PR

試打&評価

【試打評価】スピーダーNXブラック|万能で使いやすすぎる!新世代の先中調子【口コミ・評判】

ゴルフ雑記帳のまさです。

今回はフジクラの2023年モデルシャフト「スピーダーNXブラック」を購入し、試打計測とラウンドテストを行ったので使用感をレビューしていきます。

今回もいつものように弾道計測機GCクアッドを用いたデータ計測行いました。

様々な項目にわたって評価を行いましたが、飛距離、捕まり、操作性など、一部の評価は10点満点中9点を超える高評価です。

思っていたよりも癖がなくて使い勝手がいいのは確かでした。しかし、全てが万能なわけではないため、どのようなゴルファーにおすすめなのか、またどんな人に特に力を発揮するのか等、詳細な評価とともに試打評価をまとめた記事となっています。

皆様にとって最適なシャフト選びの参考にしていただければ幸いです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

スピーダーNXブラックの概要

スピーダーNXブラックの試打に使用したクラブ

「これまでの概念を覆す新しい常識を創る先中調子」というのが公式サイトに記載されているスピーダーNXブラックのキャッチコピーです。

キャッチコピーにもあるとおり、スピーダーNXブラックは先中調子というシャフトとなっています。

捕まって飛ばせるというのがいわゆる先調子系シャフトの一般的なイメージですが、「当たり負けしそう」だったり、「安定感がない」というようなネガティブなイメージも同時にあるのは否めません。

そこで、今作はフジクラのVTCテクノロジーを活かし、先端から中間のトルクを締めることで安定性と操作性を高め、それによって飛距離と安定性を両立したモデルがスピーダーNXブラックです。

SPEEDER NXシリーズに搭載している、VARIABLE TORQUE COREテクノロジー。
先端から中間の捩り剛性を高めることで、ヘッド挙動が安定し、インパクト時のブレを抑制しました。
これまでの先調子系シャフトにはない操作性、安定性を生みました。
※当社比較で、従来の先中調子(SPD EVO Ⅶ)との対比でオフセンター時のボールのバラツキが軽減しました。

引用元:フジクラ

スピーダーNXブラックのデザイン

コスメはブラックで、手元側はクリア塗装が施されています。

スピーダーNXブラックのデザイン2

そして先端側はマット仕上げです。

スペックは40g台〜70g台までの重量帯でラインナップされています。

発売日は2023年9月7日。メーカー希望小売価格は44,000円(税込)

スポンサーリンク

スピーダーNXブラックの振動数と中間剛性

スピーダーNXブラックの振動数は258cpm

スピーダーNXブラック 60Sの振動数を計測したところ、258cpmです。

カスタムシャフトで、しかも60g台の中では平均的な値でした。

ちなみにスピーダーNXブルー60sの振動数は259cpm。スピーダーNXグリーン60Sは261cpmとなっています。

NXシリーズは振動数で大幅な違いは出ていません。が、この中で見れば最も手元剛性は低そう。

先中調子ということだったのでもっと振動数が高いのかと思っていましたけど意外。

スピーダーNXブラック 60S258cpm
スピーダーNXブルー 60S259com
スピーダーNXグリーン 60S261cpm

スピーダーNXブラックの中間剛性

 次にセンターフレックス計にて中間剛性を計測してみました。あくまで静的な計測ですが、数値が大きいほど硬くなっていきます。

中間部は4.72kg。

60g台のカスタムシャフトの平均値は約4.8kgなので、平均よりはわずかに低い数値です。

ここもNXシリーズで比べたのが以下

スピーダーNXブラック 60S4.72kg
スピーダーNXブルー 60S4.7kg
スピーダーNXグリーン 60S4.92kg

スピーダーNXグリーンが最も硬い。

スピーダーNXブラックの中間剛性

もう少しヘッド寄りの部分も計測してみると4.78kgです。

スピーダーNXブラック 60S4.78kg
スピーダーNXブルー 60S5.04kg
スピーダーNXグリーン 60S5.08kg

このポイントでもグリーンが最も硬さがあって、次点で初代NXのブルーです。

同じくフジクラから発売されているベンタスレッドやTRレッドなどは手元を硬めに設定し、相対的に先端側に動きを出すという感じでしたが、NXブラックは手元と中間部でブルーやグリーンと大きな差はないけれど、先端寄りの箇所を緩めに設定しているような印象です。

これが実際に振ったらどうなのかというのが気になるところ。

スピーダーNXブラックの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:コブラエアロジェットLS
  • シャフト:スピーダーNXブラック60
  • フレックス:S
  • ロフト:9.0°
  • トルク:3.8
スポンサーリンク

【試打の結論】振った感じはほぼ中調子なのに、しっかり捕まって飛ぶ先中系

スピーダーNXブラック60s

結論から言っておくと、振った感じはほとんど中調子という感覚で、スイング中に先調子感はないです。

ただ、結果を見てみると「しっかり捕まって初速も出る」「先系だけどバックスピンが増えすぎずに強弾道」ゆえに飛ぶということで、先系の飛距離重視シャフトにありそうな計測データとなりました。

変に走りすぎる感じもなく扱いやすいのに、結果的に先調子系シャフトの恩恵を受けられるというシャフトでした。

捕まりの良さや飛距離性能が欲しいけれど、先調子タイプのビュンビュン感が嫌いという方や、動きが出すぎるとタイミングが取りにくいと感じていた方にも扱いやすいモデル。

まあ捕まりは中々良いので、明確に左へのミスを減らしたいと思っている方ならNXグリーンの方がおすすめです。

良かったところ
気になるところ
  • 振り感は中調子でタイミングが取りやすい
  • よく捕まって高初速を実現
  • スピンは増えすぎずに強弾道で飛ばせる
  • 捕まりが良いので、左を絶対的に消したいならNXグリーンがおすすめ
スポンサーリンク

