MENU
新製品情報

【予約開始】コブラ2023年モデル「エアロジェットドライバー」がついに登場。最高のスピードと安定性を追求

ブライソン・デシャンボーが以前から匂わせていたコブラの次期モデルドライバー(2023年モデルか)らしきリーク写真が2022年9月14日ごろ、SNS(主にInstagram)上にアップされ、その後2022年10月に適合リストにエアエロジェットシリーズが掲載されました。

そして2023年になりついにエアロジェットシリーズが発表、そして予約が開始。米国での発売日は2023年2月9日と発表された。日本国内モデルは3月4日発売。

ドライバー3モデル、フェアウェイウッド2モデル、アイアンというラインナップです。

すでにPGAツアーなどではテスト使用も開始されており、リッキーファウラーを始めとして契約プロも実戦投入を行っています。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

予約受付中

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

コブラ AEROJET(エアロジェット)ドライバーの特徴

3モデル展開。カラーはホワイトとブラック、そしてウェイトのブルーという3色構成。

コブラ イノベーション担当副社長は2023エアロジェットについて以下のようにコメントしています。

「新しい Aerojet ファミリーのドライバーの空力パッケージは、これまでで最も先進的です。アグレッシブな流線型と最適な質量と弾力性の特性とのバランスを取り続け、プレーヤーに最大のクラブヘッドスピードとボールの発射特性を提供し、飛距離を伸ばします。」 
Mike Yagley、イノベーション担当副社長

 

エアロジェットシリーズでは、クラブスピード、ボールスピードを向上するために、空力性能をさらに高めるための新しい形状を採用しているとのこと。これがエアロジェットテクノロジー。

上記画像の赤枠が従来のドライバーですが、それを改善するために新たに考えられたのがエアロジェットドライバーの形状です。

コブラのクラブテストによると、エアロジェットLSは前世代にあたるLTDx LSと比較し1.5マイル速いクラブヘッドスピードを生み出しました

 

また、今作ではエアロジェットテクノロジーに加え、もう一つ重要な要素「PWR-Bridge WEIGHTING」と呼ぶ内部荷重構造が存在します。

PWR-Bridgeは13gのウェイトで、ドライバーのソールの上に吊り下げられ、スピンを減らすためにCGを前方に配置しています。さらに、フェース下部の屈曲性もアップし、エネルギー伝達を強化します。

 

次にPWRSHELL Lカップテクノロジーです。今作から初めて導入されたテクノロジーで、従来よりも大きなスイートスポットを生み出しました。

 

カーボンファイバーはソール、クラウンに採用され、従来モデルよりも30%薄型化に成功。より自由度の高い重心設計が可能となりました。

 

エアロジェットLSドライバー

まずこちらがLTDx LSの系譜であるロースピンタイプのドライバーである「エアロジェットLS」です。コブラ契約プロの大半が使用するドライバー。

PWR-Bridgeの内部荷重とのは別に、外部ウェイトがフェース寄りに2箇所搭載されています。

ウェイト重量は3gと12gのウェイトの重さの異なるもので、いつもどおり交換が可能。

バックスピン量を低減し、強弾道を求める方に最適です。

  • 低打ち出し・低スピン
  • ニュートラルからフェードバイアス
  • やや小ぶりなヘッド
一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

エアロジェットドライバー

スタンダードタイプのエアロジェットドライバー。LSとは異なり、ヘッド後方にウェイトが搭載された高慣性モーメントタイプです。

直進安定性を重視する場合にはこのスタンダードタイプも捨てがたい。LSよりもわずかに投影面積も大きく安心感のあるヘッド形状です。

  • 低スピンながらLSよりも高い打ち出し
  • ニュートラルな弾道
  • 慣性モーメントを向上させるための12gの固定バックウェイト
一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

エアロジェットMAX ドライバー

シリーズ中でもっとも捕まりを重視したドローバイアス設計のドライバーが「エアロジェットMAX」

ヘッド後方に加え、ヒール側にも外部ウェイトを搭載しています。直進性のみならず、安定した捕まりを求める方におすすめです。

  • ドローバイアスと最大の安定性
  • ヒールに12gウェイトを配置するとより捕まる
  • ウェイトを入れ替えることで、ニュートラルな弾道も作れる
一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

コブラ エアロジェットの動画

 

コブラ AEROJETドライバーをプロがテスト

ゲーリー・ウッドランドがコブラAEROLETドライバーをテストしている様子がSNS上にアップされているほか、コブラ契約プロも続々とテストを開始しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

ソールには鉛が貼られていたり、現在は調整を行っている段階のようです。

 

リッキーファウラーはエアロジェットLSを使用中です。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

予約受付中

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラ エアロジェットドライバーのUSモデルも狙い目

現在、エアロジェットドライバーのUSモデルも早くも予約開始しています。

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん。

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、最近だとコブラLTDxドライバーやテーラーメイド ステルスなど多数購入している間違いのないショップです。

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なのでUSモデルを購入する際の安心感があり、おすすめです。

フェアウェイゴルフ公式サイト

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

合わせて読みたい

関連テーラーメイド ステルス2 ドライバーがついに公開。2023年はカーボンウッドの2作目に要注目!

関連キャロウェイ2023年モデルは「パラダイム」ペリメーターウェイトも復活し3モデル展開

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連【試打評価】コブラKING フォージドTec Xアイアン|曲げずに飛ばせる実戦向きな中空【口コミ・評判】

関連【試打評価】コブラKING Forged Tec 2022アイアン|直進性が高くて距離感も揃うカッコいい中空【口コミ・評判】

関連【試打評価】コブラLTDxドライバー|オートマチックな激飛びドライバー【口コミ・評判】

関連【試打評価】コブラLTDx LSドライバー|予想に反する飛び方だけど最高です【口コミ・評判】

関連【最新情報】キャロウェイ 2+ Tour ミニドライバーがUSGA適合リストに掲載

関連ベティナルディ、2023年モデル「HLX 5.0フォージドウェッジ」を発表。11月16日発売

関連【2023年モデル】コブラKING TOUR・フォージドCB・MBアイアン3モデルが発売|特徴&取扱ショップ情報まとめ

関連タイトリスト「TSR2・TSR3ユーティリティ」を発表。2023年2月23日発売予定

関連ミズノ、2023年モデル ST230ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティを発表|2023年2月23日発売

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事