MENU
距離計&用品

【評価レビュー】ファインキャディJ3 レーザー距離計|神レーザーの後継モデル【口コミ・評判】

レーザー距離計 ファインキャディJ3を購入し、実際にラウンドテストを行い使用感をチェックしました。

評価の高かった前作ファインキャディJ300の後継モデルであり、発売前から注目していたのが今作です。

小型タイプでもブッシュネルなどのハイエンド並に正確で、なおかつ3万円以内で買える優秀なレーザー距離計を探している方におすすめできるモデルです。

それでは、ファインキャディJ3を実際にラウンドで使用した感想をもとに、良かった点とイマイチだった点を正直にレビューしていきます。購入の参考にしてもらえれば幸いです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ファインキャディJ3の外観やサイズ感

サイズ/重量92.7 x 34.29 x 62.2 mm / 140g
測定範囲5-800 m
測定単位Y(ヤード), m(メートル)
測定速度一般測定 : 0.2秒台
ピンファインダー測定 : 0.5秒台
倍率6X
視野7.0°
対物レンズ20mm
接眼レンズ14.6mm
視野調整範囲±5dpt
レーザーレベルClass 1
電力供給3.7V / 800mAh
バッテリー寿命充電/放電 500回
バッテリー駆動時間7,000回測定
*フィールドの実際距離 測定基準
防水生活防水
高低差補正対応
ピンファインダー機能対応
USB充電端子USB Type-C

ソース:ファインデジタル

 

ファインキャディJ3は当サイトやYouTubeチャンネルでは神レーザーとして紹介していたファインキャディj300の後継機種です。

カラーは現在ブラックのみですが、前作は途中からホワイトカラーが追加されたりしたので、今後ラインナップの拡充が行われる可能性はあります。

ファインキャディJ1000というモデルもありますが、OLEDディスプレイを搭載したJ300の上位互換という位置づけですので、J3はJ300の後継であると認識しておくのがいいでしょう。

 

ファインキャディJ3は高級感がある

ファインキャディではお馴染みである表面のシボ加工は今作も健在。高級感はけっこうあって安っぽい印象はまったくありません。

 

ファインキャディJ3のサイズ感

手に収まるサイズ感です。ポケットに入れてもかばりません。非常にコンパクトです。

 

本体上部には計測ボタンとモード切り替えボタンが配置され、高低差補正機能をオフにした場合は先端が赤く光るようになっています。

計測ボタンを短押しで一般測定。長押しをするとピンを簡単に補足して計測できるピンファインダー機能が使えます

モードボタンはメートルとヤードの切り替え、および高低差機能の切り替えに使用します。

 

ファインキャディj3は充電式です。連続使用回数は7000回。

覗き込む部分を回転させることでピントの調整ができます。

 

ファインキャディJ3の良かったところ

それでははファインキャディj3を実際にラウンドで使用して感じた特徴を紹介していきます。

すでに小さかった前作よりもさらに小型と軽量化した

前作のJ300の段階ですでにかなり小さいレーザー距離計でしたが、J3はさらにコンパクトかつ軽量化をしてきました。

実測でも140gを切っており、最軽量ではありませんが、トップクラスの軽さであることは間違いありません。

現在ファインキャディでは最も小さいレーザー距離計です。

さらに、小型化しても前作同様にグリップのしやすい形状になっています。

他メーカーにはこのJ3よりも小型のレーザー距離計(ゴルフバディGB Laser atomなど)はありますが、コンパクトサイズでも握りやすさを譲らないのがファインキャディの良いところ。

 

ディスプレイが2倍明るくなって視認性がアップ

ファインキャディj3のディスプレイ

高透過率LCビューファインダーを搭載。従来モデルよりも2倍明るくなったとのこと。

従来モデルとはファインキャディJ300J100のことだとは思うのですが、それと比較した場合あきらかにディスプレイが明るくなりました。

ここは正当進化だと思いますし、素直に良いところとしてあげられます。

 

ファインキャディJ300ラウンドテスト①

上の画像がファインキャディJ300のディスプレイです。計測面ではピカイチだったJ300も、J3と比べるとディスプレイはすこし暗いです。

J300のディスプレイでも問題はないんですけど、J3を使うと戻れないほど明確に違います。

明るさは正義です。

 

ピン区分振動アラームという機能が素晴らしい

ファインキャディJ3の本体

今作から新たに追加された機能が「ピン区分振動アラーム」です。

ピンファインダー測定が完了した場合は2回震えますが通常だと1回だけ振動します。

ピンファインダー機能とは:ピンなどの小さくて補足することが難しい目標物を計測するための補助機能。

背景に木などが重なっている場面でも、ピンファインダー機能を使えば最も手前側の目標物を優先的に計測できます。

ピンファインダーを使用した場合でも、誤計測をすることは当然あります。誤計測の場合は通常測定と同じように1度だけ振動するのでわかりやすいです。

要するに、ピンファインダー機能がしっかり使えた場合は2回振動するので直感的にわかりやすくなったとうだけです。

ただ、コレは説明するのが難しいのですけど、実際の使用感が素晴らしく向上しています。正直地味なアップデートですけどね(笑)

