MENU
新製品情報

クリーブランドRTX6 ZipCore ツアーラックウェッジがツアーに登場。

クリーブランドRTX6 ZipCore ツアーラックウェッジがツアーに登場。

Cleveland-SrixonはZX Mk2シリーズに引き続き、RTXウェッジシリーズの最新作であり、RTX ZipCoreの後継モデルと予想されるRTX6 ZipCore ツアーラックウェッジをツアーに投入しました。

2022年シュライナーズ チルドレン オープンでPGAツアープレーヤーがすでにテスト使用を開始しています。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

関連スリクソン Z-FORGEDの2代目か?Z-FORGED2アイアンが登場

クリーブランド RTX6 ZipCore ツアーラックウェッジ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

RTX ZipCoreの後継モデルであることは間違いありませんが、モデル名にある「6」が何であるのか、詳細は今の所不明ですが恐らくRTXシリーズの第6版だと予想されます。

ちなみに2018年に発売されたRTX4の後には5が発売されず、ホーゼル内に低密度素材を用いたZipCoreテクノロジーを採用したZipCoreウェッジが発売されています。

ZipCoreテクノロジーは今作でも搭載。ホーゼル内に低密度素材を用いることで、重心位置を最適化しMOIをアップ、さらにスピン性能やコントロール性能など、従来のウェッジ以上の一貫性をもたらします。

それ以上のテクノロジーは現在のところ判明していません。

今後新たな情報が入り次第随時更新していきたいと思います。

合わせて読みたい

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

関連スリクソン ZX7ドライバー試打評価レビュー|飛びは本当に凄い

関連スリクソン ZX5ドライバー試打評価レビュー|見事な安定度と飛距離性能

関連テーラーメイド ステルスグローレが適合リストに掲載。カーボンフェース+カチャカチャを採用。2022年秋に発売か

関連コブラ2023年ドライバーと噂されているAEROJETドライバーのリーク画像が削除される

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事