新製品情報

コブラから大型マレット3Dプリントパター「KING AGERA」が登場【ダフナーがテスト中】

コブラ大型マレット3DプリントパターKING AGERA

2020年12月4日に日本でも発売された3Dプリント技術を採用したコブラKING SUPERSPORT-35パター。それに続くプロダクトとしてコブラが大型マレットを作っていることが判明しました

現在ジェイソンダフナーがテスト使用しているという事もあり、SNS上に画像がアップされました

見た目もメカメカしくてめちゃくちゃカッコいいパター。ガンダム好きにはたまらないデザインです。デザインした人はロボ好きに違いない

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラ KING AGERAパター

ソールに刻まれている文字からわかるとおりモデル名は「コブラKING AGERA」

3Dプリント技術を用いているのだけど、ヘッド内部は格子状になっていて非常に複雑な構造となっています。ここはKING SUPERSPORT-35パターと同様

さらにソールのフェース寄りの部分にはSIKフェーステクノロジーの文字が書かれています。DLTテクノロジーを搭載しており、フェースの上下の打点ブレにも強く、一貫した転がりが得られるはず

DLT テクノロジーは、4種類の段階的なロフト(4°、3°、2°、1°)でデザインされており、このロフト設計は、どの部分でヒットしても一貫性のある安定した転がりを実現します。

引用元:コブラゴルフ

見た目は最近流行りのスパイダー系です。もうこの手のパターは数多く登場しているからメリットについては周知の事実。ただ今回はこれに3Dプリントの格子構造が加わっているから、ヘッド外周部への重量配分はかつてないほど効率的になっていることが予想できます

KING SUPERSPORT-35はブレード型だったこともあってぼく的にはそこまでそそられるものは無かったのだけど今回は話が違ってきますね

個人的にはスパイダー系の大型マレットが大好きだし、今年はコブラRADSPEEDも購入しているから発売されれば買ってしまうと思います。というわけなんで市販化されることを期待しつつ、新たな情報が入り次第随時更新していきたいと思います

記事タイムライン

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

試打レビュー【コブラRADSPEEDドライバー】試打評価レビュー|低スピン強弾道でポテンシャルの高さを感じるロマンドライバー

GolfWRXのインスタアカウントでKING AGERAの画像が複数確認可能です

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連コブラ RADSPEEDドライバーが発売!特徴とおすすめ取扱店を紹介。超浅重心の低スピンドライバー

関連テーラーメイド「SIM2ドライバー」特徴&最安値ショップを紹介|今までにない高慣性モーメントと許容性

関連【2021】パターおすすめ人気ランキング|スコアアップできる24機種を紹介

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
新製品情報

キャロウェイ EPIC Flash・EPIC Flash Sub Zeroドライバー事前情報まとめ|スーパーコンピュータで設計されたドライバー

2018年10月29日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
2019年2月12日更新 どうもまさです 「テーラーメイドM5ドライバーの画像が流出?2019年新作モデルか」という記事でも紹介しました …
三浦技研 Miura MB-101 取扱店情報 新製品情報

三浦技研 Miura MB-101|6年ぶりに三浦からマッスルバックアイアンがついに発売されたので特徴を紹介しておく

2019年10月7日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
国内産のアイアンのなかでも特に玄人やギアマニアに人気のメーカーといえば「三浦技研」 そしてこの記事のタイトルにもあるように、究極のショ …