PR

試打&評価

【試打評価】グラインドワークス Equinox Limitedドライバー|エース確定!最高の完成度【口コミ・評判】

グラインドワークス Equinox Limitedドライバー試打レビュー

今回はグラインドワークス Equinox Limitedドライバーの試打評価です。

クラブ契約フリーのパトリック・リードが現在使用しているのが、グラインドワークスと共同開発したEquinox(イクイノックス)というドライバーです。

Equinox Limitedドライバーはリードがこだわりを持って作ったプロトタイプをベースに、2022年11月にグラインドワークスから発売されたモノ

発売してすぐに初期ロットが完売するなど、クラブフリークの間では注目度の高いドライバーで、ぼくもようやく購入することができてめちゃくちゃ嬉しい。(カスタムしてツアーAD DIを装着。なぜこれかと言うと、最近地味に気に入っているシャフトだから)

そもそもの購入理由は、パトリック・リードが日本の地クラブメーカーを愛用しているというので、その性能が気になってしょうがなかったから。

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーのソールデザイン

実際に打ってみた結論を言っておくと、完成度が非常に高く、紛れもなく最高のドライバーの1本です。

弾きがめちゃくちゃ良く、そのフィーリングどおりの素晴らしい飛び。それでいて捕まりすぎないので左を気にせず振り抜ける。まさにプロ、中・上級者が満足できる1本です。しかも打点ブレにも強く、寛容さも十分あって驚きました。

いわゆる地クラブだから正直言って値は張ります。ですが、その価値は十分にあると断言できるほど完成度の高さは抜群。

まさ
まさ
ちなみですが、ぼくの現在のエースドライバーになりました。マジで良いドライバー!

それではGCクアッドで計測したデータを見ながら、グラインドワークス Equinox Limitedドライバーついてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:Equinox Limited
  • ロフト角:10°(ロフトは1種類のみ。カチャカチャで調整可能)
  • シャフト:ツアーAD DI 6
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能

Equinox(イクイノックス)Limitedドライバーの試打データとレビュー

グラインドワークス Equinox Limitedドライバー試打計測データ

平均データ

ヘッドスピード(m/s)45.7
ボールスピード(m/s)66.1
打ち出し角度(°)17.7
打ち出し方向(°)1.2(右)
バックスピン(rpm)1755
サイドスピン(rpm)7(右)
ピーク時の高さ(yd)40.4
降下角度(°)41.9
センターからのブレ(yd)6(右)
キャリー(yd)270
総距離(yd)284.5
スマッシュファクター1.45

以上が計測データです。現在は下記が当サイトでの評価基準となります。ご了承ください。

  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ

Equinox Limitedドライバーの平均キャリーは270ヤードランを含めた総距離が284.5ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値です。)

まさ
まさ
めちゃくちゃ飛びます。基準のキャリー260ヤードを遥かに上回っています

 

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーの弾道

高打ち出しかつ低スピンで、大きくキャリーを稼げる弾道を作ることができています。

このドライバーは「パトリック・リードが望むバックスピン量、2300回転〜2350回転を目指して作成されいている」と公式サイトに記載されていましたが、一般人が打つと割と低スピンになるのかも

正直言えばもう少しスピン量は多いほうが良いとは思います。先端に動きの出るシャフトと組み合わせても面白いかもしれません。

 

スマッシュファクターは1.45。GCクアッドだと最高に近いミート率です。ヘッド自体の飛距離効率も高いことがわかります。

 

最高到達点の平均値は40.4ヤード。当サイトの全体の平均よりもほんの少し低いです。これは低スピンなことが要因。打ち出しはそこそこ高いのでそこまで問題ではないかなと思います。

高さのバラつきは小さくキャリーも安定しています。

 

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーの弾道イメージ

次は弾道についてです。

捕まりは抑えられています。基本的にフェードバイアスなヘッドで、左へのミスというのが出にくいです。

捕まったなと思っても左上ぐらいのドローになるぐらい。

公式サイトに中・上級者向けに調整していると書いてますが、この捕まり具合のことを主に言っているのだと思われます。

カチャカチャでフックフェースにも出来ますが、もともと1.5°オープンだし、ヘッド特性としてはスライサーよりもドローヒッター向け。

 

グラインドワークス Equinox Limitedドライバー弾道まとめ

それぞれの打球を重ねて見たのがこちら。安定性も上々で、方向性も非常に優れています

打球はセンターより右6ヤード地点ぐらいに集約します。やはりフェードバイアス傾向で、左へは行きづらいですね。

トウ側やヒール側に打点をずらした場合のテストも行いましたが、飛距離低下の幅も小さく、打点ブレにも比較的寛容でした。

捕まりの弱さと、バックスピン量の少なさ以外に難しさは感じません。

オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能
スポンサーリンク

Equinox Limitedドライバーの外観やデザインについて

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーのソールデザイン

ソール中央にモデル名となるEquinoxのロゴが入ります。パトリック・リードが実際に使っているものとデザインはよく似ていますが、少しばかり異なります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Patrick Reed(@preedgolf)がシェアした投稿

