コブラ

コブラ KING F9ドライバー試打評価レビュー|前評判通りのぶっ飛びクラブでした

コブラf9ドライバー試打レビュー

どうもまさです

まさ
まさ
コブラ KING F9ドライバー」を購入しました

※今回はUSモデルをフェアウェイゴルフにて購入しました

そこでこのページでは、現在リッキファウラーやブライソン・デシャンボーが使用していることも影響して、注目度が急上昇しているドライバー、コブラKING F9ドライバーの試打レビューを行いどういったクラブであるのかをわかりやすく解説していきます

データ計測には正確な打球データを取れることで定評のある「弾道計測器GC2」を使用しています

コブラKING F9 SPEEDBACKドライバーの概要

  • 空力効果を最大限活かしたヘッドでスピードアップ
  • 低重心化で高弾道低スピンの飛ぶ弾道を手に入れられる
  • CNCミルドフェースとデュアルロールテクノロジーでスピン量を最適化

空力効果と徹底した低重心構造によって、コブラ史上最高のヘッドスピードとボールスピードを実現したのが特徴のドライバーです

低重心化によってバックスピン量を低減することで、風に強い強弾道を手に入れることができ、さらにコブラ独自のフェーステクノロジーが融合することで、安定感も加わった非常に魅力溢れる一本です

コブラ KING F9ドライバーのフェースは、他のメーカーとは違い、CNC(コンピュータ制御)によって精密に削り出されています。これによって高精度で均一なフェースが出来上がり、薄くて反発力の強いフェースに仕上がっています

CNCミルド加工はコブラが唯一採用している技術で、完成までに2年半の長い開発期間をかけて出来上がったモノです

また、フェースに備わっているデュアルロールテクノロジーは、ミスショット時の影響を最小限に抑え、飛距離のバラツキを抑制する効果があります

関連記事コブラKING F9 SPEEDBACKドライバーが日本発売決定したので特徴をわかりやすく解説します

コブラKING F9 SPEEDBACKドライバー試打レビュー

試打に使用したのはロフト9.0°にシャフトはTENSEI CK PROオレンジ

関連記事三菱ケミカル TENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群!飛距離アップ!

コブラKING F9 SPEEDBACKドライバーの試打計測データ

king f9ドライバー試打計測データ画像
ヘッドスピード44.8m/s
ボール初速65.0m/s
打ち出し角14.8°
バックスピン量2032rpm
サイドスピン量105左rpm
キャリー253ヤード
総距離279ヤード
ぶっつけ本番で3球を打ってみての平均値のデータです

ヘッド形状

ヘッド形状:

460ccのヘッドですが、後方に大きく伸びた形状をしています

個人的には違和感なく構えることができるので問題ありませんし、外国メーカーのドライバーをよく使用する方はすんなり構えることができるのではないでしょうか

しかし、国産の和顔ドライバーを好んで使用している方には違和感を感じる方もいると思うのが正直なところです。この形だと好みははっきりと分かれるだろうという事で5段階評価では3.5

とはいえ、アドレス時のフェース向きはかなりのストレートフェースなので、ターゲットラインに向けて非常に構えやすく仕上がっています

まさ
まさ
形は好みがはっきり分かれそうだけど、フェース向きはストレートでアドレスは取りやすくなっています

飛距離性能

ボールスピード65.0m/s
バックスピン量2032rpm
キャリー253ヤード
総距離279ヤード

飛距離性能:

キャリー250ヤードを目安にしているのですが、平均値で253ヤードと非常に満足のいく結果がでました

ボールスピードも申し分なく、特にバックスピン量の少なさは特筆ものです。ここまで低スピンだと向かい風での影響も受けにくく、厳しい状況下でも安定してキャリーを稼ぐことができます

