試打&評価

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー|中弾道低スピンの強弾道【口コミ・評判】

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー16

キャロウェイ「ローグST トリプルダイヤモンドLSドライバー」を購入しましたので、さっそく試打計測を行いました(GCクアッドを使用)。いつもどおりフェアウェイゴルフにて買いました

ローグSTは国内モデルが4機種ありますが、未発売のモデルが存在します。それが今回のトリプルダイヤモンドLSです。キャロウェイのダイヤモンドシリーズはプロ支給のプロトタイプにあたるのものですが、今作は発表段階からUSモデルのみラインナップに組み込まれていました

従来のローグSTドライバーとはヘッド体積が異なり、トリプルダイヤモンドLSは450ccの小ぶりサイズです

関連キャロウェイ「ローグST トリプルダイヤモンドLSドライバー」おすすめショップ情報まとめ

キャロウェイの支給品モデルは国内でも限定発売されるケースが最近は定番化しているので、国内モデルもそのうち発売されると思います

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー6

それでは詳しいデータを見ながらキャロウェイ ローグST トリプルダイヤモンドLSドライバーについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:ローグST トリプルダイヤモンドLS
  • ロフト角:9°
  • シャフト:TENSEI AV ホワイト 65
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad

弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

▼440ccのトリプルダイヤモンドSも発売開始

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー試打計測データ

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー

平均データ

ヘッドスピード(m/s)46.5
ボールスピード(m/s)67
打ち出し角度(°)16.6
打ち出し方向(°)0.3(右)
バックスピン(rpm)2050
サイドスピン(rpm)-26(左)
ピーク時の高さ(yd)40.6
降下角度(°)41,7
センターからのブレ(yd)0
キャリー(yd) 268.2
総距離(yd) 286.8

以上が計測データです

キャリー268.2ヤード、トータル286.8ヤード

キャリーが270ヤードに迫っていることからも飛ぶドライバーであることは間違いありません。ですが、飛距離性能としては従来のローグSTドライバーシリーズと大きく異るということはありませんでした。まあ基本性能が優秀ということで納得しておきます

バックスピン量は2000回転がボリュームゾーンで、低スピンなドライバーに属します。ここも従来のローグSTシリーズと同様で大きな変化はありませんでした。LSなので極端に低スピン化するかなと思っていましたが、適正範囲内での低スピン性能です

中弾道で非常に伸びるボールが打てるのでかなり気持ちが良いです

  • キャリー270ヤード弱。飛ぶドライバーです
  • バックスピンは2000回転前後を推移
  • 中弾道低スピンでぐんぐん伸びる

弾道イメージはこちら

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー1

球筋はニュートラルなものでした。ドローもフェードも両方打てるタイプだと捉えるか、どちらも出てしまうので不安定だと捉えるかは求める性能によって異なるでしょう

そんな中、サイドスピン量が極端に多くかかることもなく、ドローでもフェードでもおとなしい球筋でした。個人的には操りやすい丁度いいバランスです

ドローかフェード、どちら寄りなのか?と問われるとフェード寄りな特性に感じます。重心角がそれほど大きくないのが影響しています

弾道を重ねたイメージ

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー2

弾道を重ねてみたものがこちらです

ドローもフェードも2発ずつ出ているため円は広がっていますが、高低はしっかりと揃っています。キャリーの差があまり出ないことにも影響していると言えるでしょう

高さは中弾道です。普段の高さが出づらいと感じている方であれば10.5°を選択するのが良いと思います

 

キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバーは操作性が抜群

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー3

ドローもフェード、どちらも打ちやすいです。ここはブレやすいと感じる方もいるでしょうが、裏を返すと球筋を打ち分けやすいタイプとも考えられます。よく言う操作性が良いドライバーというやつです。大きくは曲がらないので、操作しやすいというメリットの方が勝っているとぼくは感じていますね

そもそもプロ支給を目的に作成されているダイヤモンドシリーズなので、そう考える方が自然

というわけですので、弾道をコントロールしたいと考えている中級者以上のゴルファーの方には嬉しい性能。反対に打点がブレがちな方には正直あまりおすすめはしにくいです。素直にローグST MAXローグST MAX Dを選択するのが良いです

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー4

フェードも打ちやすいローグSTトリプルダイヤモンドLSですが、フェード系のボールでもスピン量が増えないのがメリットとなります。非常に強弾道でパワーフェードをオートマチックに打つことが可能

