キャロウェイ

エピックフォージドスターアイアン試打評価 【キャロウェイ】飛びを求めるならめちゃくちゃおすすめできるアイアン

エピックフォージドスターアイアン試打評価レビュー

エピックフォージドスターアイアンの試打評価レビューです

まさ
まさ
どうもまさです

数日間かけてじっくりとキャロウェイから登場したエピックフォージドスターアイアンの試打テスト」を行いました

飛距離性能に特化した爆飛びアイアンということで、発表当時から噂が絶えないモデル。ルックス的にも悪くないですし、いわゆる飛び系アイアンのぼてっとしていないから性能次第では多くのゴルファーが気にいるだろうと思います

個人的にはとにかく飛距離性能の高さが素晴らしいので、かなりお気に入りとなりました

そこでこのページでは、高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもとに、エピックフォージドスターアイアン良かった点と、ここはちょっと気になるという点を正直に試打評価のレビューをしていきます

どうぞクラブ選びの参考にしてみてください

エピックフォージドスターアイアンのココが良かった

圧倒的な飛距離性能の高さ

飛び系とは思えないほど方向性も良く、安心して振っていける

上下の打点ブレに強い

エピックフォージドスターアイアンのココがちょっと残念

打感は弾き感が強めで好みがはっきりと別れる

価格が高いのでしっかりと吟味して選びたい

エピックフォージドスターアイアンの特徴

  • ストロングロフト化とカップフェース構造による圧倒的な飛距離性能
  • 最適重心設計で高弾道
  • 風に負けない強弾道

7番アイアンで26度というストロングロフト化と、360度カップフェース構造によって高初速化を実現

1番手も2番手も飛距離性能が変わる可能性を秘めたぶっ飛びアイアンです

ロフト角が立っているのに高い打ち出しを可能にするため、ヘッド内部にはタングステンウェイトを最適な位置に内蔵したことにより、低重心構造になり驚くほどの高弾道ショットを実現します

まさ
まさ
アイアンの飛距離は圧倒的なアドバンテージになるので非常に魅力的なモデルです

 

ヘッド形状など見た目のこと

エピックフォージドスターのヘッド形状エピックフォージドスターアイアンのヘッド形状

試打計測データを見ていただく前にヘッド形状のことに触れておきたいと思います

まずアドレス時の見た目ですが、やや面長な形状で重心距離は長そうなのが見た目から伝わってきます。ヘッドを積極的に返して打っていくというよりは、テークバックでフェースを閉じ気味にシャットに上げていける方との相性が良いタイプです

当然こういったモデルはヘッドが返りづらい傾向があるので、オフセットが多めでグースネックの形状となりますが、エピック フォージド スターもそれに当てはまる形状となっています

アドレス時から感じますが明らかにロフトが立って見え、通常の5番アイアンとそれほど変わらないなと感じます

嬉しいポイントとしては中空構造のモデルでかなりのストロングロフト設計のモデルですがソール幅は広すぎないので構えた時にはすっきりとしているところ

 

エピックフォージドスターアイアンの試打評価レビュー

エピックフォージドスター試打クラブ試打には2種類のシャフトを使用して行いました

この2種類のシャフトが標準装着なので、多くの方はこの2つの中から選ぶことになるでしょう

 

試打クラブのスペック

表がはみ出している場合は右へスクロールできます

ヘッドキャロウェイ エピックフォージドスター
番手とロフト7番:26°
シャフトSpeeder Evolution for CW(純正カーボン)NS PRO 950 GH neo
フレックスRS
バランスD0D0
総重量356g397g
まさ
まさ
標準装着シャフトである、純正のカーボンシャフトと日本シャフトの最新スチールシャフトNS950neoの2本で試打を行いました

 

