただモデル名が大きく変更されているので、全く新しいシリーズですいって発売してきそうな気もします

RogueはEPICの後継機種ではありません、といっていたのが懐かしい・・・

ウェイトのギミックで調整したりするのが個人的に好きなタイプなので、ここは少し残念な部分ですが、何かしら意図があるのかもしれませんね

もしRogueの後継なら、心配なのはノーマルのMAVRIKドライバーのヘッド形状かなと思います。というのもRogueドライバーのヘッド形状はお世辞にも良いとはいえず、正直いびつな形状をしていてかなり構えづらかったので、そこが改善されていると願いたいところです

 

ホーゼルは前作と同じようなので互換性がありそう

USGA適合リストの情報によると、MAVRICに使われているホーゼルも、前作EPICやRogueで使われているものと同じタイプのようなのでシャフトスリーブの互換性はありそうです

カチャカチャ式が全盛の今だから、新作が発売されるたびにスリーブの互換性の心配が尽きないのですが、どうやら大丈夫そうな気がします

これはキャロウェイユーザーからすると嬉しいポイントではないでしょうか

まさ
まさ
調整機能なしのstarのようなモデルはまだリストに載っていませんでした

 

まとめ

キャロウェイの2020年モデル「MAVRIK」の紹介でした

正直まだUSGA適合リストに掲載されたばかりなので正直まだだま情報が乏しいところ

今後さらに露出が増えてくるでしょうが、新たな情報を入手次第、随時内容を更新していきます

以上、キャロウェイMAVRIK・MAVRIKサブゼロドライバー&FWがUSGA適合リストに掲載|画像から気になる特徴に迫る

関連EPIC FLASHサブゼロドライバー試打&評価|飛びや方向性を徹底解説

関連エピックフラッシュドライバー試打&評価|松山英樹使用モデルの実力はいかに!?

関連記事
クラブ新作情報

キャロウェイ エピックフラッシュハイブリッドを発表したので特徴をまとめてみた|発売日は2019年8月2日

2019年7月16日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
キャロウェイから人気のEPIC FLASHシリーズに新たなラインナップとして『エピックフラッシュハイブリッド』が発表されました 発売は …
スコッティキャメロンH-19ブラックリミテッドの特徴と取扱店情報 クラブ新作情報

スコッティキャメロン「H-19ブラックリミテッド」が限定発売!漆黒のボディでプレミアム感満載のパター

2019年12月7日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
2019年もスコッティ・キャメロンの限定モデルがついにリリースされました モデル名は「スコッティキャメロン H-19ブラックリミテッド …
キャロウェイ EPIC FORGEDアイアン 発売決定 クラブ新作情報

キャロウェイEPIC FORGEDアイアン2019の発売が決定|最高級の素材と技術で作られたプレミアムモデル

2019年7月17日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです キャロウェイから2019年モデルとなる最新アイアン『EPIC FORGEDアイアン』が発表されました 発売日は2019年 …