ゴルフ用品&計測器

【GOLFBUDDY AIM W10評価レビュー】フルカラーで精度も高い時計型ゴルフナビ

GOLFBUDDY AIM W10レビュー

ゴルフ用の距離測定器は便利だけど、かさばるとラウンド中邪魔になってしまう

そう考える方におすすめなのが時計型のゴルフナビ

しかも「そこまで高価なモデルじゃなくても機能性や精度は妥協したくない」というのがゴルファーとしては誰しもがまず考えることではないでしょうか

そこで今回、ゴルフ用距離測定器メーカーであるゴルフバディの距離測定器の中から、フルカラー液晶で精度も高いと評判の「GOLFBUDDY AIM W10」という時計型ゴルフナビを実際にラウンドで使用してみました

2万円を切る価格設定ながら機能的にも優れている、今注目の時計型ゴルフナビです

まさ
まさ
この価格帯の時計型ゴルフナビとしてはかなり高機能で距離測定の精度も高い

 

GOLFBUDDY AIM W10』の概要

golfbuddy aim W10本体 golfbuddy aim W10の内容物

こちらが『GOLFBUDDY AIM W10』。1.3インチIPS TFTフルカラーの液晶で距離測定ができて、タッチ操作にも対応している時計型ゴルフナビです

重さ62gということで非常に軽量、バッテリーも約13時間保つからストレスなく1ラウンドは余裕で使用することが可能です

色々なショップで購入できますが、Amazonの本社直営からだと19900円で購入可能

スペック

サイズ46×46×14.5mm(外形×厚み)
重量56g(ベルト込)
ディスプレイサイズ1.3インチ
ディスプレイタイプTFT-LCD フルカラー(240×204ピクセル)
バッテリー充電式リチウムポリマー
バッテリー使用時間(画面照度により異なる)GPSモード:10時間〜13時間  (画面照度5に設定時だと10時間、画面照度3に設定時だと13時間使用可能)
外部接続(充電など)マイクロUSB PCインターフェース
登録コース4万コース
防水性防雨対応
スコア登録デジタルスコアカード
言語日本語含む、多言語11カ国

 

GOLFBUDDY AIM W10の細かな仕様

golfbuddy aim W10本体部分

まずは本体部分で1.3インチのフルカラータッチスクリーン

外径はまあ普通の時計と変わらないかなといった感じです

golfbuddy aim W10ボタン

本体右側にボタンがありますが、ここが電源ボタン

使用時には前画面に戻る時などに使います

本体は正直ややぶ厚めな印象

golfbuddy aim W10ベルト

ベルトにはステッチがあるので、一見すると布系の素材かな?と思いますがラバー素材です

着け心地も良い感じで、スイング時の邪魔には感じません

golfbuddy充電 golfbuddy充電ケーブル

充電やPCとの接続には専用のクレードルとUSBケーブルを使います

ACアダプタが付属しないので、コンセントから充電する場合は別途用意する必要があります

golfbuddy aim W10説明書

説明書には色々な言語がりますが、日本語ページももちろんありますのでご安心を

 

GOLFBUDDY AIM W10』の使用方法

aim W10の起動画面

本体右側のボタンを長押しで、起動します

ゴルフ場で『ゴルフをする』をタッチすれば良いだけなので非常に簡単です

 

aim W10のゴルフ場サーチ

自動でコースを探してくれるので、特に操作は必要なし

もちろん手動でも検索可能です

 

検索が終わるとこの画面になり、Tグラウンドにいけば計測が始まります

 

aim W10の計測画面

ホールは自動で変わっていくので、ここでも特別な操作は必要なし

本体に余計なボタンもなくて、とにかく操作系はシンプルです

 