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー5

フェードでも中々の低スピンだったので、ドローになるとめちゃくちゃバックスピンが減ってしまうのではないか?という不安がありましたが、こちらも2000回転前後となっています。ドローでもフェードでも大きな変化は見られないため、どちらの球筋でも使うことはできます

ドローしてもフック回転は決して多くないため、チーピンが出るような不安は感じませんでした

というわけでしたが、球筋が変わってもキャリーの差がほとんど出ないのがメリットと言えるでしょう。このあたりはミスに強いローグSTの強みは生かされていると感じます

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバーのヘッドについて

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー6

ローグSTシリーズと同じデザインでブラックにゴールドカラーです

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー7

ソールのヒール寄りの部分にダイヤモンドマークが記載されています

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー10

クラウンもつや消し仕様で同じ。大きく違うのはヘッド形状です

洋梨形状で全く癖のないカタチをしています。まあカッコいいですね

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー12

アドレス時の見え方がこちら。カチャカチャはニュートラルポジションです。座りもよくて真っ直ぐ向きます。というかむしろオープンぐらいの雰囲気もあります

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー11

ソール後方にはタングステンカートリッジが搭載

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー9

横からがこんな感じです。クラウンに膨らみがありボリュームがあります

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー8ややディープなフェース

 

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー13

そして打感ですが、ここはもう最高になります。打球音が低めに抑えられているため柔らかく吸うつくフィーリングです

打感にこだわる方の多くが納得できる仕上がりです

 

キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバーの総合評価

【試打評価】キャロウェイ ローグSTトリプルダイヤモンドLS ドライバー15

見た目や打感、そして弾道を操れる操作性と、上級者が好みそうな要素はほぼ満たしているというドライバーです。個人的にはとても評価が高いですし、球筋が変わっても飛距離に変化が出ないあたりが気に入りました。ロマンだけではなくて実用性も十分です。難易度はそれほど高くないので中級者以上な問題なく使えるでしょう

球筋を操りたい方や、小ぶりなヘッドサイズが好みならバッチリはまる良作ドライバー

おすすめ度

  • 中弾道低スピンで糸を引くような球筋
  • 色々な弾道を打ち分けしやすい
  • ソフトで吸い付く打感

 

ローグST トリプルダイヤモンドLSのおすすめ取扱ショップ情報

フェアウェイゴルフの荷物2 2ぼくが実際にフェアウェイゴルフで購入したクラブの一例

ローグST トリプルダイヤモンドLSは現在USモデルのみの展開

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラLTDxやテーラーメイド ステルスなど多数購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい
関連最高に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に解説付きで紹介

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXドライバー|最高の打感と安定性【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX Dドライバー|安定ドロー製造機【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX LSドライバー|叩ける!吹けない!ゴリゴリのパワーヒッター向け【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST PROアイアン|特別飛ぶわけではけど曲がらない超安定クラブ【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXアイアン|超簡単で結果に繋がるクラブ【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXフェアウェイウッド|高い安定性と飛びを兼ね備えた名作【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXユーティリティ|これはドローバイアスなの?【口コミ・評判】

関連【プロト第二弾】ローグST トリプルダイヤモンドS ドライバーが数量限定で発売開始。440ccのツアーリミテッドモデル

関連キャロウェイ、JAWS RAWウェッジ2022を発表。USモデルは2022年7月22日発売

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
スチールファイバーhls試打評価レビュー 試打&評価

【ユーティリティ用】スチールファイバーHls試打評価レビュー|コスパ◎な安定ハイブリッドシャフト【口コミ】

2021年9月11日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最近話題のカーボンシャフト「スチールファイバー」のユーティリティ用シャフト「スチールファイバーHls」を購入したので計測を行ってみました  …
【試打評価】テーラーメイド ステルスアイアン16 試打&評価

【試打評価】テーラーメイド ステルスアイアン|見た目は地味だけど簡単で超安定【口コミ・評判】

2022年1月25日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
今回はテーラーメイド「ステルスアイアン」の試打計測を行いました(GCクアッドを使用) SIM2 MAXアイアンの後継モデルにあたる今作です …
コブラRADSPEED XBドライバー試打評価レビュー 試打&評価

RADSPEED XBドライバー試打評価レビュー|超おすすめ!高打出し適正スピンの理想の弾道【コブラ】

2021年5月14日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
コブラRADSPEEDドライバー(ノーマル)は購入してレビュー記事もアップしています。初速は出ていて低スピンで強い弾道だったけれど打ち出しの …