MENU
距離計&用品

【評価レビュー】ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビ|コスパ最強ナビに待望の3点間距離表示が追加【口コミ・評判】

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビのレビュー

おすすめ度

今回はゴルフバディ2022年の新作ゴルフウォッチaim W12を購入し、実際に3ラウンドで使ってみたので、良かった点と気になった点をレビューしていきます。

価格は前作aim W11から7,000円ほど高くなっていますが、それと同時にしっかりと性能も上がっていました。なので、購入して使ってみた今となっては納得できるクオリティだったなと感じています。結論を言うと、コスパを重視する方には超おすすめです

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビのコースレイアウト
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビのスペック・外観・サイズ感

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの同梱品

同梱品はこんな感じです。本体と専用の充電ドック、タイプAtoCケーブル、説明書、交換用ベルトという内容。

aim W12のスペックと仕様

サイズ46 X 46 X 14.1 mm
重量51g(本体33g、ブラック革/グレーシリコンストラップ18g)
カラーブラック
ディスプレイフルカラー1.3インチ TFT-LCD,タッチパネル
解像度360 X 360px
通信仕様GPS, GLONASS,Bluetooth
電源充電式リチウムポリマー / 3.8V・590mA
仕様時間ゴルフモード10時間 日常生活7日以上
対応コース数4万ヶ所のコース
言語日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語
防水レベルIPX7
高低差対応
コースレイアウト表示
タッチIP(3点間距離表示)
スコア入力

 

カラーはブラックのみ。その代わり、ベルトを付属のグレーのものに交換できる仕様になっています。ブラックのベルトは革調で、グレーはシリコンタイプ。

 

時計画面は全部で8パターンに変更できます。

 

腕に装着した時のサイズ感はこれぐらいです。前作と大きさの変化もありません。ゴルフウォッチとしては至って普通。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビのボタン

本体にあるボタンは右側に一つだけ(電源ボタンでもある)。それ以外はタッチ操作で行います。操作は非常に直感的で誰でも簡単に使える。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの重量は50g

ベルト込みの総重量は50g。ゴルフウォッチとしてはかなり軽いほうです。公称値は51gだったのでそれよりも軽かった。

 

ガーミンS63の重量

ちなみにガーミン Approach S62は62gです。

 

ゴルフモードの計測画面は左右にスライドすることで切り替えることができます。

 

ハザード表示がこれ。

 

グリーン・マップも搭載されています。ピンの部分を2秒間長押しすると、ピンを自由に動かせます。

 

ゴルフモードの設定もONとOFFが一目でわかるようなUI。とてもわかりやすいです。

 

ディスプレイの明るさは5段階の調整ができます。太陽光の下でも視認性は良好でした。

 

飛距離計測は自動ではありません。距離計測画面を左側にスライドすると計測画面になるので、打った地点で「▶」を押して、ボールがある所までいったら「■」を押すと計測が完了します。

 

スコア入力も可能。本体にスコアカードの記録が溜まっていく仕組みです。

 

ゴルフバディaim W12の良かったところ

それではゴルフバディaim W12を実際に3ラウンドで使ってみて感じた、良かったところを紹介していきます。

ゴルフバディaimシリーズ待望のタッチIPによる3点間距離表示に対応

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの3点間距離表示2ゴルフバディでもついに3点間距離表示が使えるようになった

前作aim W11時点では、コースレイアウト表示には対応していたものの、自分の好きな場所までの距離を計測することができませんでした。

それが今作aim W12では3点間距離表示がついに実現し、よりコースマネジメントがしやすくなったのは言うまでもありません。

設定でタッチIPをONにしておくと使えるようになります。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの3点間距離表示

ちなみに3万円以下のゴルフウォッチでタッチパネル、そして3点間距離表示に対応したのは今作aim W12が初めて

前作から7,000円アップして29,900円になったのだけど、この機能が追加された事を考えれば圧倒的に安いです。

コスパ最強ゴルフウォッチの座はまだ揺るがなさそう。

 

タッチパネルの操作性がさらに向上し計測精度も上がった

タッチパネル自体の操作性もモデルチェンジを重ねる毎に良くなっていますが、今回もしっかりアップグレードされているなと感じました。

メニュー画面での操作性はもちろん、ゴルフモードの時もスムーズにタッチ操作できます

さすがに最新のスマートフォンのようにヌルヌルではないですが、3万円以下という価格を考えると十分すぎるスペックです。

あと、精度検証も行っているのですけど、前作以上に計測精度は良くなってさらに実戦向きになりました

 

前作同様だけどIPX7の防水性能

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビのディスプレイ

aim W11時点でIPX7だったのですけど、今回もIPX7の強力な防水性能となっています。

雨天時のプレーでも何の心配もなく使用できるのは嬉しい。ここも3万円以下だと群を抜く性能なので、防水性を重視して選ぶ場合でもおすすめできます。

 

ゴルフバディaim W12の気になったところ

ここからはaim W12の気になった点を紹介します。

グリーンアンジュレーション機能は日本未対応(※アップデートで浸かるようになった)

