距離計&用品

【評価レビュー】ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計|斬新なコンパクトデザインと爆速計測【口コミ・評判】

ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計のレビュー

今回は、コスパの良いゴルフ用距離計を多数発売しているゴルフバディの2022年モデルレーザー距離計「aim QUANTAM」を買いました

こちらはMakuakeのクラウドファンディングで応援購入4,955%を達成し、かなり話題になっていたレーザー距離計でもあります。ゴルフバディの距離計でこういう形式をとっているのは初めてだったんじゃないだろうか・・・。理由は不明。

また、今作は業界最高速度と言われる0.15秒測定をウリにしている点と、斬新かつ超コンパクトなデザインにも注目が集まっています

というわけなのですが、aim QUANTAMを実際に買ってから、現在3ラウンドでテスト使用を行いましたので、良かった点・気になる点をレビューしていきます。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ゴルフバディaim QUANTUMの外観やサイズ感

同梱品はaim QUANTAM本体、専用ケースに充電ケーブル、カラビナ、クリーナー、マニュアルとなっています。

aim QUANTAMのスペック

サイズ95×47.3×36.5mm
スペースグレイ/メタル
重量143g
ディスプレイHigh transmittance LCDr
誤差+/-1 ヤード
測定範囲2-800メートル(2-880ヤード)
倍率7倍率
計測速度0.15秒(ZST+技術適用)
電源種類C-type(Li-ion)
バッテリー駆動時間5000回以上(フル充電基準)
防水IPX4

カラーは1種類のみです。

 

スペースグレイとメタルというカラーリングでとても高級感のある見た目です。

 

ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計のサイズ感

サイズはとにかく小さくて手のひらにすっぽりと収まります。

 

ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計のグリップ感

計測するときに持った際のサイズ感がこちら。かなり小さくてコンパクトです。形状が今までにないカタチをしているので尚更小さく感じますね。

 

ゴルフボールとの大きさ比較だとこんな感じ。

 

縦幅はボール1個分ぐらいです。この幅はそこまで薄くありません。

 

本体上部には計測ボタンとモード切り替えボタンがありオーソドックスです。計測ボタン長押しでピンファインダーに切り替えることができます。

ピンファインダーとは、ピンなどの小さいターゲットを捉える際に、背景の木などを誤って計測しないようにする補助機能です。

 

覗く部分を回転することでピント調整が可能です。

 

タイプC端子での充電に対応しています。フル充電で5000回の使用が可能です。40ラウンドぐらいはできると思います。

 

このサイズ感を実現できた理由は、照射光と受光部を一体化したという構造にあります。よく見ると照射口の下に小さな受光部が埋め込まれいるのがわかります。画期的。

あと、高低差補正機能のオンとオフは本体の先端にスイッチがあります。

 

スライド式でワンタッチで切り替えることができます。

 

ゴルフバディはいつもナイロン製なのですが、今回は高級感?のあるレザー調でした。

 

内側はGOLFBUDDYのロゴが散りばめられています。

 

本体を入れてみるとこうなります。あまりにピッタリすぎて少し入れづらいのが難点。

ゴルフバディaim QUANTUMの良かったところ

それではゴルフバディ aim QUANTAMを実際にラウンドで使用して感じた良かったところを紹介していきます。ちなみに小さいのは見ればわかるので省きます。

凄まじいハイスピード計測が可能

計測スピード0.15秒を謳っているだけあって、非常に速いです。最近はどんどんスピードの速い距離計が出てきているのですけど、その中でもトップクラスの性能です。

ブッシュネルPRO X3ボイスキャディTL1ファインキャディJ500等の最高速度と体感的には同等でした。

現状はここであげた距離計が横並び状態。aim QUANTAMが最も速いわけではありませんが、最高スピードが出る距離計のひとつです。

ちなみに計測スピードは、スマホで言う所の操作のヌルヌル感や、ページの読み込み速度などと同じで、使用感に多大な影響を与えます。

あと、ピンファインダー機能を使用するとスピード低下を引き起こす距離計も存在しますが、aim QUANTAMはピンファインダーを使ってもとても速くてとにかく快適です。

