プロのクラブセッティング

【2019】ゲーリー・ウッドランドの最新クラブセッティング|全米オープンチャンピオンこだわりのギア

ゲーリー・ウッドランド クラブセッティング

どうもまさです

2019年の全米オープンで悲願のメジャー初優勝を飾ったゲーリーウッドランド

低弾道ショットや、安定したショット、ショートゲームの巧みさなど、全てを高次元でこなすプレーヤーでありながら飛ばし屋として有名です(平均飛距離309ヤードでドライビングディスタンス11位)

そこでこのページでは、『ゲーリーウッドランドのクラブセッティング』についてご紹介していきます

是非クラブ選びに参考にしてください

ゲーリーウッドランドの最新クラブセッティング

ドライバー:PING G410 PLUS

  • ロフト:9度
  • シャフト:Accra TourZ RPG 472
  • フレックス:M5+
  • 長さ:44.75インチ

ゲーリーウッドランドはウィルソン契約ながらドライバーには、PING G410 PLUSを使用しています(このモデルの前にはG400を使用しており、その流れで新作に移行した模様)

2019年に発売されたモデルの中でも直進性と飛距離性能の評価の高いドライバーです 後述する3番ウッドにはLSTという捕まりすぎを抑えた低スピンモデルを入れていますが、こちらはG410の3機種中最も直進性が高く、優しく高弾道打てるタイプであるPLUSを採用しています

理由としてはロフト角9度のモデルを7度に調整して使用しているため。2度もロフト角を立つ方向に調整している為、フェースアングルが開くことから、LSTではなくPLUSをチョイスしているのでしょう

また装着シャフトにはAccra TourZ RPG 472というモデルを使用しています M5+というのはX+相当のフレックスになり、シャフト重量は75g。日本ではまだ馴染みの少ないシャフトですが、最先端の複合材料を9つも使用している高性能モデル

キックポイントは中元調子で先端剛性が高く、手元側の粘り感が特徴的で、比較的トルクの大きめのシャフトです(X+でも3.5)

関連PING(ピン) G410 PLUSドライバー試打レビュー|G400の計測データと比較検証

 

3番ウッド:PING G410 LST

  • ロフト:14.5度
  • シャフト:Accra Tour ZX 4100
  • フレックス:M5
  • 長さ:42.5インチ

フェアウェイウッドは1本のセッティングで、PING G410LSTの3番を使用中

ドライバーはPLUSですが、こちらはLSTという低スピンモデルを採用。さらにロフトは0.9度立てて13.9度で実際に使用しているようです

シャフトにはドライバーに装着しているモノと同じメーカーであるAccra。フレックスはM5というX相当です

 

ドライビングアイアン:ウィルソンstaffプロトタイプ

  • ロフト:18度
  • シャフト:KBS Tour C-Taper 130
  • フレックス:X

2番アイアン相当のアイアン型ユーティリティを使っていますが、こちらは完全なプロトタイプのようで現在これ以上の情報がありません

 

アイアン:ウィルソン Staffモデルブレード

  • 番手:3番〜PW
  • シャフト:KBS Tour C-Taper 130
  • フレックス:X

ウィルソン契約となり、アイアンには現在アメリカやヨーロッパで大人気の『ウィルソンstaffモデルブレードアイアン』を使用中

ウィルソンらしい、クラシカルな見た目と薄いトップブレードがカッコいいモデル。ウッドランドの切れ味鋭いアイアンショットを支えるマッスルバックアイアンです

シャフトにはKBS C-Taper 130のXとなかなかのハードスペック。カラーリングがブラックですが、リミテッドエディションの特別カラーシャフトを装着しています

日本国内モデルは未発売で、欧米モデルのみの展開のようです。下記のリンクでは取扱い店の情報も掲載しています

関連ゲーリーウッドランド使用『ウィルソンスタッフモデルブレードアイアン』特徴とおすすめの取扱店について紹介

 