試打計測データ

エピックフォージドスターアイアンの試打計測データまとめ一番上のデータが純正カーボンシャフト、2番目がNS950neo、最下段は弾道

表がはみ出している場合は右へスクロールできます

  エピック フォージド スター

純正カーボン

エピック フォージド スター

NS950neo

ゼクシオクロス
ヘッドスピード(m/s)37.337.340.1
ボールスピード(m/s)54.154.154.5
打ち出し角(°)18.318.017.4
サイドスピン(rpm)55右87左257左
バックスピン(rpm)496145494814
最高到達点(ヤード)333232
落下角度(°)464545
キャリー(ヤード)176178178
総距離(ヤード)189192191
4球打ってみての平均値のデータです。使用球はSRIXON Z-STAR XV 2019年モデル

比較対象としてロフト角25度のゼクシオクロスも掲載しています

試打計測データをご覧いただくとわかるとおり、ヘッドの基本性能が高いので2種類のシャフトともに甲乙つけがたい結果となりました

 

飛距離性能に関しては満点評価ができるほど素晴らしく、純正シャフトの出来も秀逸

まさ
まさ
ボールスピードはトップクラスで飛距離性能は最高の一言

飛距離に関してはここ最近打ったアイアンの中でもトップクラスのデータとなりました

初速もかなり出ていて7番アイアンにしてキャリーが176〜178ヤード。マイクラブの7番(34°)で150強のキャリーなので16ヤード以上飛んでいて期待以上の飛び性能です

計測データをご覧いただくとわかるとおり、純正カーボン、スチールシャフト(NS950neo)ともにほぼ同程度の飛距離が出ています

本来なら総重量の軽いカーボンシャフトの方がヘッドスピードが上がって飛距離も出るものなのですが、結果としてはヘッドスピード・ボールスピードともに同じ数値となりました(2ヤードスチールシャフトの方が飛んでいますが)

また、2019年に発売された飛びに特化したモデルであるゼクシオクロスとも比較しています。このモデルは7番でロフト角25°というアイアンで、こちらも飛び性能が高いのが特徴のモデルです

ゼクシオクロスはエピックフォージドよりもさらに軽量なのでヘッドスピードは速くなっているのですが、その割にボールスピードは両者ほぼ同数値を記録しています

これを見てみると如何にキャロウェイ エピック フォージド スターアイアンのボールスピード性能が優れているのかがわかってきますね

素晴らしい飛距離性能で、アイアンに飛びという結果をはっきりと求めるなら満足できる確率は非常に高いモデルです

 

ヘッドスピード40m/s以下なら迷わず純正カーボンを選ぶべき

まさ
まさ
まずは自分のヘッドスピードを把握するのが重要

純正カーボンは軽量でかなり振り抜きの良さを感じられるシャフト、総重量的300g中盤なのでドライバーのヘッドスピードが40m/s以下であれば迷わずカーボンを選択するべきです。特におすすめなのは36m/s〜38m/sあたりのヘッドスピードの方には最も振りやすい重量感です

逆に40m/s以上のヘッドスピードが出るなら純正カーボン装着モデルだとかるすぎるので軽量スチールシャフトのNS950neoがおすすめです

フレックス(硬さ)に関してはRシャフトを選択するほうが飛距離的には有利なので、基本的にはRを選ぶほうが良いでしょう

 

高さが出るのでグリーン上でも止められるので心配は無用

まさ
まさ
落下角度もしっかりついているので飛び系ながらグリーン上でもちゃんと止められる

純正カーボンシャフトとスチールシャフトではキャリーと総距離の部分にはそれほどの違いはあまり出ていませんでしたが、わずかながらカーボンの方が打ち出し角が高くバックスピン量も多い結果が出ました

純正カーボンは先端が気持ちよく走るシャフトなのでインパクト時にはロフト角もスチールに比べるとつきやすく、高さを出していきやすくなっています。やはり専用シャフトなので強力なストロングロフトのエピックフォージドスターとの相性が非常に良いなあと素直に感じました

対してスチールシャフトのNS950neoの方がバックスピン量が少ないという結果になりました。純正カーボンシャフトよりも先端剛性が高いことも影響していますが、打球の強さ的にはスチールに部があるので風の影響は受けにくく、これはこれで良い味付けかなと思います

