MENU
試打&評価

【試打評価】コブラLTDxドライバー|オートマチックな激飛びドライバー【口コミ・評判】

【試打評価】コブラLTDxドライバー

コブラ「LTDxドライバー」の試打計測を行いました(GCクアッドを使用)

今回はかなり待ちわびていたクラブだったこともあり、国内モデルよりも早く発売されたUSモデルをフェアウェイゴルフにて購入しました

2016年に発売されたLTDの後継モデルにあたるもので、LTD(Longest Total Distance=最長飛距離)に究極の意味とされるx(Xtreme)が加えられたという意味のモデル名だそう

LTDxは3タイプあるラインナップの中では真ん中に位置し、5000g・cm2以上もの慣性モーメントを備えています。ヘッドの特徴については後述しますが、すべてのヘッドで共通するのは「安定性を高めながらスピードをアップ」しているということです

結論からいうと、飛びと安定感はたしかに両立できており、素晴らしいクオリティのドライバーです。日本ではコブラ自体がそれほど人気がないので注目度はテーラーメイドキャロウェイほど高くはないですが、これはチェックしておいたほうが良いです

【試打評価】コブラLTDxドライバー6

それでは詳しいデータを見ながらコブラLTDxドライバーについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:コブラLTDx ドライバー
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:TENSEI AV Rawホワイト 6
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバー試打計測データ

【試打評価】コブラLTDxドライバー1

平均データ

ヘッドスピード(m/s)47
ボールスピード(m/s)68.1
打ち出し角度(°)15.5
打ち出し方向(°)0.1(右)
バックスピン(rpm)2017
サイドスピン(rpm)193(左)
ピーク時の高さ(yd)38.5
降下角度(°)41.7
センターからのブレ(yd)11(左)
キャリー(yd)272.0
総距離(yd)285.9
スマッシュファクター1.45

以上が計測データです

キャリー272ヤード、トータル285.9ヤード

飛距離は間違いなく最高峰です。平均キャリーではステルス+ドライバー(平均キャリー274.7)に次ぐデータとなり、早くも2022年では最強ドライバー候補に入ります。前作RADSPEEDでは今ひとつ飛距離が伸びなかったのですが、1年でここまで仕上げてくるのはやばい。デシャンボーをはじめ、コブラ使用プロがスイッチするのも納得です

そしてバックスピン量は2000回転前後を推移しています。低スピンタイプに分類できる数値で、弾道も極めて強いです

弾道イメージはこちら

【試打評価】コブラLTDxドライバー4

飛びに加えて安定性も中々のものです。弾道はストレートからドローよりという結果でした

サイドスピン量はそこまで増えずストレートイメージ。スマッシュファクターも平均1.45で安定しています

弾道を重ねたイメージ

【試打評価】コブラLTDxドライバー2

それぞれのショットを重ねたものがこちら。打ち出しも揃っているし、メーカーが謳う高慣性モーメント化による安定性の向上は実感します

球筋にも一貫性があり、飛びと安定感を両立できているのは高く評価できるところ

ドロー系でもスピンが2000回転程度に収まってくれている点もいいです(減りすぎるとドロップする可能性もあるから)

左右高低のばらつき

【試打評価】コブラLTDxドライバー3

打点ブレにも強く、高さ、方向ともに安定しているのが確認できました

ただし弾道は低めな傾向があるので、注意するべきはここ

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーはステルスに匹敵する飛びに加えオートマ感がすごい

【試打評価】コブラLTDxドライバー5

LTDxドライバーは大ヒット中のステルスドライバーに匹敵。むしろ上かもしれないという飛びに加えて安定度も高いのがすごい点です。ざっくり言うと飛んで曲がらないということです

スピードと安定感をここまで両立できるとなると、これを超えるのはそう簡単ではないでしょう。まっすぐ遠くへ飛ばすことに全集中した集大成だといえます。現状最強ドライバーの筆頭であると感じているところ

ただし、まっすぐ遠くへ飛ばせるかわりに操作性は犠牲になっているのはしょうがいない部分。フェードやドローを打ち分けたいと考えているなら面白くないドライバーだと感じるはずです

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーはLSじゃなくても十分低スピン

【試打評価】コブラLTDxドライバー16

LTDxの兄弟モデルにLSというタイプが存在しますが、LTDxの9°でも十分低スピンなドライバーです。ぼくのデータでは2000回転前後でしたが、これを多いと感じる人は少ないはず

LTDx LSドライバーに関しても試打計測を行い、どれほどの差があるかは後ほど確認します。そもそもLSはデシャンボーなどのレベルの選手でもロスが出ないように設計されている為、よほどのハードパンチャーでない限りはLTDxでも良いと思います