golfbuddy aim W10コースマップ

先ほどの画面を右にスライドするとこのようにコースマップにもなります

戻る場合は左にスライドするだけ

ラウンド時はキープスクリーンモードにしておくと常に画面確認が可能

GOLFBUDDYスクリーンキープ-2

ゴルフ設定から変更できるのですが、『Screen Always On』をOnにしておくと、画面が省電力モードにならずに、タッチせずとも常に画面確認ができます

設定してないと、節電のために照明がおちるので、計測したい時に画面をタッチしないといけなくなります

ラウンド時はこれを設定しておくと便利かなと思います

GOLFBUDDY AIM W10』の良いところ

ココが便利①:なんといってもフルカラーコースマップ表示

golfbuddy aim W10コースマップ

計測器時に画面をタッチ操作で右・左にスライドすると、コースマップが表示されます

太陽の下でも画面の視認性が高くて、はっきりと見える点も優秀

ちなみに現在地は赤ピンで表示。この写真だとティーグランドにいます

この画面からさらに拡大してコースマップを見たい場合は、画面右の『+』のところをタッチ

 

golfbuddyコースマップ拡大1段階

するとこんな感じで拡大表示することもできます

時計型ゴルフナビで、このようなフルカラーコースマップ表示機能があるモデルは限られているから貴重な存在です

 

aim W10の計測画面

基本的な計測画面はこんな感じでシンプル、グリーンまでの距離を表示してくれています

真ん中がグリーンセンターで、上がバックエッジ、下がフロントエッジです

バッグエッジ表示も地味に嬉しい機能のひとつで、コースマネジメントの幅が広がります

 

ココが便利②時計型の手軽さはやっぱり最高

golfbuddy aim W10装着

ラウンド時に手軽に使える点が時計型はやっぱり便利

GOLFBUDDY AIM W10は重さも約56g程度なので、重さもほぼ感じませんし、スイングの邪魔にもなりません

ぼく自身40g台の時計型ナビも持っていますが、装着時の重さはそんなに違いはないと感じました

レーザー距離計のピンポイント測定も良いですが、両手が空くのはやっぱり助かります

 

ここが便利③:スコア登録がサクッとできる

golfbuddy aim W10スコア登録

スコア登録も簡単に行えるのがかなり便利

画面をタップしたりスクロールして操作するのですが、タッチパネルの感度もまずまずといった印象でした

特に難しい操作も必要なくて、サクサクとスコア登録が可能です

まさ
まさ
パット数も登録できます

 

ここが便利④:対応コースが多く、日本国内のコースもほぼ網羅されています

aim W10対応コース

こちらの画像では一部の表示ですが、日本国内のコースにもしっかりと対応しています

全世界4万コース対応なので、基本的にはどこのゴルフ上でも使用することは可能です

 

ここが便利⑤:バッテリー保ちも良い

バッテリーに関しても通常の18ホールプレーでは全く問題なく使うことができました

あえて昼休憩時もそのままにしていましたが、18ホール使っても半分ぐらい残る感じです

バックライトの点灯時間も変更できるので、工夫次第ではさらにバッテリーを長持ちさせることもできるでしょう

まさ
まさ
さらにバッテリ―を長く使いたい場合は設定の低照度維持モードに設定して使えばバッテリをもっと長く使えますのでご説明します

GOLFBUDDYメニュー画面-2

まずはメニューをタップ

 

GOLFBUDDYゴルフ設定-2

次にゴルフ設定をタップします

 

GOLFBUDDY節電-2

Diming ModeをOnにすると設定が可能です

 

 

GOLFBUDDY AIM W10』の計測精度

GPSゴルフナビは精度面がやはり一番気になるところだと思うので、今回は精度面には定評のあるイーグルビジョンとの比較を行ってみました

精度の比較のため、あえて他社製品を使用しています
golfbuddy精度確認1

イーグルビジョンではバッグエッジ表示がないので、グリーンセンターとフロントエッジの比較になります

 GOLFBUDDY AIM W10イーグルビジョン
フロントエッジ9899
グリーンセンター113114

1ヤードずつ違いますが、ほぼ同じだと言えるでしょう

 

golfbuddy精度確認2

こちらは別地点

 GOLFBUDDY AIM W10イーグルビジョン
フロントエッジ148147
グリーンセンター160162

こちらはフロントエッジは1ヤード

センターでは2ヤードのズレとなりました

まさ
まさ
精度面での信頼性はかなり高い

2ヤード程度のズレは正直なところ起こりうるのですが、極端な距離のズレなどはないという結果でした

精度面に関していえば、文句なしといったところでしょう

安心して使うことができます

 

