MENU
用品&計測器

ダナクト アクティアル レーザー距離計評価レビュー|計測速度も精度も微妙【口コミ】

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計15

今回はダナクトというメーカーから発売されている「アクティアル」というレーザー距離計をいつもどおり自腹購入したので紹介していきます

ダナクトは福岡県に本社をおく企業。レーザー距離計以外にもパターマットなども取り扱っています

このレーザー距離計は2021年9月に発売されたモデルで価格は18,900円から24000ぐらいで販売されています。値段だけみればとてもリーズナブルです

当然この価格で性能が良ければ最高にコスパが良い!となるところなんですが、性能面では物足りないものとなっていたので正直言って微妙でした

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計4

ということでダナクト アクティアルレーザー距離計についてレビューしていきます

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ダナクト アクティアル レーザー距離計のスペック

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計3
サイズ114×73×40mm
重量175g
ディスプレイLCD/半透過型液晶
誤差+/- 1m
測定範囲600m
倍率6X
電源充電式 micro USB
接眼レンズ/ひとみ径16mm/3.9mm
高低差対応/切替可能
防水IP54
バイブレーション搭載

スペックは以上です

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計8

カタログスペックでは175gでしたが実測では180g。業界最軽量ボディとメーカーは謳っていますが特別軽いわけでもなく至って普通の重量です

現在レーザー距離計の最軽量モデルはゴルフバディGB Laser atomで既に120g台に到達しているのが現実

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計11

バッテリーは充電タイプです。1度の充電で使える回数が明記されていません。たぶん3000回ぐらいは使えるはず。たぶん

充電形式自体は最近主流となってきているので良いところだと思います。ただ充電端子がmaicro USBだったのが残念。USB-Cに対応していれば尚よかったですね

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計5

本体上には計測にも使用する電源ボタンとモード切り替えボタンがあります。というか本体の質感がチープすぎる気がします・・・

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計10

高低差切り替えは本体横のスイッチで行えます。高低差モードの使用中は赤く発光します。これはわかりやすくてグッド

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計16

ディスプレイ内はこのような感じです。これは高低差モードをONにしている状態。画面上が直線距離、画面下は高低差補正後の距離が表示されます

ダナクトのレーザー距離計は液晶透過率85%なんですが、たしかに視界はクリアです。視認性は良好

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計12

本体の側面右側にももうひとつボタンがあります。これはディスプレイな文字カラーの変更に使用します

 

文字は黒と赤に切り替えることができますけど、ほとんど意味がないほど赤色の発色が悪いです。ブッシュネルやニコンなどのOLEDディスプレイ搭載機種の赤色とは雲泥の差

ShotScope Pro L1も同価格帯で同じような機能を搭載していましたけど、OLEDじゃない場合の赤色表示はいらないんじゃないかと思います

ダナクト アクティアル レーザー距離計の計測スピードは遅い

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計2

ダナクト アクティアルの通常測定はメーカーが言うように0.5秒以内で高速測定ができます

ただ手ブレ補正非搭載のレーザー距離計で肝心なのはピンサーチ機能を使ったときのスピードです。通常測定が速いのはどこの距離計も同じなので比較する必要もないのが現状

ピンサーチ機能とは:最も近い対象物を優先的に計測する機能のこと。例えばピンの背景に木などがある場合でも、手前側のピンを優先して計測するので誤計測を防いで正確に距離を測れます

そしてこのピンサーチがめちゃくちゃ遅いです。体感で2秒から3秒かかるのでハッキリいって微妙です

価格が安いとはいえ現在の距離計市場では2万円前後で高速のピンサーチ機能が使えるものがあります。この性能だとコスパが良いとはいいづらいです

ダナクト アクティアル レーザー距離計の精度を検証

いつものようにラウンドでの精度検証も行いました。比較にはブッシュネル ツアーV5シフトジョルトを使用。今まで何度も計測精度に関して検証を行ってきましたが、ブッシュネルの精度は間違いないのでこれを基準としています

両者ともに画面上が直線距離、画面下が補正距離です
【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計
 直線距離高低差補正後
ダナクト120.9125
ブッシュネル120125.0

 

【レビュー】ダナクト アクティアル レーザー距離計1
 直線距離高低差補正後
ダナクト169.7157.4
ブッシュネル169163

以上が計測比較を行った結果ですが、高低差の大きなところだと最大で5ヤード近くもの差がでました

直線距離の計測には大きな差は出ないので違いが出ているのは高低差補正アルゴリズムの関係だと思います。それにしてもブッシュネルと比べると差がでかすぎます。ここはどうしても気になるところ

ダナクト アクティアル レーザー距離計の総合評価

ダナクト アクティアルレーザー距離計の評価

正直なところ完成度としてはイマイチだと思います。個人的にはあまりおすすめしません

まず本体自体がチープすぎます。質感は価格以下といわざるおえません。さらにピンサーチ時の計測スピードも遅くてストレスがたまります

精度に関しては比較対象にもよるのでなんとも言えない部分でもありますけれど、今まで多数の距離計との比較を行ってきたなかでも特に違和感のある計測精度でした。安心して使うことができなかったため精度面は特に厳しい評価となりました

視認性は良かったですが、正直それだけといった感じです。次期モデルでの改善に期待します

おすすめ度

合わせて読みたい

関連レーザー距離計おすすめ人気ランキング(ゴルフ用)|価格別に分けて紹介【コスパ+口コミ&評判+選び方】

関連ファインキャディJ300レーザー距離計 評価レビュー|使用感は神の領域に進化

関連「ゴルフバディaim L11」レーザー距離計評価レビュー【口コミ】前作から使用感が格段に向上

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

関連【レビュー】ファインキャディJ1000|OLEDディスプレイ搭載レーザー距離計では驚きのコスパ

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事