MENU
試打&評価

キャロウェイ X FORGED CB(2021)アイアン試打評価レビュー|これは良く出来てる

キャロウェイ X FORGED CBアイアン試打評価レビュー

キャロウェイの2020年モデルアイアンであるX FORGED CBアイアンの試打を行いました

今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データをもとにどういったアイアンだったのかをレビューしていきます

打感はマッスルバック並だけど、寛容性はキャビティアイアンという特徴を持ったアイアンで、1ピース鍛造アイアンではなくて複合素材の4ピースアイアンとなっていて非常に興味深いアイアン

初速性能にはあえてこだわらずに、フィーリングや操作性を重視したモデルというコンセプト

4ピース構造というだけあって今までのXフォージドのシンプルなデザインとは異なりハイテク感が漂っています

キャロウェイ X FORGED CBアイアン0000

 

キャロウェイ X FORGED CB(2021)アイアンの試打クラブスペック

試打にはキャロウェイ X FORGED CBアイアンの7番アイアンにダイナミックゴールド120のS200を装着しています

7番でロフト角は34°、ライ角62°、重量は446g、バランスはD2です

ロフト角はノーマルロフトよりもわずかに立っている設定

 

キャロウェイ X FORGED CB(2021)アイアンの試打計測データ

キャロウェイ XフォージドCB 2020試打計測データ

計測データの飛距離部分を見ていくと、ロフト角は7番で33°というノーマルロフトに近い設定

平均キャリーが154ヤードということですけれども悪くない数値だと思いますし、思ったよりは飛んでくれている印象があります

サイドスピンは左右どちらに入っていますが、センターからのブレは小さくて左右で約10ヤード以内に収まっています

方向性に関しては比較的安定しているようです

特に良いのは左右両方に曲がっているにも関わらずキャリーが3ヤード程度しかブレでいない点でしょう

曲げて打っても距離のバラつきが出ていない点は評価できる部分かなと思います

 

キャロウェイ X FORGED CB(2021)アイアンの評価

キャロウェイ X FORGED CB(2020)

今回のキャロウェイ X FORGED CBの評価チャートはこのような感じです

キャロウェイ的にも初速にはこだわって以内というようなコメントを製品ページに書いていますが、4ピースの複合ヘッドとはいえ確かに特別初速が出ているようなことはありませんでしたし飛距離もそこそこなのでこのような評価になります

ヘッド形状や重心特性を考えても基本的には捕まて打っていきやすいアイアンですが、ドローフェードと打ち分けも容易く行えるほど操作性には優れていて、意図しているようなアイアンに仕上がっています

前述したように左右に曲げてもキャリーのバラつきが本当に少ない点が特に評価できる部分で、コース攻略をする際に球筋を打ち分けても距離が変わりにくいところはマネジメントが楽になるはず

あとは操作性が高いわりに確かにミスにもある程度の強さを感じるし、ツアー系っぽい感じですが優しいという印象も持ち合わせていて完成度はかなり高いアイアンです

ただ最初にも言ったように4ピースの複合ヘッド、さらにハイテク感があるアイアンですが飛距離は特別出ないのでそこにはあまり期待しないほうが良いですね

 

▼サイズ感の割にグースネックの度合いは強め

キャロウェイ X FORGED CBアイアン

フェース長の長さやトップブレードの厚みなどはツアー系特有のタイプですが、結構なグースなのが気になる人がいるかもしれません

あえてのこの形状でしょうが、この手のアイアンでこの形状をどこまで許容できるかがポイントになりそうです

個人的にはあまり好きな形状ではないですね

 

▼ソールは狭め

ソール幅は狭めで従来のXフォージドとあまり変わりないかと思います

 

▼打感は普通に良い

キャロウェイ X FORGED CBアイアン0004

実はヘッドの構造に関しては詳しくみずに試打を行いましたが、ステンレスフェースだとあとから知って正直かなり驚きました

打音も低めで柔らかめの感触は1ピース軟鉄鍛造に全く引けをとっていません

ヘッド形状はともかく打感のパフォーマンスは優秀です

キャロウェイ X FORGED CB(2021)アイアンの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

キャロウェイ X FORGED CB弾道まとめ

左したが結構捕まった感じの打球ですが、それほど曲がってはいません

キャリーの安定度はすごいですね

 

総評

キャロウェイ X FORGED CBアイアン0000

飛距離は確かに並なんですが、アイアンに求められるキャリーの安定度は非常に高いレベルにあると感じました

ポケキャビ系とか中空系ならわかるという感じの許容度もあり、それでいてある程度の操作性も確保しています

飛距離を重視せずにフィーリング面や安定性を求める方には確かに良いアイアンだと思います

ただヘッド形状はなぜこうなった。という感じのグースネック形状なのが気になります

グースはビッグバーサだけでも良かったなーというのが正直な感想

打ってみての性能はかなり良いので、あとはこのヘッド形状が気に入るかどうかといったところですね

 

合わせて読みたい

関連【2020】松山英樹のクラブセッティング|ドライバーの長さやバランス、シャフトなどのスペックを詳しく解説

まとめ【2020年】アイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【最新版】

試打レビュースリクソンZ785ドライバーを試打評価|特徴や飛距離性能を解説する

関連記事