ウェッジ:タイトリスト Vokeyデザイン SM7

  • ロフト:53度-08F、58度-10s
  • シャフト:KBS Hi-Rev 2.0 125
  • フレックス:X

ウェッジには定番のVokeyウェッジの53度と58の組み合わせで使用中

シャフトにはKBS社のウェッジ専用シャフト、Hi-Revを使用中。アイアンに装着されているシャフトよりも柔らかめでしなりが出やすいタイプを採用しています

これはタイガーウッズや世界の名手たちが取り入れているのと同様の組み合わせです(アイアンよりもワンフレックス程度柔らかいシャフトを入れる)

 

ウェッジ:テーラーメイド HI-TOE

  • ロフト:64度
  • シャフト:KBS Hi-Rev 2.0 125
  • フレックス:X
  • バランス:D-3

ウッドランドが最近新しく取り入れたのが64度のウェッジであるテーラーメイド HI-TOE

マキロイやダスティンジョンソンなどの飛ばし屋同様にウェッジの本数を増やすというセッティングです

関連テーラーメイド HI-TOE(ハイトゥ)ウェッジの特徴&取扱いショップ情報

 

パター:スコッティキャメロン ニューポート プロトタイプ

パターはキャメロンのニューポートタイプで、完全なプロトタイプを使用中

 

使用グリップ:ゴルフプライド ツアーベルベットコード

 

ボール:タイトリスト プロV1

関連【2019モデル】タイトリスト プロV1/プロV1X試打&評価|世界ナンバーワンボールの最新作の実力やいかに

 

まとめ

2019年全米オープンチャンピオン、ゲーリーウッドランドの最新クラブセッティングの紹介でした

最近のPGAツアーでも珍しいほどにロフトの立ったドライバーや3番ウッドを使用するなど、個性的なセッティングですが、ウェッジを増やしたり、シャフトの組み合わせなど大いに参考になる部分がありそう

今後もセッティングが変わり次第随時更新していきます

以上、【2019】ゲーリー・ウッドランドの最新クラブセッティング|全米オープンチャンピオンこだわりのギア

人気【2019シーズン】松山英樹のクラブセッティングを徹底紹介、長さやバランスは?

関連記事
トミー・フリートウッドのクラブセッティング プロのクラブセッティング

トミー・フリートウッドの最新クラブセッティング【2019WITB】

2019年7月21日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
PGAツアー屈指のショットメーカーとして名を馳せている『トミー・フリートウッド』 パター以外のクラブではグリップを短くにぎる事でも有名 …
プロのクラブセッティング

日本屈指のショットメーカー、小田孔明プロのクラブセッティング!【2017シーズン】

2017年5月31日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです。 今回は小田孔明プロのクラブセッティングについてご紹介しようと思います。 2014シーズンの賞金王ですが、ここ数 …
渋野日向子クラブセッティング プロのクラブセッティング

渋野日向子のクラブセッティング|2019年全英女子オープンを制覇したドライバー・アイアンはこれだ!

2019年8月4日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
本記事では渋野日向子プロの最新クラブセッティングを紹介しています 2019年の全英AIG女子オープンでメジャー初挑戦で初優勝を果たした …
シェーンローリーのクラブセッティング プロのクラブセッティング

【2019】シェーン・ローリーの最新クラブセッティング|スペックまで詳しく紹介

2019年7月22日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
難コースで開催された2019年の全英オープンで独走で見事メジャー初制覇を果たした、シェーンローリー選手 クリーブランド・スリクソン契約 …
石川遼クラブセッティング プロのクラブセッティング

【2019】石川遼の最新クラブセッティング【日本プロで復活優勝】

2019年7月26日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
本記事では、石川遼プロの2019年最新のクラブセッティングを紹介しています 2019年の日本プロゴルフ選手権で見事復活優勝を飾った石川 …
プロのクラブセッティング

【2018マスターズ王者】パトリック・リードのクラブセッティング【バッグの中身】

2018年4月9日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最終更新日:2018/7/1 どうもまさです 2018年マスターズ王者のパトリックリード選手のクラブセッティングについて紹介して …