ゴルフバディ公式サイトや、Amazonの商品ページを見ると、グリーンアンジュレーション機能が掲載されています。さもアンジュレーション機能が使えるかのような載せ方にも見えますが、日本のゴルフ場には対応していません

使えない事はマニュアルにも記載されています。どうやら韓国のゴルフ場のみに対応しているようです。

ということなので、グリーンアンジュレーションは使えないので注意してください。ぼくはグリーンアンジュレーションが使えるのかもと期待して買ったのですが、使えなくてガッカリしているところ。

当初は日本国内で使用できませんでしたが、発売後のアップデートで日本でもグリーンアンジュレーションが使えるようになりました

現在日本では約82%のゴルフ場に対応、2023年下半期までに100%適用される予定。

 

ハザード表示は相変わらず弱い

ハザードまでの距離表示は、簡易的な画像と数字のみです。ここは相変わらず弱いポイント。

とはいえタッチIPに対応したので前作よりもハザードまでの距離は考えやすくなっています。次回作ではハザードまでの距離表示をどうにかアップデートしてもらいたいですね。

ちなみにブッシュネル イオンエリートでもこの部分を指摘していますが、ゴルフバディaim W12は価格が3万円以下なのでまだ許せるという感じ。値段の問題は大きい。

 

ゴルフバディaim W12の精度を検証

良いところでも精度の良さは紹介しましたが、精度検証を行ったので改めて見てもらいたいと思います。

比較には当サイトでの基準となっているユピテルYGN7000です。それでは順番に見ていきましょう。

ナビの性質上、基本的に5ヤード以内の誤差であれば問題なしと判断します。

 

バックエッジで3ヤード、センター2ヤード、フロント1ヤードのズレです。問題はありません。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの精度検証

バックエッジで1ヤード、センター0ヤード、フロント4ヤードのズレです。フロントエッジでは少し誤差が大きくなっていますが許容範囲内。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの精度検証2

バックエッジで1ヤード、センター3ヤード、フロント4ヤードのズレです。ギリ許せる。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの精度検証4

バックエッジで1ヤード、センター1ヤード、フロント1ヤードのズレ。ここは全く問題ありません。

 

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの精度検証3

これで最後です。バックエッジで4ヤード、センター3ヤード、フロント3ヤードのズレです。

全体的に距離が遠く出るものの誤差の範囲内。

というように、許容誤差5ヤード以内にはだいたい収まります。精度は年々良くなっている印象ですし、これなら問題なく使うことができます。精度に致命的なところはありませんでした。

 

3点間距離表示がいらないなら前作aim W11がおすすめ

ゴルフバディaim W11グリーンアンジュレーションゴルフバディaim W11

ここまで見てもらうとわかるとおり、aim W12はタッチIPによる3点間距離表示に対応したのが大きな進化です。

それ以外は基本的に前作aim W11と差がほとんどありません。バッテリー持ちやスコア管理なども同じです。

つまり、3点間距離表示が全くいらない(興味がない)のであれば、7,000円以上安いaim W11の方をおすすめします。

ただ、個人的にはタッチIP対応をして7,000円しか高くなっていないのか!という感想ですし、コースマネジメントをするには強力な機能なのでaim W12を推します。

 

ゴルフバディaim W12の総合評価

ゴルフバディaim W12時計型ゴルフナビの評価

価格は上がっているとはいえ、タッチIPによる3点間距離表示対応で3万円以下は相当な魅力です。

コスパは依然として最高評価。しかも発売後のアップデートで、当初使えなかったグリーンアンジュレーションにも対応したのは素晴らしい対応力です。

低価格帯では群を抜く完成度なので、2万円台だと圧倒的におすすめできます。

おすすめ度

合わせて読みたい

関連時計型ゴルフナビおすすめ人気ランキング|ゴルフウォッチを徹底比較【ゴルフスマートウォッチ】

関連レーザー距離計おすすめ人気ランキング(ゴルフ用)|価格別に分けて紹介【コスパ+口コミ&評判+選び方】

関連【レビュー】ゴルフバディ GB LASER 2S レーザー距離計|2万円以下では最強格【口コミ・評判】

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

関連【GOLFBUDDY GB LASER lite評価レビュー】コスパ最強のレーザー距離計が爆誕

関連【評価レビュー】ゴルフバディaim QUANTUM レーザー距離計|斬新なコンパクトデザインと爆速計測【口コミ・評判】

関連ボイスキャディA2評価レビュー|カッコいい見た目とグリーンの起伏がわかるコスパ最強モデル

関連【ガーミン アプローチS62評価レビュー&口コミ】進化したハイエンド時計型ゴルフナビ

関連【評価レビュー】ボイスキャディT9|最先端のテクノロジーを詰め込んだゴルフウォッチ【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】ショットナビ Granz(グランツ)|タッチ操作対応の超小型ハンディGPSゴルフナビ【口コミ・評判】

関連【ガーミン アプローチS62評価レビュー&口コミ】進化したハイエンド時計型ゴルフナビ

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事