 

小さいけれど7倍望遠で遠くのターゲットも見やすい

本体が小さくなると気になるのは視認性でございますが、aim QUANTAMはゴルフバディでは初となる7倍望遠となりました。おかげで遠くの小さいターゲットも見やすくなっています

現状でも、ほとんどの距離計は6倍を採用していて、7倍望遠を備えているモノはまだ数が多くありません。7倍の代表的なモデルだとブッシュネルPRO X3です。

地味ながらさすがのクオリティでした。

 

最短2mまで計測ができるのでパッティング時にも使える

ここに関してはゴルフバディの距離計にほぼ共通している点なのですけど、2mから計測ができるのでグリーン上で使うことができます。ちなみに多くの距離計は5mからなんてモノが多くて、グリーン上で使うのには適していません。

特にグリーンで歩測を行うような方にとってはとても役立つし、歩測よりもプレースピードがアップするのでメリットが大きいです。

ちなみにぼくは歩測する派なので、これは超嬉しい機能。

ゴルフバディaim QUANTUMの精度検証

精度についてはブッシュネル PRO X3というブッシュネルのハイエンドモデルとの比較です。

結論をいうと、ゴルフバディ製のレーザー距離計だけあって、精度は相変わらず良いです。ブッシュネルとほぼ同じ数値でした

左側がゴルフバディ、右側がブッシュネル PRO X3す。ブッシュネルは画面下が補正距離、ゴルフバディは画面上部が高低差補正後の距離です。

関連【評価レビュー】ブッシュネル ピンシーカープロX3ジョルト|これぞまさに最強のレーザー距離計だ【口コミ・評判】

 

左がゴルフバディ、右がブッシュネル。

200ヤード以上を計測しても全く同じ数値でした。素晴らしい。

 

直線距離で1ヤードのズレが発生していますが誤差の範囲。

 

ここは全く同じです。

 

ここでも同じ。

精度は最高で文句なし

合計3ラウンドで使用しましたが素晴らしい計測精度で非の打ち所がありません。業界最高精度を誇るブッシュネルと同等の性能と言ってしまっていいでしょう。

ゴルフバディaim QUANTUMの気になったところ

性能としては素晴らしいものがあり、高い完成度を誇りますが、ここからはaim QUANTUMの少し気になったところも紹介しておきます。

手が大きいと形状的に少し持ちにくい。女性には丁度良いと思う

ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計のグリップ感

今作の売りは小ささとその独特なデザイン。見てもらうとわかるめちゃくちゃコンパクトです。

カタチも従来のレーザー距離計とは一線を画す四角いカタチをしています。まあオシャレな感じもするし、オリジナリティもあって良いと思います。

でもこれが結構持ち辛かったです。メーカーは人間工学に基づいて作成したとしていますが、「それは嘘やろ!」と思っていますどう考えても計測の時にグリップし辛いです。

特に手の大きな人は持ちづらさを感じると思われます。ただし手の小さい方や女性だと丁度よくなりそう。

 

GB LASER atomの方がポケットへの収まりは良い

小さくて良いぞ!と思ったんですけど、同じくゴルフバディが販売しているGB LASER atomの方が厚みが薄くてポケットに入れた時の収まりが良いです。

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

 

というのも、aim QUANTUMはatomと比べると厚みがそこそこあります。小さいレーザー距離計を選ぶ理由はポケットに入れたり、とにかく収納時の収まりを重視するわけなので、この厚みは如何ともし難い。

 

こう並べるとaim QUANTUMの方がコンパクトなんですけど、ポケットに入れる場合にはatomの方に歩があります

とは言っても、ポケットに入れないなら関係ないですし、atomは現在最小サイズと呼べる大きさなので、aim QUANTAMが小さくて持ち運びしやすい点は優れています。