※低重心率が57%ぐらいで、この数値は市販されているドライバーの中でも非常に低重心です

高さも十分でているので、はっきりと飛ぶドライバー!と言えるモデルです

まさ
まさ
低スピンで打球の強さが段違いのドライバー。はっきり言って飛びます
ただし同時期に発売した、テーラーメイドM5はキャリー260ヤードを叩き出したので評価は4.5。ですが、スピン量はKING F9の方が少なくより風に強いボールを打つことができます

弾道&方向性

打ち出し角14.8°
サイドスピン105左rpm

方向性:

ボールの打ち出し角も9.0°にしては高いほう。低重心化の影響もあり、思ったよりも上がってくれました。とはいえヘッドスピード45m/s程度での試打を行ったので、40m/sぐらいの方であれば、低スピンになりやすいヘッドなので10.5°を選択しておくのが良いでしょう

サイドスピンも少なく、ほぼストレートに近い弾道を打って行けるモデル。コブラのイメージ的に捕まらないような感じがありますが、決して捕まりが悪いという感じはありませんでした

数字的な話をすると重心角が22.5°なので、460ccのヘッドだと平均値といえます。ヘッドの返りやすさも悪くありません

またヘッド挙動に影響してくる数値である重心距離と重心深度ですが、どちらも約40mmとほぼ平均的な数値です。この2つの数字が近いとヘッド挙動にクセがでにくくなるので、スイング中の扱いやすさがアップします。KING F9は見た目とは裏腹に素直なドライバーだと言えます

そして事前の情報どおりミスヒットに強いということでしたが、試打1球目はヒール側でヒットしたので飛ばないかなと感じましたが、バックスピン量も増えすぎずキャリーで250ヤードしっかりと飛んでいます

どちらかと言えば、操作性が高いというよりは、直進性が高いタイプのドライバーという感じです

まさ
まさ
ミスヒットにも強く、飛距離ロスが非常に少ない印象です。ボールも上がりやすいので低スピンの威力が十分に発揮できます

打感&打音

打音&打感:

打音に関しては結構引き締まった音で個人的にかなりツボなので高評価の4.5とさせてもらいました

高音すぎず、それでいて高すぎない丁度いいバランスです。やや控えめの音なので必然的に打感も柔らかく感じられました

ただし高音で弾き感の強い方が好きな方には、若干物足りないと感じる可能性はありますね

まさ
まさ
バランスの良い打音でかなりツボです

コブラ KING F9 SPEEDBACKドライバーの試打評価のまとめ:総合評価

こんな方におすすめ
  • 低スピンでドライバーの飛距離アップをしたい方
  • 操作性よりも直進安定性を重視する方
  • 飛距離や左右へのバラツキを抑えたい方

総合評価:

前評判どおりの性能で期待していた通りのドライバーでした

特にミスヒット時でもバックスピン量と初速が安定しているので、平均して飛距離が伸びるタイプのモデルといえます

コブラには若干難しそうというイメージはありますが、今回のF9に関しては今までよりもミスに強く、ヘッドの挙動にもクセが少ないので多くのゴルファーが使っていけそうです

ただし、低スピンの威力が凄いので、普段からボールが上がりにくいと感じている方であれば10.5°のロフトをチョイスするのがおすすめです

気になる点というか、好みが分かれるとすればヘッド形状とヘッドの重量。実際形状は使っていれば慣れるのであまり気にする必要はないのかもしれませんが、唯一といって良いデメリットとして挙げさせていただきます。とはいえ総合的にみて非常に完成度の高いドライバーです

KING F9SPEEDBACKドライバーを安く買うならUSモデルをチョイスするのもおすすめです

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがフェアウェイゴルフさん

ぼくが普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

まさ
まさ
USモデルを買うときはいつもここです

以上、コブラ KING F9ドライバー試打評価レビューでした

関連コブラ KING F9ドライバーに迷彩カラーバージョンが登場!取扱い店を紹介します
人気【2019年版】ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶのはこれだ!【飛距離抜群】