PR

新製品情報

キャロウェイ2023年モデルは「パラダイム」ペリメーターウェイトも復活し3モデル展開

キャロウェイ パラダイム最新情報

2022年もそろそろ終わるというタイミングで、年明けに登場するだろうというキャロウェイの2023年モデルの情報が入ってきました。

2023年モデルはEPICでもROGUEでもなく「パラダイム」です。海外ではすでに発表されていますが、日本国内は1月13日に製品発表。2023年2月24日発売です。

キャロウェイ パラダイムドライバー

パラダイムの主な特徴は下記

  • 業界初の360°カーボンシャーシ
  • 新しいジェイルブレイクAI
  • 新しいAI設計のフェース
  • 鍛造カップフェース

パラダイム トリプルダイヤモンドは「エクスクルーシブモデル」となるため、ネット購入できるのはUSモデルのみです。

まさ
まさ
一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりもUSモデルが安い場合もあるため、フェアウェイゴルフでUSモデルの価格も随時チェックしておくのがおすすめです。

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

関連【2023年モデル】テーラーメイド ステルス2 ドライバーが公開。カーボンウッドの進化系か。

関連【最新情報】キャロウェイ 2+ Tour ミニドライバーがUSGA適合リストに掲載

キャロウェイ2023年モデルはPARADYM(パラダイム)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

まさ
まさ
2023年の新作は、PARADYMと呼ばれるモデル名

そもそもPARADYMという名称自体は2022年3月以前から商標登録がされていたので、次期モデルではないかと噂されていたものです。

2022年中、rob.c.slade氏のインスタグラムアカウントに投稿されたのが最初で、2023年モデルのキャロウェイカタログの写真がアップされました。その段階で新作はPARADYM(パラダイム)であることがほぼ確定。

その後、allgolfequipmentのインスタグラムアカウントに実物写真が掲載され今に至ります。

PARADYM(パラダイム)というモデル名の由来は「パラダイムシフト」からきているとのこと、シリーズを通してクラウンは濃いネイビーカラーで艶ありの塗装です。

ラインナップはドライバーが3モデル、フェアウェイウッド3モデル、ユーティリティ2モデル、アイアン2モデルと見られています。

ただし、ドライバーはトリプルダイヤモンドと呼ばれるプロトモデルが用意されているので、3モデル以上のラインナップになることも予想されている。

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

スポンサーリンク

パラダイムドライバーに搭載された新テクノロジー

冒頭でも触れたように、パラダイムドライバーで新たに採用されたテクノロジーは主に4つあります。

業界初の360°カーボンシャーシ

キャロウェイは「飛距離を最大化するための前例のない重量配分」を達成するため、トライアキシャルカーボンクラウンに加え、フォージドカーボンソールを組み合わせました。

このシャーシは、チタンやアルミニウムの補強材がなく、100%カーボン複合材で結合されています。これはチタンシャーシよりも約45%軽量であり、余剰重量をクラブヘッドの前方(ボールスピードの促進)、および後方(慣性モーメントアップ)に再配置しています。

重量を前方と後方に極端に配置することで、ボールスピードと安定性の両立を図ったということです。

新しいジェイルブレイクAI

エピックシリーズから受け継がれているジェイルブレイクテクノロジーの最新版は33%の軽量で、安定性とボールスピードがアップしています。ジェイルブレイクAIはボディ剛性を高めつつフェースの柔軟性を高め、ボールスピードが上がるように設計されています。

 

新しいAI設計のフェース

AI設計された新フェースは、ボールスピードアップと、打ち出し角の強化、ダウンレンジの分散に最適化されています。より打点ブレにも強くなり安定したショットが可能です。

 

鍛造カップフェース

キャロウェイ初のフェースカップテクノロジーを搭載し、チタンフェースと組み合わせることでエネルギー伝達をさらに高めました。

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

キャロウェイ パラダイムドライバーが適合リストに掲載

 PARADYMPARADYM XPARADYMトリプルダイヤモンド
ロフト9°、10.5°、12°9°、10.5°、12°8°、9°、10.5°
ヘッド体積460cc460cc450cc
APW
※APW→アジャスタブル ペリメーターウェイティング:キャロウェイ独自のスライド式ウェイト調整システム。

ドライバーはまず3モデルが初期展開される模様で、ローグSTの時と同じバリエーションになりそう。

まずPARADYMはローグSTよりもMOI値飛距離性能が大きく、さらにこの中では唯一のスライド式のウェイト調整システムが搭載されています。ローグSTではスライド式ウェイトが非搭載だったので復活する形です。

メーカーはPARADYMのターゲットユーザーはローグST MAXMAX LSを使用していた方としているようです。

そして、PARADYM Xはドローバイアス設計のいわゆるDタイプ。トリプルダイヤモンドは450ccの小ぶりヘッドで、フェース寄りにウェイトが配置されるロースピンタイプのヘッドでした。

フェアウェイウッドもドライバーと同じパターンで3モデルが用意されています。

パラダイム トリプルダイヤモンドの国内モデルはセレクトフィットストア限定

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

スポンサーリンク

キャロウェイ パラダイム試打動画

海外ではすでに先行レビュー動画がアップされはじめています。

 

 

パラダイムアイアンの動画もアップされています。

 

スポンサーリンク

キャロウェイ パラダイムシリーズの発売予定日

パラダイムシリーズは2023年2月24日に発売。一部スペックは3月を予定しています。

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

テーラーメイド ステルス2シリーズUSモデルが予約開始

現在、キャロウェイ パラダイムシリーズのUSモデル予約を開始しています。一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルも随時チェックしておくのがおすすめです。

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん。

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、最近だとコブラLTDxドライバーやテーラーメイド ステルスなど多数購入している間違いのないショップです。

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なのでUSモデルを購入する際の安心感があり、おすすめです。

フェアウェイゴルフ公式サイト

パラダイム トリプルダイヤモンドは「エクスクルーシブモデル」となるため、ネット購入できるのはUSモデルのみです。

まさ
まさ
一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりもUSモデルが安い場合もあるため、フェアウェイゴルフでUSモデルの価格も随時チェックしておくのがおすすめです。

予約が開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

キャロウェイ パラダイムシリーズのまとめ

キャロウェイの2023年モデルはPARADYMシリーズ。ローグSTシリーズも非常に完成度が高かっただけに大いに期待したいところです。

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連【2023年モデル】テーラーメイドがP7MC・P7CM・P770の最新アイアンを公開。

関連【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー|中弾道低スピンの強弾道【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX LSドライバー|叩ける!吹けない!ゴリゴリのパワーヒッター向け【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX Dドライバー|安定ドロー製造機【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXドライバー|最高の打感と安定性【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXアイアン|超簡単で結果に繋がるクラブ【口コミ・評判】

関連コブラ2023年モデル「エアロジェットドライバー」がついに登場。最高のスピードと安定性を追求

関連タイトリスト「TSR2・TSR3ユーティリティ」を発表。2023年2月23日発売予定

関連ミズノ、2023年モデル ST230ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティを発表|2023年2月23日発売

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事