ただお互いに落下角度が45度前後ついているのでほとんどのグリーンで問題なく止めることができます

 

ヘッドはターンしづらいのでローテーションが少なめのシャットスイングと好相性

まさ
まさ
フェースを閉じてテークバックできる方の方が相性が良い

見た目的にも重心距離が長いタイプだなと感じましたが、打ってみてもイメージどおりの挙動でした

ヘッド自体は思い切り捕まえに打っていってもターンは少なめで、左へのミスは出づらく直進性が高いモデルであることは間違いありません

飛びは重視するけどここ一番で引っ掛けて大怪我、なんていうミスは出づらいかなと感じます

スイング的にはフェースローテーションを使うタイプの方だと、テークバックで開いたフェースが戻りきらずに右へのミスが多くなるでしょう。対してフェースをシャットに閉じてクラブを扱える方にはドンピシャの挙動となるので、直進性な高さの恩恵を大いに受けれます

 

打感ははっきり言って硬いので好みはわかれる

まさ
まさ
弾き系特有の打感と音なので好き嫌いは分かれそう

打感は硬めで好みがはっきりわかれる感触。当然打音も高めで弾き感が強いモデル

パチンという感じで弾き感の強いタイプが好きな方であれば気持ち良く打てるかと思いますが、軟鉄鍛造系の音や打感が気に入っているという方だと違和感しかないはず

ただ打感やフィーリング的な部分は好みが大きくわかれるので良いか悪いか別の話かなとも思います

個人的には軟鉄鍛造系のアイアンに慣れているので、良いとは感じませんでした

 

入射角が緩めのシャロースイングの方が性能を発揮できる

まさ
まさ
ヘッドの入射角が緩やかな方が相性が良い

重心位置も低くロフトも非常に立っているアイアンなので、ヘッドの入射角が緩くシャローなスイングタイプの方がヘッドの性能を発揮しやすいでしょう

逆に入射角が鋭角でダウンブローに打っていく方だとストロングロフトの恩恵を受けるよりもデメリットの方が大きくなります

入射角に関してはゴルフショップの計測器などでも測れますが、ターフの取れ方でも判断可能です。ターフが薄い、あるいはあまり取れないという方は入射角が緩めだと判断していいでしょう

 

エピックフォージドスターアイアンの総評

こんな方におすすめ

  • とにもかくにもアイアンで飛距離を出したい方
  • アイアンで飛距離が落ちてきたと感じている方
  • 打感よりも結果を重視する方

総合評価:

見た目はすっきりしているのに飛距離性能は驚異的なほど出ます。飛距離不足を補ったり、まだまだアイアンで飛ばしたい!という方にはもってこいのモデルです

打感は金属感が強いのですが、結果が出てくれるアイアンが良いという方なら何の問題もありません

そしてスイング的にはターフをあまり取らない入射角が緩めの方の方が扱いやすいと思います。ターフを大目にとっていく方で飛距離を出したいという方は、同時に発売される「キャロウェイ Xフォージドスター」の方が相性が良いはず

とにかくアイアンで飛ばしたい!という方は一度試してみて下さい

この記事が役に立ったという方は是非ともシェアのほど宜しくお願い致します

以上、キャロウェイ エピックフォージドスターアイアン試打評価【キャロウェイ】飛びをを求めるならめちゃくちゃおすすめできるアイアン。という話題でした

エピックフォージドアイアンを安く買うならフェアウェイゴルフが断然おすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

フェアウェイゴルフで取り扱っているのは「エピックフォージドアイアン」という名称のUSモデルです。日本モデルであるエピックフォージドスターとヘッド自体は同じですが、わずかにヘッド重量が重たくなっています

装着シャフトは様々な種類が選択できますが、全体的に重めになるのでそこだけ注意して下さい

人気記事2019】ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバー28機種を厳選紹介!

人気記事【2019】ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバー29機種を厳選紹介!