クラブ選び

キャロウェイXR SPEEDドライバーの特徴と購入方法【松山英樹使用モデル】

最終更新日:2018年11月29日

どうもまさです

松山英樹クラブセッティングでも紹介していますが、エースドライバーのヘッドが割れて以来、松山英樹プロはメーカーを問わず様々なドライバーを使用しています

そして現在はキャロウェイの日本未発売のヨーロッパ限定モデル「キャロウェイ XR SPEEDドライバー」に落ち着いています

現在国内では販売しておらず通常のショップなどでは購入することはできません

※2018年11月29日追記:国内ショップでの取扱いが始まりましたので合わせて紹介します

そこでこのページでは、松山英樹プロが実使用しているXR SPEEDの特徴と購入方法についてまとめてみましたので気になる方は是非参考にして下さい

キャロウェイ XR SPEEDドライバーの概要

国内未発売モデル(欧州限定品)

元々欧州市場での要望から制作されたドライバー、ヨーロッパではこの投影面積の大きなモデルの需要があるのでしょう

タイプとしてはアスリートモデルというよりは優しく打てるアベレージ向けのドライバー

さらに価格も日本国内で発売されているドライバーと比較的してもリーズナブルなのが特徴です(299ユーロ、日本円で3万9千円前後)

欧州ではドライバーで7万〜8万円する日本メーカーのドライバーは売れないとの噂を聞いたことがあります

スペック

ヘッド体積 460cc
ロフト角 9度 10度 13.5度の3種類の展開

 

キャロウェイ XR SPEEDドライバーの見た目の特徴


460ccのシャローヘッドなのでアドレス時のヘッドの投影面積はかなり大きく見えます

一般的には投影面積が大きい方が安心感があり、スイートスポットも広くなります

さらにヘッド裏面をみるとウェイトビスが後ろ側に装着されており、大型ヘッドで重心が深いタイプ。

慣性モーメントが大きいでしょうから明らかにミスヒットに強い見た目となっていますね

日本で発売されているキャロウェイのドライバーだとヘッド形状が近いのはローグスター。ただ近いとはいってもXR SPEEDの方がより丸みのある形状です

更に松山英樹プロはドライバーに対して捕まる事を特に重要視している印象がありますので大型ヘッドながら捕まるタイプと言えます

キャロウェイ XR SPEEDドライバーの性能的特徴

カーボンコンポジットヘッド

ローグシリーズ同様にクラウンにはカーボン素材を用いているコンポジットヘッド

XR16と比較して45%もクラウン部分を軽量化することができています。余った重量をより最適な位置に配置することができたりと、カーボンクラウンはいい事づくめ

低重心化によってバックスピン量を軽減できるので風に強い弾道が打てるのも特徴の一つです

カーボンコンポジットはフルチタンヘッドに比べて打音が少し低くなりますがこのあたりは好みが別れるところでしょう

2本の柱は非搭載

XR SPEEDにも2本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」が使われているのかと思いきや、こちらは非搭載。その分コストダウンができているので低価格で販売することが可能になっています

ちなみにジェイルブレイクテクノロジーはヘッドの剛性が高くなるので打感が少し硬く感じるという方もいます。そういった方には柱が非搭載のXR SPEEDの方が打感か柔らかく感じることができるでしょう

X-Face VFTテクロノロジー

ローグシリーズにも使われているフェースで、反発力の高いフェースながら軽量化にも成功。エネルギー効率をアップすることでボール初速を効率的に上げることができます

調整機能も搭載

もちろんロフト角やフェースのアングルの調整機能は搭載されています

松山英樹プロはフックフェースが好みなのでおそらくややフック目に調整しているのではと推測できます

とはいえ、フェースのアングルは好みで調整できるのはもはや当たり前の機能になっているので特筆すべき特徴ではないですがキャロウェイのドライバーを使用していた方にとっては好みのシャフトをそのまま使用可能なのてそのあたりは魅力的な要素といえます

キャロウェイ XR SPEEDドライバーの購入方法

現在のところXR SPEEDドライバーを購入できるのは日本最大級の海外ショッピングサイトのセカイモン。海外ショッピンサイトと聞くと抵抗感がありますが日本の会社で、日本国内にしっかりカスタマーサポートセンターもありますので安心して利用することが可能です

 

※2018年11月29日追記:国内ショップでも取扱いが開始されました。下記リンクからどうぞ

キャロウェイ XR SPEEDドライバーのまとめ


プロ向けのアスリートタイプというよりはアベレージゴルファー向けのドライバーですが、最近はプロゴルファーも優しく捕まってミスヒットに強いモデルを選ぶ傾向になってきています

特に松山プロは最近優しいドライバーを好んでいるので我々アマチュアゴルファーでも十分に使いこなせる物を使用しているのは嬉しいポイントではないでしょうか(プロと同じドライバーを使いたいぼくにはかなり嬉しい)

松山プロが使用するとヒット商品になるので日本で販売してくれればかなり売れると思うんですけどね〜

以上、キャロウェイXR SPEEDドライバーの特徴と購入方法【松山英樹使用モデル】という話題でした

関連記事