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーUSモデルの標準シャフトはかなりハード

【試打評価】コブラLTDxドライバー20

US純正で装着されていたTENSEI AV Rawホワイトですが、これは想像以上にハードでした

振動数を計測してみたところ、273cpm。60g台のSにしては非常に硬いです。が、GCクワッド計測で47m/sでこのデータなので、44、45m/sぐらいで振れるならまだ許容範囲だと思います

それ以下のヘッドスピードの方であれば素直に国内モデルを選択するほうが良いでしょう

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーのヘッドについて

【試打評価】コブラLTDxドライバー7

LTDxドライバーに搭載される大きなテクノロジーは3つあり、3モデルに共通しています

まず「マルチマテリアルシャーシ」チタン製のフレームボディを採用しています。前作RADSPEEDのT-BARシャーシよりも8.3gも軽量化できているそう。すごい

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー17

そして新テクノロジーでもあるのが「パワーコア・テクノロジー」ヘッドの内部前方にウェイトを配置することで、低スピン化とボールスピードアップを狙っています

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー18

LTDxはヘッド後方に10gのウェイトが装着されています。そのうち交換できるウェイトが発売されるでしょう

ちなみにスリーブ抜きのヘッド重量は197g(RADSPEEDとほぼ同じ)でした。やはりコブラらしくヘッド重量が重ためです。振りやすくするためにぼくも別売りウェイトが出れば交換してもう少し軽くしたいとは考えています

割と重たいとはいえ、初代LTDドライバーよりは4g〜5g軽くなっているので振りやすくなりました。ここは一安心です

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー9

クラウンはおなじみのカーボンクラウンです。マットブラック仕上げ。クラウンには謎のスジが2本入っています。効果は謎

このカラーとは別にUSモデルにはブルーとレッドのヘッドがあり、そちらはツヤがあるタイプになります

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー10

前作まではCNCミルドフェースがクラウンの先端側まではみ出していましたけど、LTDxではそれは廃止されています。見た目はテーラーメイドのドライバーみたいです

この方がみためは良くなったので良い改良だと感じます

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー14

アドレス時の見た目はこんな感じ。ヘッドはとくにかぶっていないし座りもいいです。LTDxは後方に出っ張った形状をしているので投影面積もまあまあデカイですね

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー11

横からみるとこんな感じです

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー12

フェース面が結構改良されています。今作はキャロウェイのようなAIによる設計を採用しているのが特徴です

 

【試打評価】コブラLTDxドライバー8

フェースを15分割し、それぞれ厚みを調整しているらしく、広い範囲で反発を維持する構造だそうです

打点ブレにも強くなっている印象があるので効果はありそう

打音は以下のとおり。硬さもなくなり打感はよくなったと感じています

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーの総合評価

【試打評価】コブラLTDxドライバー19

大ヒット中のステルスドライバーシリーズに対抗できるぶっ飛びドライバーです。加えて安定性も高く、バランスが非常に良いクラブ。データも申し分ないですから単純に評価が高いです。打感も良くなりまずまずです

注意点は弾道の低さと低スピン傾向にあるところです。ロフト選択は多めが無難だと思います

ヘッド重量がコブラらしく重ためなので、誰でも簡単に打てる優しいドライバーではありませんので満点にはしませんが、スイングスピードがそれなりにある方なら問題ないでしょう

試打クラブではなくて自分で購入したものでもあるから多少バイアスがかかっているとはいえ、データは嘘をつきませんし、飛ぶドライバーなのは間違いありません。フィーリングも良いのでメイン使用します

おすすめ度

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

コブラLTDxドライバーをなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラRADSPEEDやAPEX UWなど多数購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

関連コブラ LTDxシリーズに限定版「ブラックコレクション」が登場。おすすめ取扱いショップまとめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスプラスドライバー|超パワーフェードの爆飛びカーボンウッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスドライバー|間違いなく買い!新時代を切り拓くカーボンウッド【口コミ】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスHDドライバー|一番曲がらないカーボンウッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスプラスフェアウェイウッド|チタン系フェアウェイウッドの頂点【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAXドライバー|最高の打感と安定性【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX Dドライバー|安定ドロー製造機【口コミ・評判】

関連コブラKING LTD PROドライバー試打評価レビュー|低スピン系では最強クラスの飛距離性能

関連【コブラRADSPEEDドライバー】試打評価レビュー|低スピン強弾道でポテンシャルの高さを感じるロマンドライバー

関連【試打評価】キャロウェイ ローグST MAX LSドライバー|叩ける!吹けない!ゴリゴリのパワーヒッター向け【口コミ・評判】

関連【試打評価】コブラLTDx LSドライバー|予想に反する飛び方だけど最高です【口コミ・評判】

関連コブラKINGフォージドTEC4&フォージドTECアイアン(2022)が2022年5月21日発売。特徴まとめ

関連【試打評価】コブラLTDx MAXドライバー|飛びはそれなり。だけど曲がらない安定タイプであった【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事