このリードが使っているドライバーがベースとなっており、使われいてる素材や主なテクノロジーはほぼ同じだと思います。

あと、リードは鉛を貼って調整を行っているようです。

 

ヘッド後方には調整が可能な10gのウェイトが搭載されています。これで捕まり具合の調整が可能。

オプションで8gと12gも用意されています

 

トウ側にもウェイトがあって、ここは標準だと4g。ぼくは標準仕様ですが、こちらも2gと6gのオプションがあるので微調整ができます。

あとフェース寄りのソールに溝がありますね、細かなヘッド構造は公開されいませんけど、最近だとよく見るやつです。

 

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。

クラウンは艶消しで、形状は癖がなくて綺麗なカタチです。

体積は450ccとのことですが、そこまで小さくは見えません。

 

ややシャローな形状。クラウンに丸みがあまりないので投影面積はそこまで小さく見えない印象です。

 

アドレス時の見え方がこちら。

公称値は1.5°オープン。ちょっとフックぐらいに見えなくもないけど、人によって見え方は変わりそう。

 

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーの打感

打音はやや大きめで弾きの強いタイプだと感じました。

低音系では間違いなくないので注意。弾き感があるタイプなので、そういうタイプが好きなら全く問題ありません。個人的にはすこし音が出すぎている印象がありますね。

ちなみに打球音は当初よりも抑えるように調整が施されたようです。

オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能

Equinox Limitedドライバーはこんな人におすすめ

グラインドワークス Equinox Limitedドライバーがおすすめな方は以下

  • 飛距離性能はもちろん、方向性も重視する方
  • ドローヒッターで左へのミスを減らしたい方。
  • 値段よりも性能を優先する方。

飛距離性能は想像よりも高く、飛ぶを優先している方には非常におすすめできるドライバーです。それでいて安定しくれて方向性にも優れています。

飛んで曲がらないを望むならチェックしておくべき1本です。

ドローヒッターにも扱いやすいと思います。パトリック・リードはドローを巧みに操るタイプですが、基本的に捕まり自体は抑えられているので左への極端なミスを減らしやすいのでおすすめ。

最後に、このドライバーは地クラブになるのではっきり言って値段は高いです。しかし性能は素晴らしいものがあり、個人的にも値段だけの価値があると思っています。なので、値段よりもとにかく性能を優先しているという方には強くおすすめしたいです。

こんなに良いドライバーは滅多にない!

オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能
スポンサーリンク

Equinox Limitedドライバーの総合評価

グラインドワークス Equinox Limitedドライバー評価

チャートを作ってみるとこんな感じになりました。飛距離性能は正真正銘トップクラスです。正直ここまで飛ぶとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。

弾道はニュートラルなので捕まり5点としておきます。打ち出しはそこそこですが、低スピンなので特別上がりやすいタイプということはなかったです。

総合的な安定度は優秀です。スマッシュファクターが安定するし、打点ブレへの強さもありました。打音はまあまあ大きいので、柔らかい打感が好きなら嫌かもしれません。反対に弾き感のあるタイプが好きならハマるはず。

中・上級者向けに仕上げたというメーカーが言うように、捕まりが抑えられていたりするあたりにそういう印象は感じますが、ある程度の技量があれば問題なく使うことができます。

まさ
まさ
飛距離性能も方向性もとても優れた最高のドライバーでした。個人的にも買って満足ですし、強くおすすめできる1本です。

おすすめ度

オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能
スポンサーリンク

Equinox Limitedドライバーを買うなら公式オンラインストアがおすすめ

公式ストアがおすすめ!というよりも、オンラインだとグラインドワークスの公式オンラインストアからのみ購入が可能です。

ぼくも公式オンラインストアで買っています。

シャフトはEquinoxと呼ばれるオリジナルシャフトが用意されいるのですが、カスタムシャフトの選択や、長さなどの指定もできます。担当の方も親切に対応してくれます。

カスタムする場合は価格がその都度変わってくるのでそこだけ注意。

 

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|最高の飛距離性能を求めるならこれだ【口コミ&評判】

関連【試打評価】グラインドワークス PR-202アイアン|至高の安定感と打感を誇る鍛造キャビティ【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2ドライバー|期待どおりの飛距離性能ではあるけど【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2プラスドライバー|最強の飛びはそのままに捕まりが向上【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430MAXドライバー|最強に飛ぶ!曲がらないだけのPINGの時代は終わった。【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430LSTドライバー|飛距離・安定感・操作性のすべてが高次元のカーボンコンポジット【口コミ・評判】

関連【試打評価】アーティザン LS720HMアイアン|マッスルバックからのステップアップにちょうど良い【口コミ・評判】

関連【試打評価】アーティザン LS720CBアイアン|至高の打感でやさしく打てるハーフキャビティ【口コミ・評判】

関連【試打評価】アーティザンLS720MBアイアン|意外と安定するマッスルバック。打感は極上【口コミ】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2HDドライバー|捕まりよりも上がりやすさが凄まじい【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事