GOLFBUDDY AIM W10』の気になる所

ヤード表示とメートル表示があるので、設定に注意

golfbuddyメートル表示

こう見ると距離が大きくズレていると感じますが、実はこれGOLFBUDDY AIM W10が『メートル表示』になっているから(数字の横にMと出ています)

この設定になっている事を知らないと距離が全く合っていないと感じてしまうかもしれません

設定でヤード表示に変更できるので、ここは気おつけたいところです

プレー時は日本語表示が未対応(追記:日本語アップデートが開始)

golfbuddy aim W10コースマップ

メインメニューでは日本語に対応しているのですが、プレイ時は日本語はまだ未対応となっています

現在こちらに関しても日本語対応へ向けて準備中とのことなので、早期のアップデートに期待したいところ

とはいっても、プレー中に表示される英語もゴルフの基本的な単語ばかりなので、通常使用にはほぼ問題なく使うことができました

追記2020年2月27日についにW10がが日本語アップデートされました

下記リンクボタンから『GBマネージャープログラム』をダウンロードして、製品を連結すればバージョンアップが可能です

まとめ:この価格帯での時計型ゴルフナビとしては、高機能で精度も高く、かなり優秀

golfbuddyコースマップ拡大1段階

GOLFBUDDY AIM W10の紹介でした

時計型ということで、当然画面範囲は限られているのですが、鮮明なフルカラータッチスクリーンは視認性もタッチ感度もバッチリでした

時計型でコースマップ表示が可能なモデルは限られていますし、GOLFBUDDY本社直営からだと2万円を切る価格なので、コスパは非常に素晴らしいと思います

計測精度も高いので、安心して使用可能な点も高評価です

現状は日本語未対応なところがまだあるのですが、アップデートにてどんどん対応されていくみたいですし、通常使用には全く問題ないかなと思います

2万円を切る価格設定で、フルカラータッチパネルということを考えるとかなりおすすめできる腕時計ゴルフナビですので、計測器を探しているという人は是非チェックしてみてください

以上、【GOLFBUDDY AIM W10評価レビュー】フルカラーで精度も高い時計型ゴルフナビ。という話題でした

まさ
まさ
Amazonの本社直営が一番安いみたいです

 

関連【2020年版】腕時計型ゴルフ用GPSナビ|おすすめ人気ランキング

関連【2020】ゴルフ用レーザー距離計おすすめ人気ランキング【徹底比較】

関連記事
GOLFBUDDY aim L10V使用レビュー ゴルフ用品&計測器

【GOLFBUDDY aim L10V評価レビュー】コンパクトで取り回しのしやすいレーザー距離測定器で、使用感が最高

2020年3月20日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
GPS内臓のゴルフナビは手軽で便利だけど、やっぱり高低差を加味してピンポイントで距離を計測したいという場合に必要になるのが「レーザー距離計測 …
ゴルフ用品&計測器

【最新版】スマホやiPhoneで距離を測れるゴルフGPSナビアプリ/人気おすすめランキング【iPhone/Android】

2017年9月27日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最終更新日:2020年11月14日   どうもまさです 残りの距離を瞬時に測れるゴルフ用のGPSナビって今たくさんの種類が販売されてい …
フライトスコープmevo+評価レビュー ゴルフ用品&計測器

弾道計測器「フライトスコープ mevo+」評価レビュー|コンパクトだけど高機能&使用感最強

2020年10月24日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
日本でも2020年10月にようやく発売となった弾道計測器「フライトスコープ mevo+」を購入しました ぼくはこれまで弾道計測器はスカ …
買って良かったゴルフギア5選 ゴルフ用品&計測器

【2020年7月〜10月】最近買って本当に良かったゴルフギア6選【ベストバイ】

2020年11月3日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
以前に使ってよかったゴルフギアという感じのものをYoutube動画を出しているんで、それもよかったら見てもらえればなと思います それで今回 …
ガーミン アプローチS60評価レビュー ゴルフ用品&計測器

【ガーミン アプローチS60評価レビュー】時計型ゴルフナビとしては最高峰の機能性

2020年2月8日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです ガーミンといえばGPS機器で有名なメーカーで、最近ではゴルフ用GPSナビも多岐に渡って発売しています そんなガーミンの中 …