ゴルフバディaim QUANTUMのコスパは微妙

 

 

aim QUANTUMの価格は現在34,900円。正直言うとコスパは微妙です。

なぜならゴルフバディには先程あげたGB Laser atomが24,900円で買えてしまうから。コスパを重視するならatomの方が優秀。

この2つで比べた時に1万円の差があるほど計測スピードに差があるとは思えませんし、望遠6倍でも十分だからです。

性能だけでなく価格も考慮する場合、個人的にはGB Laser atomを選ぶか、もしくはファインキャディJ3J500あたりがおすすめ。

ただし、性能はすこぶる良いですし値段なりのクオリティは十分あります。なおかつ斬新でおしゃれな見た目を重視するならaim QUANTUMは普通にカッコいいし面白いからおすすめ。

ゴルフバディaim QUANTUMの総合評価

ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計の評価

価格のわりに機能が普通だったのと、ゴルフバディにもっと低価格でも性能的に十分な距離計があるのでコスパは微妙なところだけがネック。ゴルフバディは他の機種が安すぎるのが問題(笑)

とはいえ、基本性能は洗練されてきた印象で非の打ち所がありません。スピード、精度、サイズ感と、軒並み高評価です。斬新なデザインと精度・性能にこだわるならおすすめ。

おすすめ度

合わせて読みたい

関連レーザー距離計おすすめ人気ランキング(ゴルフ用)|価格別に分けて紹介【コスパ+口コミ&評判+選び方】

関連【評価レビュー】ファインキャディJ3 レーザー距離計|神レーザーの後継モデル【口コミ・評判】

関連 【レビュー】ファインキャディJ1000|OLEDディスプレイ搭載レーザー距離計では驚きのコスパ

関連【評価レビュー】ファインキャディJ500 レーザー距離計|3万円以下では最速の計測スピード【口コミ・評判】

関連ファインキャディJ300レーザー距離計 評価レビュー|使用感は神の領域に進化

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

関連【GOLFBUDDY GB LASER lite評価レビュー】コスパ最強のレーザー距離計が爆誕

関連「ゴルフバディaim L11」レーザー距離計評価レビュー【口コミ】前作から使用感が格段に向上

関連【ブッシュネル ツアーV5シフトジョルト評価レビュー】計測爆速&正確で使いやすさも最高なレーザー距離計

関連【評価レビュー】NINJOR GOLF NJ007レーザー距離計|低価格で高速測定もできるが、やや不安定【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】EENOUR SW-1000Dレーザー距離計|OLEDにマグネット搭載で破格の安さ!これは買いだ【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】Blue Tees Golf Series 3 Max|自動照度ディスプレイで抜群に見やすいレーザー距離計【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】ブッシュネル ピンシーカープロX3ジョルト|これぞまさに最強のレーザー距離計だ【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】キャディトークCUBE レーザー距離計|キャディモードは革命的な神機能だった【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビ|コスパ最強ナビに待望の3点間距離表示が追加【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
【レビュー】ゴルフプライド MCCプラス4 グリップ11 距離計&用品

【レビュー】ゴルフプライド MCCプラス4 グリップ|太グリップの到達点かも【口コミ・評判】

2022年5月24日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
今回は、ゴルフプライドの太グリップ「MCCプラス4」を購入し、実際に数ヶ月ラウンドで試してみたので紹介していきます。 現在はメイングリップ …
【レビュー】elite grips アイプレーンプロ16 距離計&用品

【レビュー】elite grips アイプレーンプロ |練習効果が最強のスイング調整システム【口コミ・評判】

2022年5月18日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
 エリートグリップから発売されているスイング調整システム i.PLANE PRO(以下、アイプレーンプロ)を購入し、しばらく使い込んでみたの …