PR

用品関連

【試打評価】本間ゴルフD1スピン|飛びとスピンを兼ね備えた2ピースコスパボール【口コミ・評判】

本間ゴルフD1スピン試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。今回は本間ゴルフから発売された2023年モデルのボールD1スピン」の試打評価です。

低価格帯の2ピースボールでは、圧倒的に売れているボールが本間のD1ボール。そんなD1の飛びを活かしながらも、ウレタンカバーを組み合わせることで、スピン性能も高めたというのがD1スピンです。

新感覚のスピン+ディスタンスというタイプになりますが、実際に打ってみて感じた長所と短所は下記

長所
短所
  • 弾きがよく初速をアップさせやすい
  • 低スピンの強弾道
  • アイアンでのスピンは十分かかる
  • フィーリングの良い新感覚2ピース
  • ツアー系ウレタンボールよりも安い
  • プロV1を代表とするツアーボールよりはアプローチでポッコン球が出やすい
  • アプローチスピンはツアー系には及ばない

それでは弾道計測器GCクワッドの詳しいデータを見ながら、本間ゴルフ D1スピンについてレビューしていきます。

まさ
まさ

ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

本間ゴルフD1スピンのデザインと概要

本間ゴルフD1スピンのパッケージ2
構造
構造2ピース
コア新配合ラバーコア
カバー高耐久ウレタンカバー
ディンプル360ディンプル

ぜいこみカラーはホワイト、グリーン、イエロー、オレンジの4色展開。

価格は1スリーブ990円(税込)

本間ゴルフD1スピンはウレタンカバー2ピース

非常に珍しい2ピース構造にウレタンカバーの組み合わせというボールです。

この構造と素材の組み合わせは、ダンロップがレンジボールに採用していたのが記憶に新しいところではありますが、市販品の通常のボールとしてはまず見ないタイプです。

2ピースにこだわっているのはコアを最大限大きくするためで、それによる反発力を高めることが理由だそう。

カバーの厚みはコストコの3ピースウレタンカバーボールと同じぐらい。

パッティング時の打感などもかなり似たような感じで、プロV1などをはじめとしてする代表的なツアーボールよりはややしっかり目の打感でした。

従来のD1よりはソフトなのでフィーリングを活かしやすい印象。

ただ、ショット時のD1スピンのフィーリングはとても弾き感が強く、このあたりはD1ボールの良さを踏襲しています。

本間ゴルフD1スピンのディンプル

ディンプルは360で、D1よりはディンプルひとつあたりが大きくなっています。

向かい風にやや強くなった印象。

本間ゴルフD1スピンのデザイン

ボールのデザインはこんな感じです。

アライメントラインを入れるのが最近のボールのトレンドではありますが、このラインはなんか微妙です。

円が描かれているのでラインはボヤけるし、ライン自体も短いのが気になる。せめてもう少し長めのラインを入れてもらったほうが良かった気がしますね。

本間はデザイン力がないのがいつも残念すぎる。

スポンサーリンク

本間ゴルフD1スピンの試打計測データとレビュー

それでは、ここからは実際に本間 D1スピンを打ってみた際のデータを見ながらレビューしていきます。

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス
  • ロフト:9.0度
  • シャフト:VENTUS TRブルー 6
  • フレックス:S
  • ボール:本間ゴルフD1スピン
GC Quadでのそれぞれの計測データ
本間ゴルフD1スピンのドライバー試打計測データ
平均データ
ヘッドスピード(m/s)46.5
ボールスピード(m/s)66.5
打ち出し角度(°)16.8
打ち出し方向(°)1.4(右)
バックスピン(rpm)1945
サイドスピン(rpm)-280(左)
ピーク時の高さ(yd)39.6
降下角度(°)41.8
センターからのブレ(yd)-7(左)
キャリー(yd)265.4
総距離(yd)282.3
スマッシュファクター1.43

現在当サイトのドライバーでの計測基準は下記になっています。

ドライバーでの計測基準
  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測

D1スピンの平均キャリーは265.4ヤード、ランを含めた総距離が282.3ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値)

飛距離はもう言うことがないぐらい素晴らしいです。さすがD1の名を冠しているだけはあるなという性能でした。

弾きの具合も気持ちいいし、ボールの潰れ方も絶妙!飛距離を重視したいD1ユーザーも納得できる飛びでしょう。

かなり弾く印象がありますが、そのフィーリングに一致するようにしっかりとボールスピードが出てくれるのが好印象です。

打ち出しからこれは飛びそう、という感覚があり、しかもバックスピン量は少なめで球質もかなり強いです。

スマッシュファクターは1.43でした。当サイトの計測だと平均ぐらいの値。

スマッシュファクターとは
スマッシュファクターはショットの効率を示す数値です。具体的には、ボールの飛距離に対するヘッドスピードの比率を示しており、ショットのエネルギー伝達効率を表します。スマッシュファクターは以下の式で求めることができます。