【レビュー】スピーダーNXブラックの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

飛距離【9/10】

当サイトのドライバーの飛距離基準
  • キャリー250ヤード以下:普通
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測
スピーダーNXブラック計測データ3

計測時のヘッドスピードは45m/s〜46m/sです。

今回の計測での平均キャリーは264.4ヤードとなっており、かなり飛ぶという位置づけ

初速も平均で66.9m/sで高効率なところも見逃せません。

振り感は中調子であると言いましたが、しっかりと弾いてくれているようで初速はかなり出しやすいシャフトです。 

スピーダーNXブラック計測データ

こちらはフェースのやや上目に当たったデータですが、当たり負けをせずにしっかりと初速を稼げています。

メーカーが言うように当たり負けしづらい先中調子というのは実感できました。

低スピン性能【8/10】

スピーダーNXブラック計測データ2

先中調子ということですがバックスピン量が特別増えやすいという感じはありませんでした。

平均データでは2133回転で低スピンと呼べる数値で吹き上がる心配は全くないです。

捕まり【9/10】

スピーダーNXブラックの弾道イメージ4

捕まりはまあまあ強い部類で、平均データをみるとUSTマミヤのアッタスキングに近い捕まり具合でした。

スピーダーNXブラックの弾道イメージ1

右へのミスは出づらく、擦ってしまったり滑るような感覚はほぼないです。

上がりやすさ【7/10】

スピーダーNXブラックの上がりやすさ

上がりやすいかなーと思いきやピーク時の高さは平均的でした。

中弾道とまではいきませんが、色々なシャフトがある中で特別上がりやすいということはありません。

安定性【8/10】

スピーダーNXブラックの弾道イメージ3

先中調子というモデルですが安定性は優秀です。

捕まるので左方向へは集まりやすいですが、一貫性もありマネジメントもしやすいです。

オフセンター時のヘッドのねじれも比較的抑えられているので、ばらつきが出やすいシャフトではありません。

しなり戻りのスピード感【7/10】

スピーダーNXブラック60s

しなり戻りのスピード感はそこまで極端ではなかったです。

スピーダーの先系らしさがあるかと想像していましたが、あくまでNXシリーズの中では先系になっているという所に留まっています。

なのでタイミングは取りやすいです。

操作性【9/10】

先中調子というタイプの中では操作性では傑出した存在であると感じました。

特に考えずに振ればナチュラルにドローが出ますが、フェードを打つことも全く問題がありません。

高低の打ち分けも結構しやすく、抑えたい場合での反応も上々です。

総合評価【8.1/10】

スピーダーNXブラックの評価チャート

総合評価は10点中8.14点。

8点以上はとても評価の高い点数となりますが、スピーダーNXブラックはNXシリーズで最も扱いやすいシャフトです。

特に飛距離性能・捕まり・操作性という項目においては優秀なシャフトとなっています。

振った感じはほとんど中調子なのに、先系の要素を+した感覚で万人が使いやすいモデルだと評価します。

スピーダーNXブラックをおすすめする人、おすすめしない人

スピーダーNXブラックの試打に使用したクラブ

スピーダーNXブラックをおすすめする人、おすすめしない人というのが下記。

おすすめするゴルファーはこんな方

  • 癖のないしなりでありながら、飛びと捕まりが欲しい方
  • なるべく右方向へのミスをなくしたいけど、頼りないシャフトは嫌な方。
  • 先系でも上がりすぎないで強弾道で飛ばしたい方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • 左方向への打球をとにかく減らしたい方
  • 超高弾道が良い方
  • 先系特有の振り感でないと嫌な方

スピーダーNXブラックの試打評価まとめ

スピーダーNXブラック60s

スピーダーの先中シャフトということで、もっとビュンビュン走る感じかと思いきや、ほぼ中調子のしなり感で癖のないモデルでした。

ただ、スピーダー特有の走りは薄いけれど、結果を見れば捕まって飛ぶというスピーダーの原点となる要素はしっかりと踏襲されているあたりにモノづくりの上手さを感じたのも確かです。

基本的にはスピーダーNXシリーズの中では先を緩めたという印象ではあるけれど、シリーズ中ではもっとも優しく、万人が扱えるシャフトになったと思うので、多くの方がチャレンジしやすいと感じます。

メーカーが言うように安定と飛距離は両立しやすいシャフトであることは確かでした。

まさ
まさ

個人的にも買ってからの満足度は高くてかなり気に入ったのですが、これは素直におすすめです。

良かったところ
気になるところ
  • 振り感は中調子でタイミングが取りやすい
  • よく捕まって高初速を実現
  • スピンは増えすぎずに強弾道で飛ばせる
  • 捕まりが良いので、左を絶対的に消したいならNXグリーンがおすすめ
合わせて読みたい

関連飛ぶカスタムシャフトおすすめ人気ランキング【ドライバー・フェアウェイウッド用】

関連フジクラ、ベロコア搭載のアイアンシャフト「AXIOM」が発売|特徴&取扱いショップ情報

関連【試打評価】スピーダーNX グリーン|凄まじい安定感と振りやすさの共存【口コミ・評判】

関連【試打評価】フジクラ スピーダーNX|低スピンドローで飛ばせる最強スピーダー

関連 【試打評価】ベンタスTRブルー|これは叩ける!超安定の低スピンフェードシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRブラック|硬い硬い硬い!だけど安定して超飛ぶシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRレッド|初代以上の弾き感と捕まり【口コミ・評判】

関連【試打評価】USTマミヤ LIN-Q BLUE EX|鬼のフェード系シャフト【口コミ・評判・インプレ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事