 

ファインキャディJ3の気になったところ

ファインキャディJ3は前作同様に完成度は高いですが、すこし気になった点を紹介します。

前作よりもバッテリーは弱体化した

今作はフル充電で7000回の連続使用ができます。これは大体30〜40ラウンド使えるということなんで、十分すぎるバッテリー性能です。

ですが、前作J300はなんと3万回でしたので弱体化してしまったというわけです。

まあJ300のバッテリーがヤバすぎるだけではありますが、ここは維持していれば最高でした。

 

価格が高くなった

22,000円ぐらいで購入できたj300よりも約4,000円ほど高くなりました

新製品だし、最近の物価高騰の影響も受けているとは思いますが、そこまで極端なアップデートがされていないので、高くなったなーというのが正直なところ。

実際J300や、2万円以下でも買えるJ100でも十分高性能なので、コスパ重視ならj3よりもそちらがおすすめです。

2022年11月15日追記:現在は22,900円になり価格が安くなりました。これだったらJ300よりもJ3がおすすめです。

 

ファインキャディJ3の精度は申し分なし

いつもどおりプロ使用率が高く、精度に定評のあるブッシュネルとの精度比較を行いました。

結論をいうと、精度は全く問題がなくブッシュネルと比較しても遜色ない性能でした。

右側がブッシュネル ツアーV5です。ブッシュネルは画面下が補正距離、ファインキャディJ3は画面上部が高低差補正後の距離です。
ファインキャディJ3の計測精度

直線距離にのみ1ヤードのズレがでましたが問題ありません。

 

ファインキャディJ3の計測精度2

直線距離、高低差補正後の距離もまったく同じです。

 

ファインキャディJ3の計測精度4¥3

こちらも全く同じです。

 

合計2.5ラウンドで使用し、精度の比較を行いましたが、ほぼ同じ計測距離になりました。

ブッシュネルと比べてファインキャディは不安定だという意見もたまに見かけますが、ブッシュネルユーザーのぼくからしても安定性でファインキャディが劣っているとは思いません。

精度についてはなんの問題もなく使えます。

 

ファンキャディJ3はこんな人におすすめ

ファインキャディJ3「小型でもブッシュネル並に安定して正確に計測ができる低価格のレーザー距離計が欲しいかた」におすすめです。

ほんとに正確に測れるので、変な中華製を一か八かで買うよりもよっぽど満足度が高いと思います。

ちなみにもっと小さいのが良いなら「ゴルフバディ GB Laser atomがおすすめです。

OLEDディスプレイのリッチな画面で計測をしたいなら、J3よりも少し値段が高くなりますが「ファインキャディJ1000」をおすすめします。

ファインキャディJ3の総合評価

ファインキャディJ3の紹介でした。総合評価はこのような感じです。

価格が上がってしまったので前作よりもコスパ面は厳しい評価となりましたが、小型化しながらも計測スピードも精度もブッシュネル並に安定しています素晴らしい完成度であることは間違いありません。

2022年11月15日追記:現在は価格が修正されて22,900円になったのでコスパは高くなりました。評価もし直しました。

高コスパとなったので買って後悔することはないです。

まあ、ファインキャディJ300J100から無理して買い換えるほどではありませんが、これからファインキャディのレーザー距離計を買うなら、視認性の良さと使用感が向上したJ3を検討してみるのが良いと思います。

おすすめ度

合わせて読みたい

関連レーザー距離計おすすめ人気ランキング(ゴルフ用)|価格別に分けて紹介【コスパ+口コミ&評判+選び方】

関連 【レビュー】ファインキャディJ1000|OLEDディスプレイ搭載レーザー距離計では驚きのコスパ

関連ファインキャディJ300レーザー距離計 評価レビュー|使用感は神の領域に進化

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

関連【GOLFBUDDY GB LASER lite評価レビュー】コスパ最強のレーザー距離計が爆誕

関連「ゴルフバディaim L11」レーザー距離計評価レビュー【口コミ】前作から使用感が格段に向上

関連【ブッシュネル ツアーV5シフトジョルト評価レビュー】計測爆速&正確で使いやすさも最高なレーザー距離計

関連【評価レビュー】NINJOR GOLF NJ007レーザー距離計|低価格で高速測定もできるが、やや不安定【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】EENOUR SW-1000Dレーザー距離計|OLEDにマグネット搭載で破格の安さ!これは買いだ【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】キャディトーク MINI HDレーザー距離計|軽量コンパクトで精度も良いけど【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】Blue Tees Golf Series 3 Max|自動照度ディスプレイで抜群に見やすいレーザー距離計【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】ブッシュネル ピンシーカープロX3ジョルト|これぞまさに最強のレーザー距離計だ【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事