スマッシュファクター = ボールスピード / クラブヘッドスピード

理想的なスマッシュファクターは、ドライバーで1.5、アイアンでそれ以下とされています。スマッシュファクターが高いほど、ヘッドスピードに対するボールスピードが高く、効率的なショットができているということ。スマッシュファクターを向上させることで、飛距離が伸びる可能性があります。ただし、スマッシュファクターだけではショットの質を完全に判断することはできません。スピン量や打点、打ち出し角なども重要な要素です。

平均の打ち出し角は16.8°、最高到達点39.6°。

打ち出しから圧倒的な高弾道がでる通常のD1と比べると少し低めに出ます。

当サイトの全体データの中だと中間ぐらいの高さになりますが、高さに関してはウレタンカバーになったことによる影響が出ている感じです。

一応それぞれの弾道イメージ。

アイアンとウェッジのデータ

次にPING i230アイアンの7番でも計測を行いました。

左がD1スピン、右が今までのD1。

D1スピンのバックスピン量は7000回転前後を推移し、ツアー系ウレタンボールと同等ぐらいのスピンが入ります。これは結構すごい。

対して従来のD1だとやはり少なめで、4000回転前後です。

スピン量は2000回転以上は変わってくるので、止めやすさは段違いです。

あと、ボールスピードは大きく変わることはありませんが、スピン量の違いにキャリーで1番手ぐらいは変わります。

まさ
まさ

アイアンでも飛ばしたいなら今までのD1のほうが有利。

次にアーティザンウェッジ56°でのショートアプローチでも計測してみました。

D1とD1スピンでは、打ち出し角とバックスピン量に大きな違いが出ています

普通のD1は高打ち出しでスピン量も少ない。いわゆるポッコンアプローチになってしまうため、距離感を出しづらく、止まりづらいのが弱点です。

対して今回のD1スピンは打ち出しも低くなり、スピン量も平均で1500回転ぐらい増える傾向にあります。

プロV1あたりのボールと比べるとまだ打ち出しが少し高く、ややポッコン気味にはなるし、実際にグリーンでのブレーキの効き方は弱いです。

とは言っても、従来のD1と比べれば明らかに違いは出ています。

プロが使うようなプロV1タイプのウレタンボールと、D1の中間ぐらいのイメージでアプローチできるのがD1スピン。

本間ゴルフD1スピンの評価レーダーチャート

本間ゴルフD1スピンの評価レーダーチャート

D1の最大の長所である飛びに関してはしっかりと受け継がれています。今までのD1ユーザーも飛びに対して不満を抱くことはほぼないと感じました。

そして肝心のスピン性能ですが、ここはもう凄い進化を感じています。アイアンショットや100yd程度までのスピンは十分確保できるため、今までD1で止めづらかったところも難なく止めていけます。

ただ、ショートアプローチでは少しばかりポッコン気味なので、低止めのアプローチなどはさすがに厳しいですが、そういった技を使わないのであれば十分すぎる性能です。

打球感のフィーリングについては、期待していたよりは硬めだったのですが、まあ慣れれば違和感ないレベルには来ているかなと思います。すごいソフトとかはありません。

スポンサーリンク

本間ゴルフD1スピンのまとめ

本間ゴルフD1スピンのパッケージ

非常に完成度が高すぎて驚きました。

4000円弱の価格設定で、従来のD1と比べると倍ぐらいするのですが、あの飛距離にスピンがプラスされ、ラウンド全体を通して高いパフォーマンスが出せると考えれば非常にコスパは良いです。

D1の飛びが好きだけど止めにくいと感じていた方はぜひ一度試してもらいたいおすすめボールです。

まさ
まさ

大して変わんないだろーと思ってたらマジで進化しててびっくりしました!

おすすめ度:

合わせて読みたい

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連ゴルフボールおすすめ人気ランキング|スピン系・ディスタンス系を部門別に厳選【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト プロV1(2023)ボール|最高です。これが新基準!【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト プロV1x(2023)ボール|風に最も強いツアー系【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ツアーレスポンス 2022|コスパ重視ウレタンボールでは最強か【口コミ・評判】

関連【試打評価】コストコ カークランドシグネチャーVer2.0ボール|最強のコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i230アイアン|ほぼ弱点なしの最高のアイアン。優勝です【口コミ・評判】

関連【試打評価】PXGエクストリームボール|高初速&高スピンなコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR3ドライバー|操作性とフィーリングが神。飛距離も十分【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR2ドライバー|安定した極上のハイドロー【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事